このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
光とは?;私たちが存在できているのは見えない非物質のエネルギーによってなのです!
[宇宙]
2015年9月14日 0時10分の記事

光は電磁波の一つであると定義されています。
そして、電磁波とは、波長が長い順に電波 - マイクロ波 - テラヘルツ波 - 赤外線 - 可視光線 - 紫外線 - X線 - ガンマ線 - 電磁放射線などに区分されています。
この中で、私たちが見えているのは可視光線だけです。
私たちは電磁波のごく一部しか見ることが出来ませんが、電波を始めその多くを日常で利用しています。


【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せください


ですから、私たちは電磁波のほとんどを見ることが出来ませんが、その全てはこの同じ空間に存在しており、それを誰もが日常で使っています。
これは、まがいのない事実であり現実です。
では、電磁波である「光」とは、いったい何なのでしょうか?
「光」は質量が無いので物質では無く非物質であるとされています。
ですから、このサブ宇宙(物質宇宙)の中に在って、物質だけでなく非物質も現に存在する事実を認識しなければなりません。

そして、光は粒子の性質と波(波動)の性質の両方を持っています。
そのため「光」のことを光子と言ったり光波と言ったりしていますが、光が粒子と波の二面性を持った量子である、という点に重点をおく場合は「光量子」と呼ぶ。(ウイキペディア「光」より)
とのことですが・・・
「光」とは、いったい何なのでしょうか?
非物質ですから、電子が伴わない原子核だけのものなのでしょうか、それとも電子などの素粒子なのでしょうか、あるいはその集合体なのでしょうか?

その推測は一旦置くとして。
この地球に存在するほとんどの生き物は太陽光線によって生きることが出来ています。
もし、太陽が無くなれば存在することが出来ません。
あるごく一部の太陽光線を必要としない微生物を除いて存在することが出来ません。
このことは、皆さんも良く認識されていることだと思います。
ですから、この事実はこの地球上のほとんどの生き物は、その基本的な生存に於いて非物質である「光」によって存在しているということになります。
そうですよね。
この事実は間違いのない現実です!

ですから、私たちのこの肉体が存在する基本は「光」という非物質によって成り立っているのです!
私たちは、ややもすると物質というものに意識を向けがちですが、それが存在するための根本は非物質にあるというのが間違いのない現実なのです!
私たちは非物質によって支えられているというこの現実。
この部分を把握し理解して認識しておきましょう!

このことは、今日の眉山登山の最中に考えていたことです。
最近、「スピリチュアル情報」では、あまり気づきを得られることが少なくなったので、皆さんにお伝えする題材が少なくなってきました。
ですから、眉山登山をしている時やぼーと考えている時に閃く疑問や妄想をお伝えすることが多くなっています。
そして、自己満足なのかもしれませんが、私が抱く疑問や妄想は、それほど的外れなものでは無く、結構、的を得始めているのではと思っています。

今日のテーマの「光」とは?
ということですが、それは、この「光」は宇宙根源の普遍的なエネルギーである「愛」というものであり、全てのものを活かすものであると思ったからです。
まさに、「光」はそのエネルギーです。
そして非物質です。
まさに「光」=「愛」そのものです。
そして、私たちはそのエネルギーを受けて存在しているのです。

もし、そのエネルギーを受けることを否定すればどうなるのでしょう。
それは明らかですね。
もちろん、存在できなくなりますね。
そして、そのエネルギーというものは非物質であるいうことですが、その非物質のエネルギーを使って私たちの日常に利用している現実があり、それによって私たちが存在しているということもこの現実なのです。

ですから、このブログでは見えない世界のことを中心にお伝えしていますが、
その見えない世界の中にこそ真実があり、そしてそれがこの見える世界を創造しており、それを根本的に維持しているというのが現実であるということを理解し認識していただきたいと思います。
そして、この現実を理解するのは何も難しいことではありません!
簡単なことです!
素直に観察すれば、このような結論になります。

ですから、このサブ宇宙(物質宇宙)と言うものも、現実的には物質で成り立っているのではないのです!
それが成り立っている根本には非物質があってこそなのです!
この物質と非物質の関係は、私たちの肉体と意識の関係に似ているのではと思い記事にしました。

「光」が何によって出来ているのか?
の結論をまだ得られていませんが・・・
今のところ、電子のような素粒子の一つなのではと思っています。
私たちの意識は、その電子の様な素粒子が伴わない原子核の集合体であると思っていますが、その意識に影響を与えうるものが素粒子であるということも考えられます。
ですから、最近言われているガンマ線によって私たちの意識や体に影響が及ぶと言うことも、あながち否定できないことで在るのかもしれません。

これが現実的に起こることであるかどうかは、15日後に分かることですから、その時まで楽しみに待ちましょう。
そして、私たちがこの意識とこの肉体で存在している現実の根本には、見えない非物質の力があるというこの現実をしっかりと再認識して置きましょう!
これは、真偽の無い真実であり現実です!





以上、「勝寛舟の大妄想」より。


このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:


くる天
最近の記事
01/28 16:26 貴方の意識が覚醒してゆくと、それと同じように五感も敏感に覚醒してゆくようになります!
01/19 12:06 超感覚的能力を高めるには、瞑想したり沈思黙考するだけでなく、沈黙することが極めて大切です!
01/01 22:53 ”無条件の愛”の波動は、しっかりと貴方の”中”に流れているという事を感じ取って下さい!
12/29 22:51 高波動の愛の波動に”気がつく心”を育ててゆきましょう;そして、高みへ向けて一緒に歩んでゆきましょう!
12/16 22:25 2016年のエネルギーは、社会のあらゆるレベルで大きな転換が起こるエネルギーになります!
12/12 01:15 悩める人達は皆、自分を愛せてはいません信頼もしていません;それはつまり、宇宙と繋がってない事になります!
11/30 22:04 多くの人達は2015年12月21日〜12月26日の間のいつの日にかに、自分の中で光の爆発を経験するでしょう!
11/25 22:34 シフトの時期に生まれでた私達は、この古いサイクルを壊して新しいサイクルを創る目的を持っています!
11/22 23:49 私たちのこの意識が自ら気づき、その制限を取り払い解放すると、何故?波動が上がるのでしょうか?
11/21 22:08 私たちのこの意識の素晴らしさ、その現実と真実を知り日々「感謝」しながら暮らして行きましょう!
最近のコメント
自己実現から自己超越へ!;「和の成功法則」;五次元へワープしよう!(川原光#57917)
背中から強烈なエネルギーが入ってきました!:「瞑想」の勧め!(あかね)
”無条件の愛”の波動は、しっかりと貴方の”中”に流れているという事を感じ取って下さい!(ニジノヒト)
”無条件の愛”の波動は、しっかりと貴方の”中”に流れているという事を感じ取って下さい!(yuji-t)
私たちの大半はアセンション(次元上昇)するのではなく、この意識が高次元意識と繋がり「地上で暮らす神」となるようです!(mannma)
世界のカバールメンバー1万人の逮捕?:本当に実現するのか?:しかし、時期は熟しているかも(中山城治)
間もなく、あなたはハイアーセルフと一緒になります、そして創造主と繋がり始めます!(9月28日ですって!)
現在もアメリカの所有者はヴァチカン?:アメリカ各州の独立はヴァチカンから?(美しい私の記憶)
真の多次元自己の形成には、まず「ハイアーセルフ」に繋がることです(hamagong)
自己疑念、それはあなたが体験しているこの変化しつつある世界においては、極めて危険なものです!(nyan)
カレンダー
<<2015年09月>>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
カテゴリ
全て (1354)
人間の本質 (501)
宇宙 (201)
アセンション・テレポテーション (429)
未来 (69)
世界情勢 (92)
日本 (28)
金融経済 (11)
その他 (6)
ブログ内検索

携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
RSS
プロフィール
勝寛舟 さん
ピュア・インスピレーション
地域:徳島県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
人類の新しい旅立ちを目指して、洗脳の殻を破り、宇宙の法則に近づくため純粋な直感を育てましょう!
アクセス数
総アクセス数: 2449075
今日のアクセス: 53
昨日のアクセス: 91

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved