このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
新しい部署への異動に挑戦するのがおすすめ
 
2020年8月4日 22時9分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


リーマン与太話も長くやっているとあれっと思うことがあります。ほぼ全部が取るに足らないパルプフィクションのようなものですが、何だろうと思って詳しく調べて記憶していたら、意外に人生の役に立ったりするんですよね。

当サイトのリーマンが出世するための処世術の詰まった記事にもためになるリーマンで出世するための絶対法則の中で一番重要な事実もあるかもしれませんので、中身を見てじっくり読んでみてください。

どうも!あなたは○人目の来訪者です。

あ、アクセス解析いれてなかった。


本来知っててほしいのですが知らなくてもいいものできれば知っておいた方がいいことと私は考えていますがどうでしょう。

いきなり胡散臭い出だしだなとお急ぎになるのはわかります…でもしばしの間パラグラフリーディングで結構ですから(笑)ブックマークするかどうか十分考えてみて!笑 

さて真面目にいきます。

新しい部署への異動すること-出会い



新しい部署への異動することを始めると、全然違う世界に足を踏み入れることになります。


今まで遭遇したことのない人とも出会い、新しい世界が開けたりするのです。


新しい部署への異動する先の人にも聞きましたが、英会話スクールで事務として新しい部署への異動することすることで、自分の殻から抜け出すことができた気がする、と喜んでいた人を多く見てきました。躊躇する気持ちもあるとは思いますが、一度新しい部署への異動することをやってみるのがいいと思います。

後輩から受けた相談


後輩から相談を受けたのですが、当時私も社内のサークルには入っていたものの、いまいち溶け込めず、お客さんに怒られたらどうしようと怖くなって上司に相談しなかったことがあります。自分を変えなければだめだと思ってはいたのですが全く動けなくなったりして新しい部署への異動することの応募に上司に相談しようとするたびに躊躇してしまいます・・・そういうのです。

新しい部署への異動することに挑戦するのがおすすめ



ぜひ奮い立っていただき好きなことを新しい部署への異動することにする喜びをかみしめ、慣れないうちは確かにつらいこともあっていいことばかりじゃありませんが、新しい部署への異動すること仲間とともに乗り越えられますので、また仕事をすること自体が人生の喜びですので、心配する心中察しますが新しい部署への異動することに挑戦してほしいと思います。



以上になります。


新しい部署への異動についての説明は分かりやすかったですか?だとしたら、うれしいです。
この記事ではまだ物足りない場合(ですよね)はまた新しく書く記事でもさらに詳しく探求するつもりなので気になる記事があったらSNSで拡散でもしてまた来ていただければと思います。

新しい部署への異動について書いた記事をさらに読みたい場合は、サイドバーのリンクから探すと見つかるかと思います。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/lehmans30/441461
くる天
プロフィール
30代気ままなリーマン さん
リーマンズサーティ:30代会社員の気ままな日記
地域:栃木県
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
30代リーマンの気ままなブログです。お暇な方だけお付き合いくださいませ。
カテゴリ
全て (8)
アクセス数
総アクセス数: 1184
今日のアクセス: 3
昨日のアクセス: 0
RSS


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved