ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2014年5月28日 9時42分
笑顔で小顔で印象的
 
笑顔で過している子は、無表情でいる子よりもより親密な感じがしますよね。
話しかけても大丈夫そうだなぁってまず思います。無表情だとちょっと不安になりますね。一方で、ぽかーんと口を開けている子がいると、このこ大丈夫かな?と心配です。

笑顔になると視線はやはりその目元と口元に注目しますよね。
綺麗になりたいなら、お化粧をするにしても、やはり目元や口元がポイントです。

お化粧が素晴らしいところは、お化粧は落とすことが出来ること。
なんといっても流行や季節、その時のTPOによっても様々な変更が出来るのがイイですよね。
ただし、お化粧が肌に合わない人はちょっと大変かもしれません。

顔の形自体にコンプレックスがある方は整形もありますよね。
特に多い整形は目元です。二重にする整形は簡単ですので、日帰り手術で行っているところも多いですね。
お金をちょっと貯めれば出来るくらいの費用なのも整形が多い理由でしょう。

目元、口元のパーツがはっきりすると、顔の印象もそこに焦点が当てられますので、小顔効果もありそうですね。

まずは自分の顔に笑顔が浮かぶようにしたいところ。
そして自分に合ったメイクやマッサージをして、印象をよくしたいですね。
  [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2014年4月4日 13時49分
手術によって小顔になった人
 
テレビの番組でキレイに変身した女性の話をしていました
その女性は、旦那さんから、デブだとかののしられ
お姑さんからもヒドイ暴言を受けていて、見ていて涙がでるぐらい
その方は双子だったらしく、双子の片方の子から
一緒に美人になろうってもちかけられて
顔の手術をしました

膨らんだ余分な顔の脂肪を吸引し
足した方が良い箇所に注入
頬骨もけずって、さらに小顔に
そして、目などのパーツも大手術
結果、誰もがうらやむ、美人の双子姉妹のできあがり

あれだけ文句を言っていた旦那は
目の色を変えて、彼女に抱きつき、キスを連発
女としては、微妙だな。
外見が変わっただけで、
こんなにコロッと態度を変える男のどこがいいのだろう?
ダンナだって、けっしてハンサムでもないし
なんだか、彼女をかわいそうだと思う気持ちもふっとんじゃいました

確かに、手術すれば手っ取り早いですよね
お金さえかければ、ニセ腹筋だって造れちゃう時代だもの
彼女は、手術の前に小顔矯正とかやってみたのかな
それだけでも、劇的にかえられるものなのにね

整形をした人としていない自然な顔と
歳をとったり、ブラックライトの下などで
見分けることが出来るって聞いたことがあります
それもちょっとコワイ話
自分の努力でどこまでできるか
まずは挑戦してみます
[カテゴリ:小顔] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2014年3月19日 12時33分
小顔と睡眠
 
いま、睡眠時無呼吸症候群(SAS)が問題になっているようですね。
SASを放っておくと、日中に突然の眠気に襲われたり、
大きないびきで心臓に負担がかかったり、
糖尿病や心筋梗塞のリスクが高くなったりするそうです。
大きな交通事故の原因を調べてみて、
運転手がSASだったなんてこともあったりするみたいです。

SASになりやすいのは、肥満気味の人というイメージがありますが、
じつはこのSASは顎の小さい小顔の女性もなりやすいそうです。
睡眠時、顎に収まりきらない舌の筋肉が喉にせり出すことで、
気道が狭くなってしまうそうです。
ですから、小顔の女性は要注意。
なんだか眠りが浅いなとか、いびきが大きいみたいとか、
いつも口で呼吸しているような人は、
SASを疑ってみた方が良いかもしれませんよ。

小顔にはなりたいのですが、
睡眠時無呼吸症候群にはなりたくない。
あ〜あ、どうすればいいの?
って、私はまだそれほど小顔じゃなかった・・・です。
[カテゴリ:小顔] [コメント (0)]



2014年2月25日 9時54分
感動した選手
 
冬季オリンピックは日本ではやっぱりフィギュアスケートが一番人気でしょうか。
ネットでソチ五輪のフィギュア女子シングルで印象に残った選手は?と意識調査があったのですが、日本yahooということもあってか一位はダントツに浅田真央選手だったそうですよ。ちなみに投票は男性の方が多かった様子(性別判明している中では)フィギュアファンは女性が多いと思っていましたが、関係ないみたいです。

ソーシャルメディアのTwitterが発表した統計によると、浅田真央選手の名前は国籍関係なく応援や称賛等言及するツイート全選手中最も多かったそうです。
話題をさらうのに金メダルは必ずしも必要ではないと書かれていたそうです。
日本では小顔で可愛いけどちょっとツンデレと噂のユリア選手が話題になってたりしますからね。

ショートプログラムの結果はおもわしくなかったですが、
フリーのプログラムは6種類の3回転ジャンプを8個組み込む前人未到の難プログラム。
6種8トリプルって今回のフリーのプログラムの中でも最高に難しい演技です。
彼女は完璧に踊りきって号泣しました。見ているこっちも泣けてしましたね。

ちなみに金メダルのソトニコワ選手と銅メダルのコストナー選手は5種7トリプル、銀メダルのキム選手は4種6トリプルです。

芸術に部分や出来栄えについての評価はよくわかりませんけれど、彼女自身が素晴らしいプログラムを自分自身で滑り切ったことには変わりありません。
世界でツイートされるのはホントに感動されていたんだなぁって改めて感じますね。
  [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2014年1月28日 10時33分
過酷な地域での顔の変化
 
先日、紛争地域に勤めている兵隊の写真を見ました。
写真家が写したもので、紛争地域に勤める前の写真・紛争地域で勤めているときの写真・その後紛争地域外での写真の一人3種類の顔写真です。

全く同じ人の顔なのに、どの方もなにか顔に変化が出てきているのがわかります。
視線が鋭くなったような気もする写真もあれば、心配でおびえているような写真もあります。
段々と痩せている写真もありました。

危険が多い地域というのは、それだけで心理状態が変化するものです。
どれも時間の流れがあるモノですから、年齢の変化だけ出てくるのは確かだと思いましたが、心理状態が表情にも出てくるものなんですね。
人の写真はその時の様子が映し出されるものですが、もし自分が写されるのなら、よい心理状態で写されたいものです。

どれも太っていく写真はありませんでしたから、小顔になりたい方は、自分を厳しい環境においてみることも良いかもしれませんね。
太るのはきっと、あなた自身が食べることができる環境にいることは確かなのだと思います。
  [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
くる天
カテゴリ
全て (54)
小顔 (29)
アクセス数
総アクセス数: 23444
今日のアクセス: 0
昨日のアクセス: 2
おすすめリンク
小顔工房
最近の記事
05/28 09:42 笑顔で小顔で印象的
04/04 13:49 手術によって小顔になった人
03/19 12:33 小顔と睡眠
02/25 09:54 感動した選手
01/28 10:33 過酷な地域での顔の変化
12/25 11:47 小顔にはスマホ要注意
11/20 13:11 顔にコンプレックスを持ってしまう
10/22 10:20 目の大きさで小顔に見える?
09/18 10:41 アメリカと日本のお国柄の違い
08/21 10:55 人気の小顔ケアは?

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved