ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2015年11月3日 23時53分
レバノンでの大量薬物押収事件に見る戦争と薬物の関係
 
10月28日、レバノンのベイルート・ラフィク・ハリリ国際空港で、薬物2トンを密輸しようとしたとして、サウジアラビアの王子などが拘束されました。摘発された薬物の量は同空港では過去最大で、押収された薬物は「カプタゴン」と呼ばれるアンフェタミン系の合成覚醒剤とコカインと報道されています。また報道によると、このカプタゴンにはISなどの関与もあるようで、IS問題で揺れる中東の戦乱の暗部がかいま見えますが、ここで少し戦争と薬物について考えてみましょう。

「サウジ王子ら5人、薬物の密輸容疑で拘束 レバノン空港」(2015年10月28日 CNN)
「薬物2トンの密輸試み、サウジ王子ら訴追 レバノン」(2015年11月3日 AFP)
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:戦争の構造] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2015年11月1日 2時45分
イラク戦争にかかわるブレア英元首相の報道に見る戦争の構造?
 
戦争における世論形成能力とは一体どういうことなのでしょうか。昨日の続きです。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:戦争の構造] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2015年10月31日 23時40分
イラク戦争にかかわるブレア英元首相の報道に見る戦争の構造?
 
2003年のイラク戦争の時は、日本も含め世界的な世論の反対運動がまき起こりました。当時、わが国においてイラク戦争を支持した人、反対した人は、今年の安保法制の時とほぼ同じ顔触れであったと思います。今月に入り、米国が主導したイラク戦争とブレア英元首相について、いくつかの重要な報道がなされました。戦争と政治プロセスや戦争決断の不正確さなど様々な要素がある貴重な報道です。そして、これらのことは英国と同様、米国と関係が強い以上、当然、わが国にも当てはまることで、今後のわが国の政治を考える上でよく研究する必要があります。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:戦争の構造] [コメント (0)] [トラックバック (0)]





くる天
拙著のご案内
拙著で大井幸子さんとの対談本です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がり、それらをトータルでみたとき、現在の世界情勢がはっきりとわかります。当然、現在のロシア・ウクライナ情勢もこの本無しには、理解できません。是非、ご覧ください!
本ブログについて
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
プロフィール
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、以来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
ブログ内検索

カレンダー
<<2022年12月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カテゴリ
全て (1279)
日本の政治 (1193)
ザ・フナイ (13)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (15)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
本ブログの重要記事

注目です!

「韓国のリベラルはとてもレベルが高い」(21年2月3日)←New!
「やはりイギリスが言い始めた」(21年2月4日)←New!
「東京オリンピックは2022年に開催すべき」(20年12月31日)←New!

値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (20年2月25日)
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的? 」(20年4月16日)
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(20年4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月1日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月4日)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(20年3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
最近の記事
12/01 22:42 金平 茂紀さんについてとても良い記事
11/30 22:30 ザ・フナイ 2023年1月号の巻頭対談に掲載されました
11/30 22:21 自民党とは犯罪者集団なのか?
11/13 23:54 自民党の国民に対する不誠実が目立つ
11/05 23:39 北朝鮮のミサイルの意味
10/30 22:33 ペロシ邸襲撃という事件の本質は世界情勢を考えないとわからない
10/17 23:04 政治とは国民にとって良い結果が出ることがすべて
10/15 23:55 国家権力・政権党との繋がりが最大の問題点
10/10 23:39 ウソで塗り固めた結果、ウソのない滅亡という現実に直面しているこの皮肉 その1
10/04 23:26 『米国の同盟相手は「北朝鮮」』By ハリス、アメリカの副大統領
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved