このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
知って得する金買取-ブロくる
just999 さん
知って得する金買取
地域:富山県
性別:女性
ジャンル:仕事 金融・資産
ブログの説明:
最近、流行の金(ゴールド)の買取について詳しく解説していきます!
カテゴリ
全て (1369)
アクセス数
総アクセス数: 78252
今日のアクセス: 13
昨日のアクセス: 48
RSS
金買取がメジャーになってきていますが、前に私も使わな
 
2022年5月11日 19時42分の記事

金買取がメジャーになってきていますが、前に私も使わなくなった金の指輪を買い取ってもらいました。


それまでそういうお店とは縁がなかったため、どういうお店に持って行くのが一番いいのか迷って、試しにネットで検索してみたのです。


その結果、御徒町が貴金属の買取では有名だとわかりました。


老舗の金買取店が集まる一帯があって、その中でも特に老舗と言われるお店を選びました。


店員さんの対応も丁寧だったし、買取金額も高かったので、上機嫌で帰りました。


要らなくなった金のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、ネックレスの裏などに刻印がないか探してみましょう。


金製品にはほぼ必ず、製品のクオリティを示すため、「K24」などの文字が刻印されています。


K24が純金で、数字が小さくなるほどに純度が低くなります。


K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントという印です。


金に限らずプラチナなどの貴金属では、純度の割合で買取額は大きく変動してきます。


金の買取を利用する際には、お店は、売却する人の身分確認をしなければならないと法律で決まっています。


従来通りにお店に行って買取してもらう場合は勿論のこと、非店舗型の業者など、対面せず郵送と振込でやりとりする場合にも同じように本人確認が求められます。


買取手続を進める前に、免許証や保険証などの提示を受け、店はお客さんの個人情報を記録します。


商品を郵送で送って買い取ってもらう場合は、そういった身分証の写しを一緒に送ることで確認に変えるのが一般的です。


プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセサリーを買取店に持ち込んでみると、それより価値の劣るホワイトゴールドの品だったなどの話は昔からよく聞かれます。


もちろん、両者は別物です。


古くはロシア革命の頃、プラチナの供給が激減したため、代わりに使われるようになったものです。


日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。


合金であるホワイトゴールドは、一般に18金か14金なので、K18WGやK14WGなどとあればプラチナではなくホワイトゴールドだということになります。


プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、それなりの値段で買い取ってもらえるのは確かです。


バブルの崩壊以降、現在にかけて、タンスの肥やしになっていた金製品を売りたがる人が多くなり、これを新たな商機と見て、従来の質屋や買取ショップでも、金買取の広告を前面に出すところが増えました。


景気良く何店舗も出している業者もあります。


自宅の近くなど、行動範囲内にお店ができると便利ですし、同業他社に負けじと買取額を上げてくるなど、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。


お客さんに横柄な態度を取るような店は淘汰され、接客の質の良い店だけが残りそうです。


買取ショップの利用を考えている人にとっては、歓迎すべきことだと思います。


ここのところ、金相場の高騰に伴って、いわゆる「金プラ買取」系のテレビCMをよくやっている印象です。


ネット上でも至るところに広告が出ている印象ですし、「金製品 買取」や「プラチナ 買取」といった言葉で検索したら、金買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。


もう使わない宝飾品が少しでもお金になるのなら、店はどこでもいいという人も多いのかもしれませんが、相場の上下によって買取額が大きく変わるのが金買取というものですから、少しでも高く売りたければ、相場を日々確認しておきましょう。


金買取というのが流行っているそうですが、先日はその業者から電話がありました。


生命保険や、子供の塾の勧誘ならよくありますが、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、ちょっと中身を聞いてみようかという気になりました。


色々と聴いてみたら、指輪やネックレス、腕時計などの金製品の中で、ずっと身に付けていない品があったら買い取ってくれるという内容でした。


それなら色々あったなあと思って、そのお店の名を控え、ネットでも調べてみました。


ともに高級品として知られる金とプラチナですが、どちらが高価かはあまり知られていないのではないでしょうか。


ここのところ金の価格も追いついてきましたが、元々高かったのはプラチナです。


一時期は金の3倍ほどしたのです。


理由としては、元々の埋蔵量の少なさの影響があります。


プラチナは年間約200トンほどしか産出されません。


金とプラチナは、いずれも安定した分子構造を持ち決して経年劣化がないので、有史以前から世界中で高い価値を認められてきましたが、人の手では作り出せず、地球上に眠っている僅かな資源を発掘するしかないという貴重さが、価値の根底にあるわけです。


長年身に付けていない指輪などの金製品を持っている人は、金・プラチナ買取系のお店に持って行くのもいいですね。


しかし、同じ品物であっても、どこに売却するかによって買取金額は大きく違ってくるので、ネットで事前に情報を調べて慎重に店を選びましょう。


売却する品物の総量が多ければ、そのぶん買取額の差も大きなものになります。


ですので、なるべく多くの情報を集め、お店選びに活かしましょう。


自分で買ったり人からプレゼントしてもらったりしたけど、もう何年もご無沙汰という貴金属のアクセサリーをただタンスの奥に仕舞っておくのは何だかもったいない気がしますよね。


心当たりのある方は、買取を扱っている店に売りに行くのはどうでしょうか。


金は劣化しないので、古いアクセサリーでも価値があるのです。


最も高価な24金(純金)の場合、現在は1グラム4800円程で買えますので、買取相場は一般的にその価格より若干安くなるとはいえ、だとしても十分、思った以上の値段には十分なることと思います。

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/kinkaitori/473082

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved