このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
Serch!

Category
全て (1553)
Nature (160)
Environment (512)
Life (600)
Animals (78)
space (19)
Herb (11)
sports (133)
Lohas is Diary (9)
New
05/13 16:27 ChinaVirus 266
05/12 16:49 ChinaVirus 265
05/11 16:15 ChinaVirus 264
05/10 16:00 ChinaVirus 263
05/07 16:58 ChinaVirus 262
the number of Hits
総アクセス数: 43919
今日のアクセス: 4
昨日のアクセス: 7
RSS
Profile
+Lohas Life+ -ブロくる
yuki さん
+Lohas Life+ 
地域:神奈川県
ジャンル:暮らし ライフスタイル
ブログの説明:
a useful piece of life information...
最近の足跡
足跡はありません。
定期購読(有料)に設定された記事です。
1度申し込むと、申し込んだ日から1ヶ月間は購読ができます。
アホウドリ
2020年2月4日 15時5分の記事
 
2019-nCoVで、シナの反ドーピング機関がオリンピック
開幕まで検査を一時的に中断していた、、、
https://www.afpbb.com/articles/-/3266552?cx_part=topstory
 シナ 「アベーオリンピックには、シナ選手は検査なしで参加アルネ」
アベチョン 「いいアルヨ〜♪」
危険な国2位の、実力はまだまだだからね
本当、いい迷惑だよね
今更、、、
そういえば、ACLもシナでの大会は、場所を変えるとか
そらそうだ
来年も春節で、進化版が流行するからよろしくね
タイで、エイズ薬が効いたとか
 エイズ 「・・・」
免疫力が落ちるのは、同じだしなぁ
まだ、記事は見ていないが、、、
HIVウィルスと塩基配列が似ているらしいね
フム
シナでも投与されてるらし、、、症状が改善しても、ウィルスは
体内に残って、たびたび肺炎起こすとか
ひるおび・・・
再感染のリスクはあるみたいだが、、、
でも、確実に、数年前からシナ人の体にはウィルスいた模様
症状は出なくてもね
ナノウィルスは、否定できない、、、
実は、反ドーピングもロシアよりシナの方が、酷いと思っている件
表に出てこない分ね、、、ま、同じ穴の狢なのか
一応、違反者には刑罰適用らしいが、、、
男と女の区別もしないのに、意味がないんじゃないか

さて、フランスで、アホウドリによる、密漁船監視プロジェクトが
あって、、、その研究結果が出たそうな
https://www.afpbb.com/articles/-/3266458?cx_part=topstory
アホウドリのスパイ化w
ちょっと、アホウドリ、チェックしとくぅ〜♪
169羽のアホウドリの背中に小型機器を取り付け、インド洋南部
から、南極水域を航行する船舶を調査した
期間は、2018年11月から6か月間
この結果、対象となった船舶の1/3がマジェランアイナメ、シラウオ
オキアミなどの違法操業を行っている可能性が
高いことが分かった、、、
そういえば、自衛隊が、シモチョン国とイランのせどりを発見した時
レーザー照射された時だな
で、アメリカに通告したら
 アメリカ 「シモチョン国沖合でイランとせどりをしているから
監視してね。お願いw」
イスラエルとイギリス、フランス、ドイツに、アメリカがお願いをしたw
そしたら、イスラエルとEUは、いそいそと、シモチョン国沖合で
監視を続け、イランとシモチョン国がせどりをしている
現場を発見
今に至る訳だが、、、
イスラエルも入っていたっけ? イランとの核合意があるので
アメリカが、イスラエルやイギリス、フランス、ドイツに丸投げした感じ
いえ、これで、世界中で、少なくとも、EU諸国には、知れ渡り
イランがシモチョン国攻撃するかも、、、←今ここ
と、先週記事を見ていたのだが
そして、アホウドリによる監視で、南アフリカ領プリンス・
エドワード諸島やフランス領クロゼ諸島、ケルゲレン諸島付近の
海で違法操業する漁船が多いという、、、
これは、シナかな
実は、南アフリカ領プリンスエドワード諸島にマリオン島が
あるのだけれど、NASAの気象衛星画像から見える
さざ波のように雲が広がっている様子が映っていたりして
グルグルアースで見ると、北東部沿岸に見慣れぬ
建造物があって、、、HAARPの施設じゃないかと言われている
ま、陰謀論だけれどね。実情は分からないのでw
研究ステーションみたいだが、誰が所有しているのか
その建物の名前は、RSA Marion Station。気象観測施設らし
2本の延長上には、インドに向いていて、、、
NASAの気象衛星画像に映るくらいの電磁波を出して
いるのだから、インドまで届くのか
ってね、、、さらに延長線上には、3つのプレートの接点
南極プレート・オーストラリアプレート・アフリカプレートも
存在している、、、
前にも書いたが、最初、アメリカとも思ったんだけれどなぁ
シナなのかと、ふと、、、
アメリカは、アラスカが有名なのでね
でも、形が違ったような
どこかでこういった形を見たような、見ないような、、、
で、HAARPとするなら、アホウドリは、干渉されず
小型機器も正常に動いているということに、、、
フランスは、1950年にポルトーフランセに観測基地を
作っているが、、、シナがお金を出しているのは間違いないかと
NASAの気象衛星画像が違うという話にもならないしな
アホウドリ、やるなぁ、、、
でも、実際のアホウドリの数は分からんし〜
電磁波を感知しているとは思われるが
今後も、使うのかな
あぁ、この施設が気になる気になる・・・
定期購読記事
[600ptでこのブログを定期購読する(確認画面へ)]
[カテゴリ:Animals]
このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]




Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved.