このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
Serch!

Category
全て (1577)
Nature (160)
Environment (512)
Life (624)
Animals (78)
space (19)
Herb (11)
sports (133)
Lohas is Diary (9)
New
06/18 16:18 ChinaVirus 290
06/17 19:48 ChinaVirus 289
06/16 16:22 ChinaVirus 288
06/15 16:31 ChinaVirus 287
06/14 16:40 ChinaVirus 286
the number of Hits
総アクセス数: 44216
今日のアクセス: 0
昨日のアクセス: 2
RSS
Profile
+Lohas Life+ -ブロくる
yuki さん
+Lohas Life+ 
地域:神奈川県
ジャンル:暮らし ライフスタイル
ブログの説明:
a useful piece of life information...
最近の足跡
足跡はありません。
定期購読(有料)に設定された記事です。
1度申し込むと、申し込んだ日から1ヶ月間は購読ができます。
ChinaVirus 264
2021年5月11日 16時15分の記事
 
そいえば、先週から、ダメリカ最大の石油パイプラインが停止していた →
 3択の1、シナ、2、ロシア、3、北のランサムウェア、身代金要求型のサイバー
攻撃で破壊
いえ、なんで、先週からって、そんな情報が出ていたよね・・・
パイプラインがやばいとか
で、そのパイプラインと日本の銀行が取引していて、その銀行も影響があるとか
あ、三井住友だっけ?銀行のソースコードをGibhubに開示した銀行員 →
 700万の賠償金だってね
少ないのでは?
でも、その人が払える額が700万と見切ったのか

そんな書き込みは騒いでいたが
ダメリカ大混乱になるとか
あったが、大混乱してる?
どう?
パイプラインや石油燃料に何かあると、すぐ、大戦ってなるが
イランイラクの前夜みたいだが
そもそも、石油脱却で、燃料改革してんのに
いざ、パイプライン停止したら、混乱ってw
ミャンマーが混乱なら分かるが・・・
そそ、ミャンマーのパイプラインも、シナが強奪だっけ?
シナに制裁したら分かるよ
チャイナウイルスで、混乱しているモナカだしなぁ
あ、モナカ、最近食べてないから、買うかな
いえ、そこまで、シナは戦略に入っていた模様
 Wikiに弾かれたデイリーメール 「シナの科学者らがこの6年間、チャイナ
ウイルスを含む生物兵器でWW3を準備してきたということが、ダメリカの調査
機関が入手した文書で明らかになったよ〜」 
https://www.dailymail.co.uk/news/article-9556415/China-preparing-WW3-biological-weapons-six-years-investigators-say.html
→ Wikiに弾かれたディリーメールが証拠というダメリカ国務省の報告書
 「米国国務省の報告書にはこうした生物兵器が戦争で勝利するため重要に
なるという主張とともに、これを使用するための完璧な条件と、敵国の医療
システムに及ぼす影響まで詳細に記録している 
シナが2015年からコロナウイルスの軍事的可能性を考慮したというこの最新
報告では、新型コロナウイルス感染症の原因に関する新たな懸念を呼び起こし
一部の当局者は新型コロナがシナの研究所から流出した可能性がある
と疑っている」 → 海外・日本人 「疑い!?」 → 5/10ダメリカ軍 「不審
船から大量のシナ製武器発見。行き先は中東だ。クーデターでも起こすのか?
武器は押収したぞ」 → NASA長官  「シナ、いい加減にしろ!」
まぁ、シナだろうね
日本はとっとと、シナ人を追い出せばいいのに、しないのは、勿論
李晋三からの老害陰湿スダレバカハゲチョン、ニカイチャンコロ、人食い首相
しか興味がないシンジロウチョン、コウノチャンコロ親子のせいで
日本人が追い出すしかなかろう
李晋三は、台湾パインに囲まれてて、気色悪いw
チャイナウイルス広めたしな。責任取って辞めるべきさ
 ダメリカ・スクリプス研究所・進化生物学者・クリスチャン・アンデルセン2020/
3/20、チャイナウイルスのゲノムを解析 → 感染者27人分ゲノム解析は
感染したウイルスの同一起源が2019/10/1に遡ると突き止めていた → 
 ウイルスの流出は、2019/10/1前後であった可能性が高い
そこから2週間前
シナ軍 「2019/9/18にチャイナウイルス感染対策演習」 →  武漢
空港 「その2週間後に武漢で初感染確認したアル」 → シナ 「証拠だせよ(
震え声」 → ダメリカ 「ほれw(ダメリカ国務省報告書出すw」 → シナ軍 
「疾病改造アル」 → 国際ウイルス分類委員会 「チャイナウイルスは
SARS-Cov-2だ」 ← 今ここ?
まぁ、みんな知ってるだろう定期w
このブログでも書いてるよw
シナの生物研究所の建物や資金を出した、ダメリカとフランス
安いジェネリック薬品を作らせたのは、欧米+日本他
WW3画策は、シナもそうだが、欧米もそうだろうね・・・
ま、欧米他 VS シナは、崩れそうにないらし
そいえば、そんなシナは、東京オリンピックをやりたがっているとか
それは、テロする気満々では?
実行させるのは、李晋三からの老害陰湿スダレバカハゲチョン、ニカイチャンコロ
人食い首相しか興味がないシンジロウチョン、コウノチャンコロ親子か
やっぱり、捕まえるべきでは?
 ダメリカ国家情報長官 「チャイナウイルスは人工ではない。そもそもシナは
不活化ワクチンしか用意できなく、mRNAワクチンの開発もこれからするってのに
仕掛ける訳ないわな」 → 海外・日本人 「こいつ、やばいだろうw」 →
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58687370R00C20A5I00000/
 武漢研究所 「コウモリコロナを魔改造したアル」 → チャイナウイルス
「SARSとMERSとHIVのウイルス株を持つ」 → 武漢研究所 「さらに
魔改造したアル。ヒトの免疫突破の研究アル」 → ハーバード大教授
 「マジで兵器」
日経の記事はやばいんだよなぁ
シナ系っぽくて、やばいね・・・
三峡ダムの地下軍事施設が稼働しても、しなくても、武漢研究所に
CHOの査察が入れない時点で、疑惑なのにw
調査は続けているみたいなので
待つか
待てない連中は、どんどん進むから、大丈夫なのか
DNAI長官w
ヤバイデン政権だから、準備しているだろうに
乗っからないのなら、褒めるがw
スパイかなぁ・・・
まぁ、書いては見たけど
こういう奴らに、乗っかるのは嫌だなぁ・・・
それに、なんか、萌えないです
はい
そんな中
 シナ 「みんな〜ワクチン工場完成したアルよ〜(30億回分/年」 → 
チリ 「シナ製ワクチン接種したら、感染者364%」
有効率は、10%以下なのかw
それでも、CHO土人はシナ製ワクチンを特別扱いし、緊急使用承認した
シナとCHOは、同罪
チリとブラジルは、シナとCHOに損害賠償請求したらしいいよ
あ、他の国もしていないのなら、するべきさ〜
話はそこから
まぁ、話にならないから、パイプラインのサイバー攻撃
サイバー攻撃は、第3のステージ
ここ数年から始まっているが、6年前からでもいいかもしれない
そそ、ファーウェイのスパイチップも公表されないのは、一体・・・
ダメリカも怪しいから〜
どのみち、李晋三からの老害陰湿スダレバカハゲチョン、ニカイチャンコロ、人食い
首相しか興味がないシンジロウチョン、コウノチャンコロ親子のせいでおk
銅が高騰しているらしいね
シナ需要 → 半導体で電波を操り、War仕掛ける気満々で
モバイルバッテリーも電波に反応して爆破する仕掛けは、出来てそう・・・
東京オリンピックでやるかもねねね
1964年、シナ初核実験 → 2020年、チャイナウイルス
偶然はないよ
 2020/3/20の武漢ウイルス研究所研究主任、石正麗(55歳女)が
Nature Medicine誌にて 「SARSコロナウイルスバックボーンと
シナキクガシラコウモリの遺伝子操作により、人間のACE2受容体と結合できる
ハイブリッドコロナウイルスを設計した」 → ダメリカ国立研究所、NIH 「
これらの理論及び必要性の疑問により、石正麗への研究資金提供を
停止した」 
 コロナウイルスには王冠のような突起があり、その突起がヒトと結合すれば
感染する仕組みだが、コウモリの中にいた元のコロナウイルスはヒトとは結合
できない種類 → しかし石正麗はそのコロナウイルスを改造し、ヒトへの感染を
可能にしたチャイナウイルスを開発 → その上で、さらに研究を進め、ヒトが
チャイナウイルスにに対して免疫を持ちにくくするため、HIVウイルスとの遺伝子
合成する研究も行っていた → インド、イスラエルの遺伝子配列を研究する
専門家 「チャイナウイルスの表面にある4つのタンパク質は、自然界には
存在しえない配列を持っており、SARSにHIVウイルスが合成されているものだ」
 → 2020年1月下旬のCCP軍事ページ・西陸網 「チャイナウイルスは人工
的に作成したもので、武漢ウイルス研究所の石正麗研究員と
そのチームがコロナウイルスを生成し、流出させた」 ← これ消されてたやつ
 → 当時、チャイナウイルスが人工的に作られたものであることを
CCP及び軍も公式に認めていた
だから、削除されたが、日本人は知ってるぞよ
 1/24、ワシントン・ポスト紙 「間違いなく武漢のP4研究所で作成流出
したものと断言できる」
と専門家や、ハーバード大教授が、間違いなく細菌兵器と言っていたが
これも、消された?
そして、シナの細菌研究員の給料はあまり高くなく、末端の研究員が使用
済み実験動物を横流しすることは、頻繁にあるとの証言も複数の研究者から
寄せられていた。実際に買い取りを打診された研究者も証言をしている
買い手が付かない場合は最終的に市場などに売ることも多い → シナ政府は
閃いた、流出したのは、海鮮市場のせいにしようアル
 武漢疾病コントロールセンターのラボ&国家生物安全実験室のコラボで
菊頭蝙蝠(きくがしらこうもり)から分離した、チャイナウイルスを使った
さまざまな変異の実験を行っていた
それは必ずしも遺伝子組み換えのような
人為的変異だけではなく、蝙蝠から鼠、鼠同士といった
「自然変異が起きやすい環境」を作って、行うものもあったという
 そして、この新型コロナウイルスの起源が、菊頭蝙蝠(生息地は雲南・浙江省
などで、湖北省=武漢には生息していない)であることは、シナ華南理工大学
生物化学工程学院教授の蕭波涛と蕭磊が初期に指摘していた
 武漢でのコロナウイルスの実験は、最も危険な病原体を扱える
BSL(バイオセーフティレベル)4ではなく、BSL2の基準で行われていたという
証言もあるらし
シナだからね・・・何でもありよ
オバマ〜が、武漢の研究所に資金援助をしていたから、調査する議案が
下院ペロシによって、廃案になってたよなぁ・・・
その上で、ダメリカが世界大戦に持って行こうとしていて、そこに日本も乗って
そう・・・ → 李晋三からの老害陰湿スダレバカハゲチョン、ニカイチャンコロ
人食い首相しか興味がないシンジロウチョン、コウノチャンコロ親子のせい
だから、キンペー国賓来日を、決めようとしていたからね
戦犯なんだよね
こいつら
そして、法改正して、徴兵制復活来るぞ
分かってるのかね?日本人・・・
チャイナウイルス発祥をシナにしたいのは、イギリス
ヤバイデンがイギリスに行って、ヤバイデンだなぁと思っていたら・・・
でも、ヤバイデン < イギリスなんだよなぁ
何でだろう
 シンガポール政府 「日本は、ハイリスクチャイナウイルス汚染国に指定」 → 
海外・日本人 「え?え?」
http://ur2.link/MiVt
死亡者も、感染者も、インフルに比べたら、全然いないのにw
ワクチン恐るべしw
いや、理由が分からないがw
あ、シンガポールはオリンピック辞退するんだね
ま、その方がいいかもしれん
シナがハイリスク国から外されていて、ほんと、チャイナウイルスはシナ発なんだな
っとw
てか、ハイリスク国じゃないところが、ほとんどらしいね
日本は、シナや黒い山葡萄原人を排除できないから、入国禁止にできないしな
日本が鎖国しないなら、他国がしないと分からないのさ
それくらいしないと、国会議員は分からないからね
これも、李晋三からの老害陰湿スダレバカハゲチョン、ニカイチャンコロ、人食い
首相しか興味がないシンジロウチョン、コウノチャンコロ親子のせいで
ま、別に困らないがw
これ・・・イギリスからならウケるw
イギリスは、クアッドに正式参加へ
シンガポールがシナ厨なのは分かったw
日本は、在日シナ人が100万人突破して・・・
李晋三からの老害陰湿スダレバカハゲチョン、ニカイチャンコロ、人食い
首相しか興味がないシンジロウチョン、コウノチャンコロ親子を恨むでしょ
ハイリスク国じゃない国は、台湾も入っているのに
 CHO土人 「台湾参加は絶対ない。絶対にだ」
語録に加えとくw
土人のコラで、土人の脳にプーが操縦しているのが出ていたから
載せときますw
てか、意外と大きくて、ウケるw
台湾は、シナで発生したSARSの経験から、今回はCHOを信用せず
独自で感染対策した結果なのにw
対して、シナは、いつまで隠蔽しているのであった・・・
 日本感染症学会 「変異株に関する緊急シンポジウムを横浜市内で開催
した」 → 専門家 「従来株より感染力が強い全く別のウイルスと考えていい
ワクチンが十分行き渡るまでは強力な対策を取らざるを得ない」 →
 感染研・鈴木基感染症疫学センター長 「置き換わりが急速に進む変異株の
大半を占める英国型の感染力は、従来株の1.5倍と分析。従来株なら1月
以降に発令・適用した緊急事態宣言やまん延防止等重点措置で制御
できたはずだが、大阪などでは新規感染者数が下がっていないとした上で
従来と同じ対策では全く立ち行かない新しいウイルスが出てきている
と考えなくてはいけない。特に40、50代における重症化リスクが高い傾向も
みられる。危機感を持って対応しないといけない」 → 感染研・斎藤智也
感染症危機管理研究センター長 「じ込められるチャンスはごくごく初期に
限られる。地域的に偏りがない検査体制をつくるのが非常に重要。疫学的な
調査能力を一体的に向上させるのが必要だ」
てか、なんで、横浜に集まってんのん?
リモートじゃない、やらないヒトたちに言われてもだね・・・
制御なんて、無理じゃないか?
ヒトを媒介にしているのに・・・
そもそも、ファーストウェーブから、制御も押さえ込みも、していなかった訳だから
GoTo老害陰湿スダレバカハゲチョン、ニカイチャンコロ利権は、失策だから
それでも、責任取らないって、頭沸いてるからね
認知症の検査しないからね
国会騒然がトレンド入りとはw
早く、引退しろ!目障りだ
国会議員の定年制は、60歳でいい件
入国検疫をシナ人にしている時点で、終わってるのにw
ワクチン接種が遅れた理由まで、国民のせいにして、自民はもうダメだな
20年間も賃金が下がり続けているのも、こいつらのせいだから
給料の半分が税金なんて、そら、生ぽ貰えるなら、やった方がいい件
スパイコイケチョンが命令していたが、従う訳もなく
トンキンと大阪はロックダウンすべきなのに、しない
ワクチン接種も無意味へ・・・
 ガンジス川 「チャイナウイルス感染者の遺体で埋まって来た」
川で洗えないと、どうなるのかねねね?
素朴な疑問・・・
とゆうことで、CHO土人+CHO語録〜
12/31 CHO、台湾当局から「コロナはヒトヒト感染する」
という内容の電子メールを受け取けとるが握り潰して隠蔽
 → あたかも、12/30に武漢で発生したことにしたい
11月には、武漢で発生が確認され、CHOへ報告されたのは12/31
1/10 ヒトからヒトへの感染はない
1/19 人から人への感染リスクは少ない
北京で豪遊してくる
1/22 緊急事態には当たらない
1/28 シナが迅速で効果的な措置を取ったことに敬意を表する
北京へ行き、菌ペッと握手する
1/29 シナから外国人を避難させることは勧めない
国際社会は過剰反応するな
1/31 国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態の宣言を検討
渡航や貿易を不必要に妨げる措置をすべきではない
人の行き来を維持し国境を開放し続けるべきだ
シナの対応も過去にないほど素晴らしい
シナの尽力がなければ、シナ国外の死者は更に増えていただろう
シナの対応は感染症対策の新しい基準を作ったともいえる
菌ペッのリーダーシップを他の国も見習うべきだ → 
世界中「嫌だ」
シナ国外の感染者数が少ないことについて
シナに感謝しなければいけない
2/1 大流行をコントロールするシナの能力に信任を置いている
医療システムがシナのように強くない国で感染が拡大するのを
懸念している
2/4 武漢肺炎と呼ぶな
武漢は英雄だ
シナ以外の国々は感染者のより良いデータを提供しろ
2/5 国際社会は今チャイニーズウィルスの対策に投資しなければ
後で、より多くの代償を払うことになる
740億円の資金をWHOに投資しろ
全ての国が証拠に基づいて意識決定を行うことを勧める
 (英外務省が英国民のシナからの退避勧告について)
渡航や貿易を不必要に妨げる措置は必要ない
2/8 致死率は2%ほどだから、必要以上に怖がることはない
2/9 ウィルスだけではなく、ネット上の批判とも戦う
2/10 イギリスとフランスはもっと危機感を持て
2/12 特定の地域を連想させる名前を肺炎の名称とするのは
良くない
ほとんどすべての加盟国がシナを褒めている →世界中「嘘だ」
シナのしたことを認めて何が悪い 
→(CHOはシナを褒めるようシナ政府から依頼や圧力を受けているのか
と、質問に対し)
2/13 シナのたぐいまれな努力を賞賛する
シナは他の国々の危険を減らしている
科学的な根拠に基づいたリスクを評価しろ
船舶の自由な入港の許可と旅行者への適切なケアをしろ
→ (クルーズ船の受け入れ拒否が続くことに対して)
2/18 新型ウイルスは致命的ではない
2/20 (DP号の)
2/21 シナの感染者数推移の傾向に勇気づけられている
武漢は、最も深刻な状況も好転し得るのだという希望を世界の
他の地域に与える
その他の国々は安心してはいけない
2/24 パンデミックには至っていない
2/26 ヘタリア、イラン、シモチョンで感染者が急増しているが
世界的な流行ではない
2/27 シナ以外の国々は天王山を迎えている
シナの積極果敢な初期対応が感染拡大を防いだ
封じ込めは可能だ
ヘタリア、イラン、シモチョンは、シナのように大胆な措置を取れ
2/28 パンデミックの可能性がある
いかなる国も自国での感染はないとの思い込みは文字通り
致命的な誤りだ
多くの国がリスクを想定するべきだ
すべての国は備えに集中しろ
封じ込めらられる可能性は狭まっている
世界の国々はできることをすべてすべきだ
マスクを着用する必要はない
3/2 未知の領域に入ったが封じ込めは可能
シモチョン国・ヘタリア・イラン・日本が最大の懸念、新たな
発症者がシナの9倍
証拠が示されればパンデミックを宣言する
3/3 マスクを早急に生産せよ ←あれ?
3/5 何処とは言わないが対応が不十分な国がある
人任せでなく、トップが指揮を取り国を上げて対応しろ
あらゆる対策を講じよ。これは訓練ではない
3/6 世界のすべての国が感染拡大の最優先課題とせよ
3/7 シナが2000万ドル寄付してくれたw
3/11 日本、ルクセンブルクからの寄付が来たw
3/14 チャイニーズウィルスは、パンデミックだ ←ホワイトデーに発表
 安倍首相自ら先頭に立った、政府一丸となった取り組みだw
日本はウイルス対策で新たに1億5500万ドル(約170億円)を、感染国への緊急支援用
としてCHOに拠出したw ←外交筋は「あまりにも露骨(なリップサービス)」揶揄
3/16 入国制限を乱用するな
3/23 寄付はいっぱい貰ったけど、治療薬は開発できてない
3/25 われわれは最初の機会を無駄にした
3/26 1か月前か2か月前に対応していなければならなかった
3/27 すべての国で積極的な行動がなければ、数百万人が死亡
する可能性がある
CHO爆誕w
3/28 レディガガと電話したw
3/30 結局どうすればいいの? → 世界 「!⁉ ガタッ・・・
4/1 感染は拡大する
台湾のCHO加入について
CHO幹部ブルー・アイルワード事務局長補佐官 「質問が聞こえない」
番組P 「台湾の加盟を再考するつもりはあるか」
 アイルワードCHO幹部事務局長補佐官 「いいえ、結構だ
他の質問に移ろう」
世界 「ドヨドヨドヨドヨドヨ・・・」
CHO土人 「マスクは、医療従事者と感染者だけな」
4/2 CHO、シナと一緒に粗悪品マスクを売る
4/3  シナ製マスクを買え
マスクを使うべきかの指針に変更を加えるべきかどうかを
見極めるため、CHOは新しい証拠を確認し、この議論を
再開することに前向きだ
4/5 ムンムンににアジア代表ときて発言してほしい
4/6 どんな状況においても(マスク着用は)勧めない
4/7 マーサ・マクサリー米上院議員 「CHO土人解雇を要求する」
4/8 トランプ大統領 「CHOはやってくれた、資金提供停止する」
3カ月前から、台湾から人種差別を受けている→台湾外交激おこ
人は間違う
CHO 「5Gはチャイニーズウィルスを広めません」 →イギリス他
世界 「やっぱり、広めるんだな。。。」
4/9 致死率はインフルエンザの10倍と推定される
我々は天使ではなく人間。間違うこともある
過去3カ月台湾から人身事故を受けた
4/13 みなさん、ハッピーイースター! ←世界中「お前の頭が
イースターだろ」
アメリカに、CHOへの資金拠出を続けてくれるよう望みます
チャイニーズウィルスは、新型インフルの10倍致命的。措置解除は慎重に
4/14 当初からヒトヒト感染に重点置いた ←世界「今?!」
CHO 「BCGの使用は推奨しない!!理由は証拠がないからだ!」 
byテロ朝チャンコロ ←信用ない件
 世界 「BCGはいいんだねw CHOがお墨付きをくれたw」
CHO土人 「アメリカは金を出せ!!」
世界 「・・・。 シナからの金は途絶えたのか、、、」 →事実上
解体というスレがネットで出てくる
4/15 ワシントン 「CHOへの資金拠出を停止した
同措置はチャイニーズウイルスへの対応ミスト情報隠蔽に関する
調査が終わるまで続くぞ」
 ポンペオ国務長官 「アメリカがCHOに戻ることはない」
4/17 トランプ大統領、CHOに書簡を送る。内容は、CHOへの
任意拠出金を出すなら、CHO土人の辞任が条件な
マイケル・マコウル共和党筆頭理事 「パンデミック対策には
CHOが不可欠だ。CHO土人は、パンデミック以来世界最大の
健康危機に客観的に対応するという職務を果たすことが
できなかった。
また、CHO土人は、シナ政府を信頼したり、ウィルスの感染
しやすさに関する台湾の警告を無視したくて仕方がないだろう」
4/21 我々は初日から、これが誰もが闘うべき悪魔であることを
警告してきた
CDC職員がいるということは、アメリカに対する隠し事が初日から
一切なかったことを意味する
CHOは、開かれている。我々に隠し事はない
争い合いや政治的な点数稼ぎの機会としてこのウイルスを使わないように
←各国指導者へ
武漢ウィルス研究所からの流出説を否定
4/22 振り返れば、我々は適切な時期に緊急事態を宣言したと思う
世界に対応するのに十分な時間があった
チャイニーズウイルスは、武漢じゃない。と、日本に泣きつく
4/23 大統領補佐官 「CHOは、シナに支配
アメリカはCHOにおよそ、5億ドル支払っているものの、シナは
4000万ドルだ。それが少なくとも公開されている支払い額だが
CHOに影響力を持つため、他の資金を支払ったのか
詳細に調査している」
CHO 「タバコ企業は、タバコを作るな!」 →実際の患者の
中に、喫煙者は約5%しかいなかった、、、→
フィリップモリス他タバコ産業 「CHOとシナに賠償請求しないとな」
4/24 世界は私たちがいた元の姿に戻ることは出来ないでしょう
新しい日常になるはずです
CHO 「チャイニーズウィルスは、動物が起源」
CHO土人 「世界は元に戻らない、シナを中心にした新しい
日常を迎えることになる。お前らの対応が遅かっただけ
俺は悪くない」 → 世界 「やっぱり、こいつは犯罪者だな」
レムデシビルの治験について、対照群と比較して
 CHO「症状が改善するまでの期間の差と関連付けられない
治験開始から1か月後に、レムデシビルを投与された患者の
13.9%が死亡したのに対し、対照群は12.8%が死亡した
この差は統計的に有意ではない。」 
 CHOはフィナンシャル・タイムズ紙に対し 
「草稿は査読中であり、誤って公表された」
 ギリアド製薬企業 「公開された草稿には、治験に対する
不適切な解釈が含まれている」 ←参加者が少なく早期に
中止された為らし
4/25 CHO 「発展途上国、水道水をプラスチックボトルに
入れて、太陽の下に5時間置くように」 ←太陽光による病原菌
死滅実験決行 →太陽光で、全ての病原菌は死滅するとは限らない
4/26 アメリカの代わりに日本が金出せ。これからはシナの時代だ
許して、、、(Twitterより)←世界「絶対に許さん」
4/27 ポンペオ国務長官 「CHOへの資金拠出再開しない
可能性。そして、代替機関設立しましょう」 →アメリカは
保険系非政府組織に回す予定
CHO土人の物忘れがひどかった
4/28 世界はCHOに耳を貸すべきだった ←世界「聞かなくて
よかったw
 CHO 「レムデシビルを承認するなら、死亡することは伝えないと
命の選択になるぞ」 →レムデシビルの治験が失敗に終わったことを
削除する
武漢の研究所から漏れ出た可能性について、問うと →
 CHO 「人工的に作られたり、どこから漏れたりする可能性は
極めて低い」
 シナ外務省 「チャイニーズウイルスの発生源に関する独立
調査を求める声が上がっているが、政治利用だ。受け入れには
断固反対する」
 CDC 「靴の底を介して、感染が広がる可能性がある」
4/30 俺は最初に危険だと言った → シナ以外世界
「言ってない・・・台湾が発言したヒトヒト感染を隠蔽した」
5/1 あべ 「CHOと土人はチャイニーズウィルスが終息したら
必ず潰します。覚悟しておくように」
5/7 CHO 「再感染は認めない」
5/8 CHO 「集団免疫は全否定する」
5/11 CHO 「これからシナへ見に行ってくる〜ぅ」 → 
世界 「今更!?」
5/12 日本は、ダメだ
進藤WHOシニアアドバイザー 「むしろ日本最高!検査の
遅れは間違っている」
5/13 アメリカ議会 「CHOを台湾が排除しなければ、各国は
もっと完全な情報を得られた」
5/14 CHO 「抑え込みは無理だから〜分かったアルか?」
5/15 アメリカ議会 「台湾のCHO年次総会参加を支援する
法案を全会一致で可決したぞ」
 CHO土人 「CHOにお金を出しても、無意味で無駄だから・・・」
シナ以外の世界中 「ぇえ〜・・・(審議中)」
CHO 「消滅しないから〜・・・独島はない」 →シナと繋がっている
為、ムンムンの主張はスルー
5/18 CHO年次総会開催、CHA
5/19 CHA 「台湾にオブザーバーの資格を与えるかについて
議論が先送りになった」 →台湾 「ぐぬぬぬ」とキレる
 CHO土人 「これでまたシナからお金が入る」
CHO加盟国 「まだまだシナ中心だな」
 CHO 「エイズみたいに消滅しない」
5/20 日本の予防接種は前は4歳までだったが、CHOの
おかげで、生後1歳までになったと発覚する
5/21 トランプ大統領 「CHOには、恒久的に拠出金を凍結する」
5/22 トランプ大統領 「CHO脱退検討しているw 最終通告だ」
5/26 日本は成功した (日本モデルを推奨するとは言ってない)
ヒドロキシクロロン、抗マラリア薬の臨床試験を中止した
5/28 CHO 「アメリカ大陸の規制緩和はダメ。アルメニアで
第2波来たぞ」
世界 「テドロス、どうにかしろ!」
 アルメニア・ニコル・パシニャン首相 「第2波到来したぞ」
6/2 チャイニーズウィルスで、抗生物質の使用が増えている
細菌耐性強化で、今後も死者が増えるぞ 
 トランプ大統領 「CHOとは、完全に切る」
CHO 「アメリカとの関係継続したいぃ」
6/3 CHO土人 「チャイニーズウィルスで、抗生物質の使用が
増えている。細菌耐性強化で、今後も死者が増えるぞ」 →
世界 「CHOのせい」
6/4 CHO 「シナは重要な資料を隠し、最小限の資料だけを
提供」
世界 「CHO解体決定だなw シナ人は世界の敵へ」
EU 「・・・」
ワシントンポスト 「武漢での死者数は、2563人ではなく
4万人」
 世界 「支持する」
6/7 CHO 「シナの情報には、不満だ。土人は嘘を発表」
 CHO土人 「その通りだ」
6/10 チャイニーズウィルスについて話すぞ(まさか、登壇する
とはな・・・)6/23〜25日オンラインで開催されるぞ
チケットを買いたまえ
CHO 「無症状からの感染は、’稀’と言ったことを謝る」
617 シナ名門大学、清華大学の卒業式でスピーチ予定
詳細が分かったら、書く予定
 CHO 「ワクチンは、全世界の公共の利益とする」
アメリカ 「反対!」
 シナ 「公共じゃないはずアルー」
6/18 CHO 「マスクは有効。布マスクはダメだ」 →
CDC 「・・・」
CHO 「サケあるいはサケの放送がウィルスを媒介したというのは
仮説にすぎない」
 CHOの専門家 「サケよりも交差汚染の可能性が高い」 
CHO 「北京で発見されたウィルス株の塩基配列を共有するよう
シナに求める」 
6/22 地球規模の結束とリーダーシップの欠如だ
分断された世界ではパンデミックを打ち負かせない
パンデミックの政治問題化が事態を悪化させている。われわれが
皆安全になるまで、われわれの誰もが安全ではない
6/23 パンデミックはいまだに加速している
パンデミックは保健分野の危機を超えたものであり、経済的危機
社会的危機、また多くの国々では政治的危機でもある
その影響は数十年にわたって感じることになる → 
 世界 「お前のせいだよ!“(# ゚Д゚)」
CHO 「デキタメタゾン増産しろ」
6/26 フランス・ドイツ 「CHOを支援する」 → 
EU 「CHOは、シナの機関だから、、、そこに資金が入るなら、、、」
(震え声)
 世界 「あ"ッ 今までどこ見てたんだ。CHOは戦犯」
CHO 「ヨーロッパでは感染者が急増している」
6/30 チャイニーズウイルスは加速
各国は今できる事で最善を尽くすべきだ
地域社会の一人一人が感染対策を実行するなどの対策を
日シモチョンの対応を称賛する
高齢化が進む日本が死亡率を抑えているのは、福祉施設の
高齢者などの危険度の高い人たちに、特別注意を
払っているからだ
 日本人 「そうなのか?これは、反対と見た方がいいかも・・・?」
シモチョンは、検査と隔離といった基本対策を徹底した
特に、感染者の割り出しや追跡調査の重要性を強調し
難しいというのは、ダメな言い訳だ
7/2 CHOは、チャイニーズウィルスワクチン候補臨床試験の
暫定結果を2週間以内に入手するぞ 
7/3 CHO 「気候変動とチャイニーズウイルスとの関連は分からん」
7/6 チャイニーズウイルスは加速
終息に近づいてもいない
CHOのチャイニーズウィルスワクチン候補臨床試験の
暫定結果を、2週間以内に入手する
 世界 「2週間後に言え」
日シモチョンの対応は称賛する」
7/8 チャイニーズウイルスの正確な情報を、最も脆弱な
人々に届けていく
 アメリカ 「CHO脱退を国連に正式に通知した」
CHO 「エアロゾルを介したチャイニーズウイルス感染について
新たな証拠がある」
 CHO感染予防の技術責任者、ベネッタ・アレグランジ
 「エアロゾルを介した感染の可能性を示唆している
換気の悪い場所などの感染の可能性は否定できない
証拠を収集して、解釈する必要がある」
 CHO報道官 「専門家と精査している」
7/10 CHOマーガレット 「シナペストは、リスクは極めて低い」
 1/30、チャイニーズウイルス発生源は、成田空港と言わん
ばかりに、写真を載せ →世界の皆さんはよく覚えておくように 
↑発覚する
 日本人 「CHO、脱退したい・・・」
7/16 CHO 「コンゴの西部でエボラが拡大しており
これまでに約50人の感染が確認されている」
7/20 CHO 「チャイニーズウイルス、シナ発生源の
調査は延期」
 世界 「隠蔽工作が間に合わなかった模様・・・」
トランプ大統領 「チャイニーズウイルスは、ある時点で消える」
7/21 CHO 「日本が当初より訴えていた3密の回避の有効性を
認める」 →正式採用へ
7/28 日本は良い例 
 CHO「今回が最も深刻」
7/31 チャイニーズウイルスの世界的流行は、100年に1度の
公衆衛生上の危機だ。影響は、今後数十年に及ぶ
最悪の事態を脱したと思った国が、新たな感染拡大に対抗
している 
8/4 チャイニーズウイルスに特効薬はない 
8/6 CHO 「うがい薬の使用で感染を予防できる科学的
根拠はありません」  
8/11 チャイニーズウイルスワクチンには、1000億ドル
10兆6000憶円以上が必要だ 
8/18 チャイニーズコロナのワクチンは平等に分配できるよう
我々が管理する
枠組み、COVAXを作ったから、参加しろよ
8/22 ャイニーズウイルスは、2年未満で収束できそうだ!
 世界 「また詐欺だろ・・・」
9/4 反日BTSメンバーの「マスク着用訴え」に感謝する
「世界のロールモデルだ」 
9/7 「これが最後のパンデミックではない
突発的な大発生や世界的流行は、生命のこだわりだと
歴史が教えてくれる
次のパンデミックが来た時、世界は今回よりもっと周到に
準備ができていなければいけない
ここ最近、多くの国では、薬剤において大きな前進が見られるが
感染対策の基本となる公衆衛生を多くの国が無視している」
9/22 チャイニーズウイルスワクチン共同購入は156ヶ国だ
アメリカとシナは不参加だ。だから資金よこせ 
9/29 途上国に簡易検査キット1憶2000万回分配布するぞ
キットは、アメリカとシモチョンの企業がそれぞれ開発したものだ
CHOとその他パートナーとの合意によって、簡易検査キット
1憶2000万回分を中低所得国に向けて、配布できるように
なるだろう(期待) な、長い
10/6 CHO 「推計によれば、世界の人口10%がチャイニーズ
ウイルスに感染した可能性がある」 
10/16 CHO 「レムデシビルの治験で、死亡率低下にほとんど
効果がない」 → レムデシビルなど数種類のチャイニーズウィルス
治療薬の有効性を評価するために、30カ国の病院500カ所で
今年3月に開始した臨床試験を継続する。
引き続き毎月約2000人の参加者を募集しており、モノクローナル
抗体や新たな抗ウイルス薬を含む他の治療法も評価していく
10/17 効果絶大だと思われていた、レムデシビル
インターフェロン・ベータ1a、ロピナビ、ヒドロキシクロロキン
4つの治療薬は、死亡の予防や入院期間の短縮にほとんど
又は、全く効果がない 
10/24 CHO「世界は今後数ヶ月間、すなわち今冬に、チャイニーズ
ウイルス感染拡大によるさらに危機的な波に見舞われるだろう」
10/27 CHO 「ヨーロッパの感染抑制は困難」 
10/28 シモチョン国の対応は連携と検証された公衆保健措置の
順守が新型肺炎のパンデミックを効果的に統制できるということを
見せた 
10/30 相当数に深刻な後遺症を残す。
懸念が大きいのは、症状の幅広さだ。時間の経過で症状は
変動し、体内のあらゆる器官に影響を及ぼし得るという。
具体的な例としては、疲労感をはじめせき、息切れ、肺や心臓を
含む主要臓器の炎症と損傷、神経系や心理面での影響する
まだ、正確な数字は把握できていないが、入院患者、非入院
患者の双方で症状が残る例が報告されている
売国厚労省の結果が待ち遠しい
11/1 私は、チャイニーズウイルス検査で、陽性と判定された人物の
接触者と認定された。健康で症状はないが
CHOの手続きに従って、今後数日間自主隔離し、自宅で
執務する 
11/2 CHO 「 PCR検査で、サイクルしきい値を高く設定すると誤検知が
増加する。なので、PCR陽性のサイクル値を変更、下げることを推奨する」
 海外 「CHOも屈託していた不正大統領選(11/3」
11/9 ヤバイデンおめでとう。緊密な協力に期待する
 CHO 「台湾の年次総会参加は認めん」 
11/17 スイス・ジュネーブCHO本部 「集団感染発生!65人だ」 
→ 先週は5人でスルーしていた件
 症状がなかったため、検査の必要はなかった 
11/19 CHO 「チャイニーズウイルス、セカンドウェーブは、
ワクチンなしで立ち向かう覚悟を」
 CHOライアン 「まだ、ワクチンがあるという段階ではない。
私たちは理解し、納得し、自覚する必要がある。ワクチンなしで
この困難に立ち向かわなければならないということを」 
 CHO 「公式FBシナ、Taiwan、禁止ワードに設定する」
→ 海外 「台湾差別がひどすぎる」
11/20 ティグレの武器調達を支援していない
TPLFの一員認定で 
11/25 ワクチンを公平に分配するには、4469憶円必要(チラッ 
→ 海外 「お前が払え!」 
12/8 シナ武漢に派遣するとしている国際的な調査チームについては
今、計画しているところで、できるだけ早く、武漢の地を踏ませたい
と望んでいる
 CHOライアン 「参加する専門家の候補を世界各国から集め、
リストはすでにシナ当局に提出した」
12/20 CHOEU事務局 「ヨーロッパよ、チャイニーズウィルス対策を
強化せよ。
感染拡大が激しい欧州では、各国が管理と予防の手段を
一層強める必要がある
変異種は、より容易にヒト間で感染拡大してしまう前兆と
医療検査の結果に影響を及ぼす可能性があるという事前情報が
ある。重症化の度合いの違いを示す証拠はないものの、現在は
調査している段階だ」 
 CHO 「イギリスで見つかったものと同じチャイニーズウィルスの
変異種がデンマークでは、9例、オーストラリア、オランダでは
それぞれ1例確認された」
12/28 弟と連絡が取れない・・・ 
2021/1/6 非常に失望した。2人はすでにシナに向かって
いたし、ほかの専門家も最後の最後で渡航できなかった
1/6 CHO 「ワクチン接種の用法用量は、ま、守らないと・・・」
→ その後容認へ
1/8 来週にもシナ調査団派遣日程を調整中 →14日に決まる
1/11 CHO 「今後、世界の人口は3/4がチャイナウイルスに
感染する可能性」
1/12 CHO 「緊急使用承認に向けシナ製ワクチンを審査する」
集団免疫は、今年中に獲得難しい」 → CHO 「シナ製ワクチンはやっと
50%の有効性が出た」 → 2021/1/14 ブラジル当局 「シナシノバックの
有効性は、50.4%だ」 → 2021/4/24 チリ 「独自分析結果によると
シナシノバック製ワクチンの1回接種の感染防止効果はわずか16%。入院を
防ぐ効果は36%だった」
1/14 CHO 「イギリス型は、すでに世界50カ国と地域に、また
南ア型は20カ国と地域に広がっている。国際社会は、2021年
イギリス、南アで検出されたチャイナウイルスの新たな変異種の
調査に注視し、これに関する学術研究をシェアしていかねば
ならない」
 CHO 「武漢に到着したが、PCR検査で陽性者が出たから
入れず、リモート作業する」
1/19 CHOロシア代表 「ワクチンはチャイナウイルスに対する勝利を
確証するものではない」 
1/19 CHO独立委員会 「チャイナウイルスの各国の対応を
検証したがシナの初期対応は遅れがあった
シナの保健当局は去年1月時点で、より強力な公衆衛生上の
措置を取れたはず
またCHOについて、期待されている仕事を行う能力や権限が
不足していて、たな感染症の検証などが自由にできていない
CHOが去年1/22まで緊急委員会を開催せず
公衆衛生上の緊急事態宣言を去年1/30まで先送りした事を
疑問視している」 
1/30 CHO 「パンデミックがシナで始まったと判断するのは時期尚早」
シナ 「ウイルスが冷凍食品に付着して国外から持ち込まれてる」

1/30 CHO 「よしよしヾ(・ω・`)意向は尊重する形で調査する」
 シナ 「CHO調査団チョロイ・・・アル」 
2/1 CHO調査団改めCHOツアーズ 「武漢ツアーは有益だった」
2/2 ワクチンの選択肢が広がっているにもかかわらず、現在の製造能力では
世界が必要とする量のうちわずかしか満たしていない。世界人口の大半を
ワクチン未接種のまま放置すれば、感染や死亡、ロックダウン(都市封鎖)の
痛みが継続するばかりか、保護されない人々の間にウイルスがまん延し続け、
新たな突然変異が生じる
 海外 「お前は接種したのか?」 → 未確認・・・
2/6 CHOツアーズ 「武漢の調査終了!行きたい場所へ全て行けた。会いたい
人には全て会えた」 
2/9 CHO側専門家 「実験室の事故でウイルス流出が引き起こされた可能性は
極めて低い。輸入食品などについてさらに研究する」 
 CHO顧問メツル氏 「調査自体は、非常に短いものでした
まず2週間は隔離され、そして2週間の打ち合わせがありました。しかし実際の調査は
チャイナ当局によって実施されたのです。その為、CHOツアーズは、基本的に
チャイナの政府関係者たちから報告書を受け取っていただけでした・・・
そして、私の意見では、チャイナウイルスが発生した4通りの可能性があると彼らが
大筋を描いたことは大失敗です。1つ目は、コウモリから直接ヒトへ。2つ目は
コウモリから中間宿主の動物を経て。3つ目は、他の場所から貨物もしくは何らかの
冷凍食品を経て。そして4つ目は、研究所での事故による漏洩です」
2/11 CHO 「日本の3種類のチャイナウイルス変異種が逃避変異が起きている」
 CHOツアーズオージードミニク・ワイヤー氏 「チャイナウイルスは、シナから
始まったと思う」 
 CHO 「新たな菌株が広がる国には、アストラゼネカのワクチン推奨」
→ 海外・日本人 「やっぱり、打てないな。打てない」
2/12 CHOツアーズ 「シナよ。感染拡大初期に感染した患者の個別の生データ提供を
要求する」 → シナ 「拒否するアル」
2/16  CHO 「シモチョン製チャイナウイルスワクチンをCOVAX経由で途上国に供給
することを正式承認した」
2/18 CHOツアーズピーター・ベン・エンバレク 「チャイナウイルス(武漢肺炎、COVID-19)は
実際には2019年12月に既に武漢で広く蔓延していた。武漢での調査中に、シナの
科学者から新型コロナウイルス感染患者174人に関するデータを確認した。これらは
すべて、2019年12月に流行が始まったとき、武漢省武漢市で発生した症例である。
そのうち、100例が臨床検査で確認され、他の74例は患者の症状に基づいた臨床的
判断で確認された。
約15%の患者に重度の症状が出ていることから、その時点で感染した人は1,000人を
超えたと推測できる。また、2019年12月に武漢で新型コロナウイルスが発生したとき、
すでに13の異なるウイルス株があった。より多くの患者データを確認できれば、ウイルス
発生の地理的パターンやタイミングについてより多くの手がかりを得ることができる
と考えている」
 CHOツアーズオランダのウイルス学者マリオン・クープマンス 「シナの疾病統計
データベースを全面調査した結果、新型コロナウイルスが蔓延する前に、河南省、
湖北省、湖南省ですでに新型コロナウイルスの症状に似た患者が92人出現していた」
2/21 安心してはいけない ←シナの感染者数大幅減で、ゼロだったのに。公表して
おかしい
2/27 発言の逆の行動をすれば世界の英雄になっていた ←皮肉らし余裕?
3/2 感染者は増加しているが驚くべきことではない。ワクチンだけに頼るなら
その国は間違いを犯している → 海外 「お前が拡散しといて・・・」
3/10 CHO 「イギリスの変異種は、1週間で5カ国で確認され、計111ヶ国に達した」
3/12 CHOマーガレット・ハリス報道官 「ワクチンがもたらす利益は否定的なデータを
上回るから、ワクチンの使用は各国継続してね」 
3/13 CHOマーガレット・ハリス報道官 「ワクチンがもたらす利益は否定的な
データを上回るから、ワクチンの使用は各国継続してね」
3/17 CHO 「このブルターニュ変異株はイギリス型などより懸念が低い
調査中の 変異株と位置付けた」
3/29 土人(128位エチオピエア(68) 「報告書は30日に発表する
全ての仮説はまだテーブルの上にあり、さらなる検証が必要」 → 海外・日本人
 「じゃ、全ては、三峡ダム地下軍事施設でOK?」
3/30 CHOツアーズ 「シナ・武漢でチャイナウイルスの発生源について調査を
行った。CHOツアーズは、ウイルス研究所から流出した可能性は非常に低い
ウイルスはコウモリから別の動物を介して、ヒトに感染した可能性が最も高い」
4/1 CHO 「イベルメクシンは、治療に使用するべきではない
患者2400人を対象に、イベルメクチンをプラセボ(偽薬)や他の医薬品と比較
したランダム化比較試験16件を調査した。現在、イベルメクチンのチャイナ
ウイルスに対する作用機序に関する説得力あるエビデンスが欠けており
観察された臨床的有用性は説明できないと結論を出した」 
4/7 一部の国では、医療従事者やリスクある人達が全くチャイナウイルス
ワクチン接種を受けていないのは滑稽なほどだ byシナロイター → 海外・
日本人 「お前がCHOにいるのが滑稽w」 
4/13 「チャイナウイルスの新規感染者数が7週連続で、また死者数は
すでに1ヶ月にわたって増加している」 → 海外・日本人 「お前のせいだろう」
 CHO 「5〜6月にスプトーニクvを調査する」 
4/14 新たな波は、グローバルな相互関係を基盤に発生する可能性がある
ウイルスの感染拡大速度は速く、その致死率は2009年にパンデミックを起した
H1N1インフルエンザ(豚インフルエンザ)の10倍に相当する 
4/28 CHO 「先週のチャイナウイルス世界新規感染者は、560万人以上」
 米通商代表部、USTR 「WTO加盟国がワクチンの特許権を保護する
規定を適用除外とする案を支持する。タイUSTR代表は声明で「チャイナ
ウイルスパンデミック(感染症の大流行)という特別な状況では特別な政策が
必要だ」 ↓
5/5 新型コロナとの闘いで、記念すべき瞬間だ。特許の放棄の支持は
世界の健康問題に取り組む米国のリーダーシップの強力な例だ。低所得国で
ワクチン接種がほとんど進んでいないことを強く懸念し、特許の放棄を求めていた
 → 国際製薬団体連合会、IFPMA 「米政府の決定に失望した。特許の
放棄は単純だが、複雑な問題に対する間違った答えだ」 
5/10 台湾参加は絶対ない。絶対にだ ←New!
 ↑台湾のCHO総会へのオブザーバー参加について明言した
定期購読記事
[600ptでこのブログを定期購読する(確認画面へ)]
[カテゴリ:Life]
このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]




Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved.