このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
pami さん
くるぱみの日記ブログ
地域:福岡県
性別:男性
ジャンル:美容・健康
ブログの説明:
くるぱみの日記
カテゴリ
全て (4)
アクセス数
総アクセス数: 740
今日のアクセス: 2
昨日のアクセス: 2
RSS
チェックポイントと解決策
 
2017年3月29日 1時25分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


気持ちを理解してくれる人、分かち合える人が必要
その期間、少しでも気持ちと体を楽にし、安心して暮らせるように体と心の管理を続けていくことが必要です。
更年期の不調は、長きにわたって続くものです。
当事者間で気持ちを分かち合うだけで、孤独が薄れ、安心感を持つことができます。
同じ経験をしてきた人の話のなかにこそ、生きたアドバイスがあります。
同世代の友人同士、地域のサークルや勉強会などで知り合った友人などのなかで、すでに更年期を経験してきた人、または、今まさに更年期を経験している人と話をする機会を持てるとよいと思います。
自分の感情を理解してもらい、共感的に受け止めてもらえれば、それまで抱えていた思いがすっと楽になり、浄化されるでしょう。
更年期の不快な感情は、同じ経験をしてこそ理解でき、共感できるものです。

周囲の無理解に落胆する必要はない

苛立ちが湧きやすいなら、次の「その3」のように自分の気持ちを分かってくれる人と、定期的に話をする機会を確保することが有効です。
そうなってしまったとしても、そんな自分に過剰に落ち込まないことです。
また、憂うつがイライラに変わり、苛立ちをぶつけてしまうこともあるかもしれません。
自分の症状を伝えながら、理解を促していくといいでしょう。
異性である夫、ましてや子どもには分かりにくい症状なのですから、家族が思うような対応をしてくれないこと、優しい言葉をかけてくれないことに、落胆する必要はありません。
「夫が気にかけてくれない」「子どもにだらしがないと言われた」などと落ち込む方も多いですが、そもそも更年期の不調は、当事者以外には理解しにくいものです。
ただし、そうした感情に巻き込まれないように、自他の感情の状態を理解していく必要があります。 
更年期には、不快な感情に振り回されやすいもの。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:


最近の記事
04/03 22:05 なぜツンデレ女子にデレデレになる
03/29 01:25 チェックポイントと解決策
03/24 07:51 匿名卵子で国内初出産
03/17 11:18 6組に1組が悩む「不妊」
最近のコメント
コメントはありません。
最近の足跡
足跡はありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved