ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2023年6月14日 23時57分
新型コロナ第9波 尾身氏の指摘は大変に的確と考える
 
尾身氏が新型コロナウイルスの「第9波の入り口に入ったのではないか」と述べたと報じられています。正しいと考えます。実は本日配信したオンライン勉強会のビデオで、第9波になっていると私も宣言をしていたので、この尾身氏の発言には同意するとともに、タイミングがぴったりあったので驚いています。

・ 『尾身茂氏「第9波の入り口に入ったのではないか」…5類移行後1か月で感染2・5倍 』(2023年6月14日 読売新聞)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2023年6月8日 23時56分
維新はやはり単なる自公政権の補完勢力・別働隊としか考えられない
 
以下の産経新聞の記事では、維新代表の馬場氏が立民を「たたき潰す」と述べたと報じられています。しかし、この維新はいつも立民批判ばかりで、政権与党に対してはまったくといって良いほど批判をしません。まるで借りてきた猫。これでは単なる自公政権の補完勢力・別働隊だけでしかないでしょうし、日本の政治においての役割を期待する方がおかしいでしょう。多くの有権者は維新が自公政権に代わる選択肢と考えているようですが、そんなことはまったくの幻想でしかないのは明らかと考えますし、この馬場氏の発言一つをとっても、そこに見える実相は単なる立民潰しの自公の補完勢力・別働隊ということでしかないでしょう。要するに維新を選んでも、自公政治からの『変化』はまったく期待できないとうことです。

・ 『維新・馬場代表、立民を「たたき潰す」 遅延工作と批判 』(2023年)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2023年6月5日 16時33分
ここに来て大いに問われる世襲政治家の問題
 
6月5日朝のテレビ朝日『モーニングショー』では、キシダ親子公邸忘年会問題に関係して、政治家などの世襲問題について議論をしていました。内容はとても良いものでした。ご存じのように日本の政治では、権力・ポストの世襲がひどすぎます。大変な高率で世襲政治家、世襲議員が存在し、政界において非常に大きな存在となり、この世襲は絶対権力化する勢いで、それはまさに特権階級化、既得権益化を意味します。民主主義に寄生する特権階級となり、99.9%の主権者国民との財力・権力の格差・乖離が激しくなる一方です。そして、現状の世襲政治家による議員職、閣僚など行政ポストの寡占状況によって、99.9%の主権者国民が議員や閣僚になることが難しくなっているという、平等が侵害される特権階級化が生じ、民主主義が否定される事態に至っています。特権階級化した世襲政治家には、99.9%の主権者国民の生活や感覚がわからず、日本社会における本当の問題についても理解できないのは、当たり前と考えます。それならば、当然、政治は国民の利益に反して暴走するのではないでしょうか?
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2023年6月4日 9時24分
日米株高の株価操作の動き その2
 
本ブログ『国民のためではなくG7サミットのための演出、プロパガンダ及びミスリード 』(2023年5月19日)『日米株高の株価操作の動き 』(2023年5月28日)で、日米株高の株価操作のスキーム(PKO Price Keeping Operation)について書きましたが、そのことについてその後の動きを考えてみましょう。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2023年5月30日 8時7分
単なる親バカ宰相の権力の私物化に過ぎない
 
文春が報じた記事に関連して、キシダが自身の息子であり秘書官である翔太郎氏を事実上の更迭と報じられています。この問題を見ていると、もし、キシダの親族でもないものが、このようなことになったら、普通は『秒』で更迭でしょう。というよりも、今年の初めに言われたキシダの息子のパリなどでの『観光疑惑』が、キシダの親族でもない秘書官のことなら、そのときに更迭が生じていたでしょう。一連のキシダの対応をみていると、そこには明らかに親族だからと言う要因が働いていると考えます。まさに民主主義に寄生した特権階級。単なる親バカの権力の私物化に他なりません。

・ 『岸田首相長男の翔太郎秘書官 来月1日付け交代へ 事実上の更迭 』(2023年5月29日 NHK)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2023年5月28日 23時55分
日米株高の株価操作の動き
 
本ブログ『日経平均の上昇について考える 』(2023年5月16日)『国民のためではなくG7サミットのための演出、プロパガンダ及びミスリード 』(2023年5月19日)では、キシダ政権・日本政府・日銀をはじめとする西側が、G7戦争サミットの演出のために日米株高の株価操作(price-keeping operation)を行なっていると申し上げました。その後の展開を簡単にみてみましょう。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2023年5月28日 8時38分
核兵器禁止を訴えて将来の核兵器保有を正当化する
 
以下の共同通信の記事では、キシダが9月の国連総会で兵器用核禁止へ友好国会合開催の調整に入ったと報じられています。これは明らかに将来の核兵器保有を正当化するための布石と考えます。その根拠は何か?

・ 『兵器用核禁止へ友好国会合 首相、9月国連総会で調整 』(2023年9月27日 共同通信)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2023年5月27日 23時45分
先週の足立区議選挙の結果はある意味当然ではないだろうか
 
以下の記事では、5月21日に投開票された足立区議選で自民が7人落選したことを報じています。この記事では自民7人落選を『衝撃』と評していますが、その通りでしょう。時代は変わりつつあるのですが、ザ・フナイ2023年3月号において昨年12月時点で最終的に申し上げた統一地方選で自民が負けるという予測はある程度は正しかったと考えます。自民もこの統一地方選と衆参5補選に対する対策を必死に行なってきたので、結果は大敗とまではいきませんでしたが、予想外に票を失っている現実に直面していると考えます。

・ 『7人落選の衝撃、言葉失う自民区議 衆院選に影響も 東京・足立区 』(2023年5月27日 毎日新聞)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2023年5月24日 16時27分
日本は核兵器保有に明らかに動いている――被爆地を愚弄したキシダの欺瞞
 
以下の共同通信の記事のように、高速炉「常陽」の再稼働に向けた安全対策が新規制基準に適合しているとし、事実上の審査合格と報じられています。これは原子力規制委の再稼働審査ですから、当然、常陽再稼働の動きです。そして、高速増殖は核兵器兵器に直結するものですから、日本の核保有の具体的な動きと考えられます。まさに本ブログ『国民のためではなくG7サミットのための演出、プロパガンダ及びミスリード 』(2023年5月19日)で予言したとおりになっています。

・ 『高速炉「常陽」事実上合格、茨城 原子力規制委の再稼働審査 』(2023年5月24日 共同通信)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2023年5月21日 23時20分
今回の日韓関係の進展は戦争のためであって、両国の真の和解のためにはならない
 
2023年5月23日、広島でのG7サミットに関わり日韓首脳会談が開かれました。この首脳会談については、以下の2つの記事をみても明らかなように、『日韓関係の進展』がアピールされています。無論、アピールしているのはキシダ政権・日本政府で、その政府見解をそのまま記事にしているのというのがこれらの記事の実相と考えます。しかし、キシダ政権が進める現状の日韓関係では両国の真の和解にはいたらないと断言しておきます。その理由は非常に単純・明解ではないでしょうか?

・ 『日韓首脳会談 岸田首相「日韓関係の進展 如実に示すもの」 』(2023年5月21日 NHK)

・ 『岸田首相、韓国・尹大統領と会談 「日韓関係が進展」と強調 』(2023年5月21日 毎日新聞)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]





  次の10件
くる天

◎ 必読の書

○ 『餓死した英霊たち』

○ 『世界で最初に飢えるのは日本 食の安全保障をどう守るか』

先の大戦も、現在も日本国民を大切にしない政治。この2冊がそのことを雄弁に物語ります。

○ 『CIA日本が次の標的だ―ポスト冷戦の経済諜報戦』


◎ 拙著です

○ 『この国を縛り続ける金融・戦争・契約の正体』



内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、2024年の世界情勢の根本要因が書かれています。この本とザ・フナイの連載をトータルで読むと、ロシア・ウクライナ情勢、パレスチナ・イスラエル情勢及び中東情勢、東アジア情勢など現在の世界情勢の本質が見えてきます。もちろん、日本国内の情勢も見えてきます。内外情勢は決して別々ではない。
本ブログについて
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
プロフィール
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、以来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
ブログ内検索

カレンダー
<<2023年06月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
カテゴリ
全て (1403)
日本の政治 (1314)
ザ・フナイ (15)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (15)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
本ブログの重要記事

注目です!

「韓国のリベラルはとてもレベルが高い」(21年2月3日)←New!
「やはりイギリスが言い始めた」(21年2月4日)←New!
「東京オリンピックは2022年に開催すべき」(20年12月31日)←New!

値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (20年2月25日)
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的? 」(20年4月16日)
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(20年4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月1日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月4日)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(20年3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
最近の記事
02/23 15:14 天皇陛下のお誕生日に際し心からのお慶びを申し上げます。
02/09 22:37 『国民を甘やかす政治をしてはならない』といった池田勇人
01/23 23:06 二階派、安倍派、岸田派の解散の意味を考える その2
01/22 00:32 二階派、安倍派、岸田派の解散の意味を考える その1
01/14 19:54 台湾総統選挙の結果は何を意味するのか?
01/09 20:54 松本人志氏についての『性的行為強要報道』に対する同氏の対応をいかに考えるか
01/03 23:57 これからの時代の価値観――『人の命を守る・大切にする』
01/01 11:05 新年、あけましておめでとうございます
12/31 21:27 政治においての価値観をしっかりと見直すべき時
12/25 23:48 日刊ゲンダイの記事の実相を考える
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved