このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
性的指向・性自認・セクシャリティについて考える その1
[日本の政治]
2023年2月7日 23時50分の記事

首相秘書官であった荒井勝喜氏の性的マイノリティに対する嫌悪発言報道から、性的マイノリティに対する差別を禁止するなどの議論がマスコミで繰り広げられています。ただ、その観点にはかなりの偏りがあると考えます。議論を展開しているマスコミもそのことにまったく気がついていないのではないかと推測します。現状、日本における報道にはこの観点が完全に欠落し、極めて危険な様相を呈していると考えます。それでは、その偏りは一体どこにあるのか?

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せください


性的マイノリティに対する差別を禁止するということには、所謂『性的マジョリティ』だけが性差別をする存在と想定されているということです。これは明らかに偏見です。
これでは性的マジョリティ、異性愛者は差別主義者だといっているにすぎず、明らかに逆差別になります。これ、大変な問題です。
性的マイノリティであるLGBTQへの差別禁止という議論には、このような性的マジョリティ、異性愛者への『差別助長』が内包されているのです。これは極めて危険であり、公正さ、普遍性が完全に消失した議論にすぎません。これ、はっきり言って性的マジョリティに対する人権問題です。
あらゆる性的指向・性自認、セクシャリティに対する差別は禁止するということなら、まだわかります。しかし、現状はLGBTQへの差別のみですから、完全に問題なのです。もう一度、議論を最初からやり直すべきでしょう。
性的指向・性自認、セクシャリティについて、自分と違うものについて理解すると言うことは極めて難しいものです。この問題の根本は『快楽』の方向性です。ですので、自分と違う性的指向・性自認について、どうしてあの行為に快感・快楽を感じるのかという疑問が必ずつきまといます。
これは性的マジョリティも、性的マイノリティも同じです。性的マジョリティ同士、そして性的マイノリティ同士でもこの疑問は当然生じます。ですので、当然、性的マイノリティが性的マジョリティの性的指向について理解できないことも生じます。そして、それが『差別』に繋がることもあります。性的マイノリティが差別をしない『聖人』という前提で日本での議論が進んでいますが、これは驚愕するほどの大変な偏見です。
ですから、あらゆる性的指向・性自認・セクシャリティにおいては、違いがある性的指向・性自認・セクシャリティに対して差別をする可能性があるので、あらゆる性的指向・性自認・セクシャリティに対する差別を禁じるということでなければ、公正性と普遍性を持つことはないのです。差別を禁止するというのなら、少なくともこのことは担保されるべきです。
したがって、現状、日本で行なわれている性的指向・性自認・セクシャリティについての議論が、LGBTQについてのみの議論となっていることは、大変に問題があり、議論を最初からやり直さなければなりません。現状のような偏りが新たな差別を生み出すでしょうし、必ず新たな弊害を生み出します。
このような偏った問題ある議論が生じるのは、性的マイノリティは『社会的弱者』という誤ったステレオタイプに原因の一端があるものと考えます。しかし、現実は違います。性的マイノリティだからと言っても、必ずしも社会的弱者ではありません。性的マイノリティでも政治、社会、経済の分野で成功し、頂点に立つ人々は、古今東西いくらでもいます。現在の日本の社会もこれは変わりません。
だからこそ、上記のような性的マジョリティに対する性的マイノリティの差別を想定しないことは極めて危険なものになるのです。このことを放置すると、確実に性的マイノリティによる性的マジョリティに対する新たなる差別、見えない差別、人権問題に発展します。

あと、アメリカ社会がLGBTQに対して進んでいるというステレオタイプが報道されますが、そんなことはないと考えます。このことは、米国社会が人種差別問題を見事に解決しているということに違和感を覚える人が多いのと同じです。
米国でLGBTQ問題や人種問題に対しての制度化が進むのは、これらの問題について、そもそも米国には日本では想像できないほどの『苛烈な差別』が存在するという現実があるからこそなのです。法制度というのは、そもそも大きな問題があるからこそ生まれるものなのです。そういう普遍的なことは忘れるべきではありません。
この30年間を観るに、米国社会より日本社会の方がはるかにLGBTQを受け入れていると私は思います。むしろ異性愛者同士の理解が大きく阻害されていて、そのことがリカバリーされていないと考えます。

最初に断っておきますが、私は同性愛者ではありません。同性に対して人間的に惚れることはありますが、性的に求めることはありません。
ただ、90年代、米国にいるときに同性愛者については、多くの友人が極めて近い場所にいました。最初は彼らがゲイだとは知らないで友達付き合いを始めましたが、そういう彼らとの出会いは本当に貴重な機会であったと考えています。それから約30年が経ちますが、いまでも彼らとは友人としての繋がりがあります。
その時以来、同性愛については色々と考えてきました。ですので、今回の問題が生じてきたとき、色々と考えましたし、書くべきことは膨大にあります。そのことは、また追々書くことにして、今回は要点のみを書いていきます。

異なった性的指向・性自認・セクシャリティを理解することは非常に難しいものです。それを理解に繋げる唯一の糸口は、この問題の根本が『快楽』にあることにポイントを置くことです。つまり、その快楽の方向性は違えども、その快楽が禁止されたり、迫害されることは、誰にとっても極めて厳しく、人格に関わることとお互いに理解するしかないのです。
だからこそ、性的指向・性自認・セクシャリティについて、相手が嫌がることを強要することはしてはならないのです。無論、犯罪となる性的指向は容認されるべきではありません。
また、現状の日本では、同性愛者でないならば、まず男女がしっかりとわかりあい、理解し合うための教育をすべきと考えます。異性間には性別が違うが故に、同性同士以上にわからない部分があるからです。異性間での理解促進は結構難しい問題なのです。だからこそ、しっかりと理解の促進をしなければなりません。しかし、現状、このことがまったく無視されていることは大きな問題ですし、それなら少子化になっても仕方がないと言わざるを得ません。

(つづく)

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/481990
くる天
拙著のご案内
拙著で大井幸子さんとの対談本です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がり、それらをトータルでみたとき、現在の世界情勢がはっきりとわかります。当然、現在のロシア・ウクライナ情勢もこの本無しには、理解できません。是非、ご覧ください!
本ブログについて
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
プロフィール
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、以来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
ブログ内検索

カレンダー
<<2023年02月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
カテゴリ
全て (1350)
日本の政治 (1262)
ザ・フナイ (15)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (15)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
本ブログの重要記事

注目です!

「韓国のリベラルはとてもレベルが高い」(21年2月3日)←New!
「やはりイギリスが言い始めた」(21年2月4日)←New!
「東京オリンピックは2022年に開催すべき」(20年12月31日)←New!

値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (20年2月25日)
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的? 」(20年4月16日)
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(20年4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月1日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月4日)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(20年3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
最近の記事
06/08 23:56 維新はやはり単なる自公政権の補完勢力・別働隊としか考えられない
06/05 16:33 ここに来て大いに問われる世襲政治家の問題
06/04 09:24 日米株高の株価操作の動き その2
05/30 08:07 単なる親バカ宰相の権力の私物化に過ぎない
05/28 23:55 日米株高の株価操作の動き
05/28 08:38 核兵器禁止を訴えて将来の核兵器保有を正当化する
05/27 23:45 先週の足立区議選挙の結果はある意味当然ではないだろうか
05/24 16:27 日本は核兵器保有に明らかに動いている――被爆地を愚弄したキシダの欺瞞
05/21 23:20 今回の日韓関係の進展は戦争のためであって、両国の真の和解のためにはならない
05/19 23:51 国民のためではなくG7サミットのための演出、プロパガンダ及びミスリード
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved