このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
ワクチン開発が主導権争いに
[政治]
2020年5月16日 22時16分の記事

米中対立では遂にコロナワクチン開発競争にまで。ワ-プ・スピード計画(米)などと、中国はいち早く新型コロナワクチンを開発し、各国とりわけ影響を及ばしたい国に配布したいのであろう。本来、ワクチン開発は国際協力により国際協調とすべきところなのだが。

一方日本は、7月には治験の予定という、意外と早くできるとの話で、日本が先んずれば丸く収まるというべきか。

ほんとに、そんなに早く、めどが立つものなのか。

人類が天然痘のワクチンを長い期間の末、牛のウイルスから出る膿を接種する方法で獲得したのは、ほとんど奇跡的で例外的なものであったという。

普通のインフルエンザワクチンのように、強毒化したSARSMarsのは出来ていないではないか。

PCR検査の圧倒的少なさが問題となりそれを補うべき抗原検査キットがこの度承認保険適用となったという。
遅ればせながら、感染状況の把握が可能となる=経済活動再開が見通せる時期が到来するのであろうか。

緊急事態宣言の解除いささか早いようにも思われるが、地方の経済は持たないところへ来ているのも事実だが。

夏場を迎え、湿気と強い紫外線の力を借りて、来るべき第二波への備えができるのであろうか。

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/mb/444645


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved