このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
知って得する金買取-ブロくる
just999 さん
知って得する金買取
地域:富山県
性別:女性
ジャンル:仕事 金融・資産
ブログの説明:
最近、流行の金(ゴールド)の買取について詳しく解説していきます!
カテゴリ
全て (988)
アクセス数
総アクセス数: 56743
今日のアクセス: 62
昨日のアクセス: 57
RSS
中学生や高校生など、18歳未満は基本的に、法
 
2021年2月23日 4時12分の記事

中学生や高校生など、18歳未満は基本的に、法律や都道府県の条例の定めに従い、金製品などの古物買取の利用を禁止されています。


さらに、法律の趣旨を拡張する形で、お店にもそれぞれの決まりがあり、成年に達するまでは売却できないのが通例です。


また、そもそも未成年は取引行為ができないのが基本であり、親が付いて行って代わりに申し込むか、親の書いた同意書の提示がなければ買取してもらえません。


よほど大量の取引をしていない限り、金買取に伴う税金は、控除枠などを適用して実際にはゼロになります。


金買取を行っている業者のほうは、日々多くの金製品を売り買いしていますので、その利益に応じて多額の税金を納めていることと思います。


しかし、個人でそのような取引をすることは無いですよね。


そうは言っても、法律が変わることもあるので、どうにも不安な方は、事前に調べておくことで不安を払拭しておきましょう。


現在の金相場は、1グラムいくらという形で表され、現在は約5000円ほどですが、それは24金、すなわち純金の話です。


純度によって額は下がります。


例えば18金なら、大体3500円ほどになります。


それなりの額、例えば200万円になるような18金は、重さで言えば550から600グラムくらいでしょう。


ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。


10金のアクセサリーをお持ちの方もいるかもしれませんが、10金は約41%の純度なので、1グラム約2000円ということになり、1キロほど寄せ集めないと200万円にはなりません。


金といえば純金を思い浮かべる人が多いでしょうが、実際には色々なものがあります。


純度は「○K」という形で表され、最大は24K(純金)です。


合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、「18K」などになります。


勿論これは純金より安いのです。


18Kは1000分の750という純度です。


金に混ぜる「割金」(銀や銅、パラジウムなど)の組合せにより、銀と銅が五分五分ならイエローゴールド、パラジウムが25%入ればホワイトゴールドなどと色々な種類があるのです。


ある金製品が幾らで売れるかの目安として、純度は大事ですので、気に留めておくといいでしょう。


金の買取において、少しでも高値を付けてもらうことを目指すなら、買取時の諸々の手数料がかからないお店を選択するのが何よりの基本になります。


金の価格は日によって上下するので、最適の売却タイミングを狙うのも重要でしょう。


買取では、グラム数が多いほど査定額も高めに付けてもらえるのが一般的なので、ごく少量、例えば10グラム程の買取なら、相場であまり差は出ません。


また、高額買取を前面に出したWEB広告を最近は多く見かけるようになりましたが、そういう業者に手を出すと無用なトラブルに巻き込まれることが多いので、十分気を付けてください。

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/kinkaitori/455903

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved