このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
知って得する金買取-ブロくる
just999 さん
知って得する金買取
地域:富山県
性別:女性
ジャンル:仕事 金融・資産
ブログの説明:
最近、流行の金(ゴールド)の買取について詳しく解説していきます!
カテゴリ
全て (951)
アクセス数
総アクセス数: 54240
今日のアクセス: 36
昨日のアクセス: 49
RSS
金買取業者は大抵の場合、未成年
 
2020年11月20日 20時6分の記事

金買取業者は大抵の場合、未成年者とお店自身、両方の安全を守るため、年齢による利用制限を設定しているのが普通です。


このため、未成年者は買取の利用を断られてしまうことになります。


とはいえ、例外的に、年齢制限が20歳未満ではなく18際未満の場合もありますが、その場合は親権者の署名捺印が必要なので面倒です。


また、18歳以上で親の同意書がある場合でも、本人が高校生であれば買取はできないのが普通です。


金買取業者を名乗るものが突然自宅を訪れ、使っていない金製品を買い取りますなどと言い、二束三文で買い叩いていく、悪質な訪問購入の事案が多くなっていると聞きます。


この手の業者は、最初こそ優しそうな顔をして話をしてきますが、なかなか首を縦に振らない人には、一転して強引な態度に出て、金を買い叩くことがあります。


このような業者は詐欺も同然であり、契約書などの手続もいい加減に済まされることが多いです。


少しでも怪しいと思ったらすぐに追い帰すのが吉です。


プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。


実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。


プラチナは大変希少で、金を上回るほど高価なので、代わりに使われるようになったものです。


日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。


ホワイトゴールドは一般に18金か14金です、K18WG、K14WGなどの刻印があれば、プラチナではなくホワイトゴールドだということになります。


プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、勿論、金買取の対象になります。


金製の指輪やネックレスなどは、家にずっと眠ってはいるけど、今では飽きてしまったなどの理由で処分を検討している人もいるでしょう。


家にそういうものがあれば、買取ショップを利用してみてはどうでしょうか。


とはいえ、もちろん本物でないと買い取ってもらえません。


メッキ加工の偽物の場合もあります。


そのようなケースでは、不運だったと泣き寝入りするしかないと思います。


お手元の金製品を買い取ってもらうにあたり留意すべき点は、何と言っても相場の見極めに尽きるでしょう。


安く手放しすぎて後から悔やまないためにも、その日その日の相場を把握した上で、売却の時期を決定するのです。


申し込む時の相場によって、買取価格が決まることがほとんどです。


相場の変動を味方につけて、可能な限り高い値段で売りたいものですね。

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/kinkaitori/452370

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved