このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
qg2sghp さん
古い着物を買取サービスでリサイクル
地域:京都府
性別:女性
ジャンル:美容・健康 ファッション・ブランド
ブログの説明:
七五三や成人式の振袖など、着ることのなくなった古い着物を買取サービスで現金に換えました(^◇^)
カテゴリ
全て (10)
アクセス数
総アクセス数: 2962
今日のアクセス: 16
昨日のアクセス: 2
RSS
リンク
和服・着物の買取価格相場
ネットの着物専門買取業者が便利です。
 
2015年10月24日 22時56分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


かさばる着物をなんとかしたいと考えていても、処分先をどうするか考えこんでしまって放置している人もいらっしゃるでしょう。それならネットの和服買取業者を利用すると気軽ですし、手間も少なくて良いでしょう。お店のウェブサイトから買取申し込みすると、宅配送料や手数料が無料というサービスもあります。同じ着物は二つとないのですから、高価な着物を預けるなら、きちんとした査定士がいるところを選ぶのが大事です。古着同然の価値では困りますからね。
着る人のいない和服を処分するとき、値段が心配になりますよね。



相場があれば知りたいというのも当然です。しかし中古品といっても和服の場合は、紬や友禅といった種類のほか、新旧、状態などでも価格が異なるので、一概にいくらと決めるわけにもいきません。


姉妹で同じ着物を売ったとしても、現代人のサイズに合った大きなもののほうが高値がつきやすいです。
着物の価値のわかる査定員のいる業者に査定を依頼するほうが高値になるのは確実です。


子供が生まれたとき、お宮参りに着ていく着物を買うことになりました。

一度しか着ないものだし、レンタルでもいいかと思いましたが、周りから、これから着る機会が何度もあるからといわれたのです。ただ、手入れと保管の負担を何とかしたいと思っています。


これから何度も着るならと、材質も柄も良い着物を買ったので保管も手がかかるのはよくわかっています。桐箪笥で保管したいとは思うのですが、わが家にそんなものを置くスペースはありません。もうすぐ七五三で着ますが、後は思い切って買い取ってもらおうかと真剣に考えています。タンスに眠っているだけの着物を、買い取ってもらって手放したい。だけど自分が持っている着物が、いくらで売れるのかわからなくて不安。そう思うのもわかります。着物は着る人の年齢や着る場面によって、多くの種類に分かれています。

そして素材や技法によっても買取価格は大きく変わるのでプロの鑑定士が見ないと、価値はわかりません。



ただ、有名な作家の作品だったり、ブランド品だったりすれば査定で高値がつく可能性も十分あります。
ブランド品でも最近のものは昔の着物よりもサイズが大きく、買いたい人が多いので仕入れておけばすぐに売れるからです。



箪笥の中の古い着物の処分に頭を悩ませている人は多いでしょう。最近は専門の買取業者さんというのが多くなりましたし、一度利用してみてはどうでしょう。



大事に保管してきた着物でも、再び人の目に触れ、喜ばれるのは嬉しいものです。


ほとんどの業者さんは無料で査定しますし、出張・宅配査定もできて、持込の手間が要りません。
保管状態の良い着物などは結構な高値がつくかもしれません。

持っているけれど着ない着物はうちにもあって、かさばる着物をお店に運ぶのも大変だしどのお店で、着物をより高く買い取ってくれるのか周りに着物を売った人もいなかったので全く動けないままでした。

この頃はサービスが良くなり、どこでも買い取りに来てくれる業者も手軽に利用できるようです。いいお店をランキングサイトで調べ、うちの着物を高く買い取ってくれるところを家族で検討しています。
古着を売ったことはあっても和服を売ったという人は少ないので、具体的に処分を考えたら、良い値段で買取してもらえるよう、中古着物買取業者のクチコミぐらいはチェックしておきましょう。買取実績もあって評判も悪くないお店をいくつか選んで、その中から2社以上に査定させ、額や評価を比べてみるのをおすすめします。

買取値や査定理由が明確なところを選ぶと損することなく良い売却結果につながると思います。リユースで古着に抵抗感がなくなってきたせいもあり、着物買取をする業者がとても多くなりました。インターネットで検索するとたくさんの業者が出てきますが、もっとも気をつけるべきなのは、本当は営業実態がなくて、着物を騙し取ったり、貴金属との抱合せで押し買いするなどの詐欺ともいえることをして問題になっているところもあるという事実です。

着物を売ってみよう、と考える方は誰でも終始気にするのが自分が納得のいく価格で買い取ってもらえるかなのでしょうね。


相場はどのくらいか、気になりますが相場はないというべきで、素材も、仕立ても、状態も、サイズも問題になるので買取価格が個々に決まります。
経験豊かな専門店の鑑定士に査定してもらうしかありません。たいていのお店では無料査定を受けられますので電話かメールで、査定の予約をとってみましょう。要らなくなった和服を整理する際、振袖以外の正絹の着物でもなかなか良い値段がつくことがあります。ただし化学繊維やその混紡着物、ウールなどは、新しくても元の価格が安いですから、中古買取でも良い値がつかず、値段がつかない(引き取れない)こともあります。

どちらかというと専門店より古着屋さんのほうが、引き取ってくれる可能性が高いでしょう。着物を業者に宅配で送って、買い取りしてもらうとき気を付けた方がいいことは、着物の価値の一部にもなっている、切れ端や保証書を保管しておいたか、確かめることです。
家電やパソコン、ゲームソフトを売ったことがあればわかると思いますが、品質を示すためにこうしたものがあるわけで、言うまでもなく、その有無によってものの価値は相当違ってきますから、一部でもとってあれば着物に添えて送ることが、有利な買取には欠かせません。


自分が以前から、大事にしている織り着物がありましたが大切な着物としてきちんと保管していましたが、ほとんど洋服で過ごしていますし、その着物を着る機会は今後なさそうなのでいろいろ考えた末、処分しようと決心しました。着物の買取についてネットで検索したところ着物の買取を専門に行う業者も結構あるとわかりましたゴミとして捨てるのは辛いし、他の誰かに着てもらえれば大事な着物を生かせると思い、買取業者に引き取ってもらおうと決めました。
仕立てたまま一度も着たことがない着物であっても必ずしも高値がつくものではありません。どんな生地、色柄も、経年劣化は多少なりともあるので状態の悪化はどうにも避けられません。
未使用かどうかは必ずしも関係なく、査定したときの状態が悪ければ価値はありません。
仕立て下ろしで今後も着ない、手入れもしているという着物をお持ちの方、無料査定を受けられる業者を探してください。みんなで手分けして、祖母の遺品整理を進めています。実は、先日形見分けできない着物は相当の枚数でした。専門の業者に売るのが一番いいだろうと、調べてみると連絡すれば、こちらで箱詰めしなくとも、どこまでも買取の車を出してくれるところも何軒かあると知りました。着物に帯、小物を合わせるとかなり重く、ひとりでお店に運ぶなんてありえないと頭を抱えていたので実にありがたい話です。
誰も着ないまま、長い間しまわれている着物は、たまの手入れだけでも大変ですよね。
着物を着る機会が年に何度もあれば別ですが、折々の手入れだけでも大変なのは事実です。中でも、振袖はお袖が長い分だけ、管理も他の着物に比べ負担感が増します。
もう着ないと考えられる着物ならば買い取りしてもらうと、楽になれるのではないですか。



いわゆる高級品であって、新しいものほど、また手入れのいいものほど高値がつきます。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/kimonor/337809

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved