このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
バシャール曰く、瞑想も1つの手ですが、それよりももっとパワフルなツールは、感謝の気持ちである!
[宇宙]
2015年10月20日 22時19分の記事

「と、話します。
瞑想の良い所は、雑念を払いのけ、貴方をニュートラルの”0”ポイントまで引き上げてくれる事にありますが、感謝する事は、ニュートラルの上にこれらの高い波動を受け入れ、体に流して上げる事にあると、話します。
そして、感謝の波動は、まさに”今”にフォーカスする最高の波動であり、これこそが、これらの高波動の存在に”気がつく”、最高のツールとなるのです。」との「バシャール:最高の波動」より。


【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


「エンジェル・マインド(天使のような意識)やゴッド・マインド(神のような意識)と呼ばれる波動がありますが、それらはどれも皆同じポジティブな波動を表しています。
これらの高い意識はすでに貴方の体に流れており、貴方はただ、その波動の存在に”気がつく”事でその波動を取り込む事が出来るのだと、バシャールは話しています。

例えば、ずっと不愉快な人だと思っていた人の”ポジティブ”な部分を発見する事で、相手に対する”感情”に変化が起き、相手を少しづつ好きになるかもしれません。
それと同じように、”気がつく事”、これが貴方の人生をより良く改善してくれる”キッカケ”を作り、新しい貴方が誕生する、という事が言えるのです。

では、どのようにしてエンジェル・マインド(天使のような意識)やゴッド・マインド(神のような意識)と呼ばれる波動の存在に”気がつく”事が出来るようになるのでしょうか。

バシャール曰く、瞑想も1つの手ですが、それよりももっとパワフルなツールは、感謝の気持ちである事であると、話します。
瞑想の良い所は、雑念を払いのけ、貴方をニュートラルの”0”ポイントまで引き上げてくれる事にありますが、感謝する事は、ニュートラルの上にこれらの高い波動を受け入れ、体に流して上げる事にあると、話します。
そして、感謝の波動は、まさに”今”にフォーカスする最高の波動であり、これこそが、これらの高波動の存在に”気がつく”、最高のツールとなるのです。」





とのことです。





「バシャール」さんのメッセージは、先日の記事

「貴方達はたった今、地球文明の大きな”アジェンダ”の1つである、新しい”意識体”と接合されました???」

以来、距離を取りながらやや懐疑的に見ていましたが、このメッセージで伝えられている

「瞑想も1つの手ですが、それよりももっとパワフルなツールは、感謝の気持ちである!」

とのことは、真実であると思います。
このメッセージでも説明されているように「瞑想」は意識をニュートラルにする行為が基本になりますが、「感謝」することは、根源のエネルギーである「愛」に繋がることであり、その高い波動を産み出し得るものであると思います。

私たちが日常の生活を慌ただしく忙しくしていますと、この「感謝」することを忘れがちになります。
しかし、静かに私たちの周りを見ると、「感謝」する以外にありません。
太陽、地球、大気、水、土壌、植物、微生物などに、私たちの肉体は支えられています。
この人間社会の中でも、私たちは、家族や友人や周りの人々と社会システムによって支えられています。

社会システムは色々な問題があるとはいえ、これらのあらゆるものによって私たちが支えられて、この肉体で生きて生活しているのが現実ですから、この現実を冷静に見ると「感謝」する以外に無いと思います。
地球、太陽、宇宙、そして微生物やエネルギーなどのあらゆるものに、私たちは「感謝」する以外に無いのではないでしょうか。
これが、まがいの無い現実なのではないでしょうか。

そうであるなら、私たちは日々、あらゆるものに「感謝」しながら暮らしていくのが真っ当な精神なのではないでしょうか。
ある意味、この世に沿った当然の精神なのではないでしょうか。
この精神は神道の「八百万の神」にも通じる精神であると思います。
そして、この「感謝」するという意識は、宇宙根源のエネルギーである「愛」に通じる意識です。
ですから、その意識が発する波動は、当然、高いものになると思います。

私たちは、この「感謝」する波動というものをしっかり理解し認識して、日々、その波動を発しながら生活して行く時なのではないでしょうか。
今のこの気づきは、自分自身のこの意識の波動を上げるためにも必然なことであると思います。

私たちを含めあらゆるもの、あらゆるエネルギーにも、全てのものに意識があります。
私たちが「感謝」の想いを発すれば、そのあらゆるものが、その「感謝」の想いに応えるのではないでしょうか。
或は、その想いと通じようとするのではないでしょうか。

「感謝」するという想いは、私たちの波動を上げるというだけでなく、全てのものと繋がる極意なのかもしれません。
私たちが、このことに気づいたなら、この「感謝」することを、日々、毎時、実践して行きましょう!
そして、この意識の波動を高めて行きましょう!

「感謝!」
「感謝!」
「感謝!」





参考記事




「the PLANET from NEBULA」

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12086156699.html


バシャール:最高の波動

2015-10-20 05:02:42NEW !
テーマ:新しい地球のスターシード達へ




以下、本文と同じ。




転載終了


このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:


くる天
最近の記事
01/28 16:26 貴方の意識が覚醒してゆくと、それと同じように五感も敏感に覚醒してゆくようになります!
01/19 12:06 超感覚的能力を高めるには、瞑想したり沈思黙考するだけでなく、沈黙することが極めて大切です!
01/01 22:53 ”無条件の愛”の波動は、しっかりと貴方の”中”に流れているという事を感じ取って下さい!
12/29 22:51 高波動の愛の波動に”気がつく心”を育ててゆきましょう;そして、高みへ向けて一緒に歩んでゆきましょう!
12/16 22:25 2016年のエネルギーは、社会のあらゆるレベルで大きな転換が起こるエネルギーになります!
12/12 01:15 悩める人達は皆、自分を愛せてはいません信頼もしていません;それはつまり、宇宙と繋がってない事になります!
11/30 22:04 多くの人達は2015年12月21日〜12月26日の間のいつの日にかに、自分の中で光の爆発を経験するでしょう!
11/25 22:34 シフトの時期に生まれでた私達は、この古いサイクルを壊して新しいサイクルを創る目的を持っています!
11/22 23:49 私たちのこの意識が自ら気づき、その制限を取り払い解放すると、何故?波動が上がるのでしょうか?
11/21 22:08 私たちのこの意識の素晴らしさ、その現実と真実を知り日々「感謝」しながら暮らして行きましょう!
最近のコメント
自己実現から自己超越へ!;「和の成功法則」;五次元へワープしよう!(川原光#57917)
背中から強烈なエネルギーが入ってきました!:「瞑想」の勧め!(あかね)
”無条件の愛”の波動は、しっかりと貴方の”中”に流れているという事を感じ取って下さい!(ニジノヒト)
”無条件の愛”の波動は、しっかりと貴方の”中”に流れているという事を感じ取って下さい!(yuji-t)
私たちの大半はアセンション(次元上昇)するのではなく、この意識が高次元意識と繋がり「地上で暮らす神」となるようです!(mannma)
世界のカバールメンバー1万人の逮捕?:本当に実現するのか?:しかし、時期は熟しているかも(中山城治)
間もなく、あなたはハイアーセルフと一緒になります、そして創造主と繋がり始めます!(9月28日ですって!)
現在もアメリカの所有者はヴァチカン?:アメリカ各州の独立はヴァチカンから?(美しい私の記憶)
真の多次元自己の形成には、まず「ハイアーセルフ」に繋がることです(hamagong)
自己疑念、それはあなたが体験しているこの変化しつつある世界においては、極めて危険なものです!(nyan)
カレンダー
<<2015年10月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カテゴリ
全て (1354)
人間の本質 (501)
宇宙 (201)
アセンション・テレポテーション (429)
未来 (69)
世界情勢 (92)
日本 (28)
金融経済 (11)
その他 (6)
ブログ内検索

携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
RSS
プロフィール
勝寛舟 さん
ピュア・インスピレーション
地域:徳島県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
人類の新しい旅立ちを目指して、洗脳の殻を破り、宇宙の法則に近づくため純粋な直感を育てましょう!
アクセス数
総アクセス数: 2292989
今日のアクセス: 34
昨日のアクセス: 121

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved