このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
コロナ第二波前倒し到来に見えるもの
[天災]
2020年8月3日 18時40分の記事

秋の感染シ-ズンを待ってくれなかった新型コロナウイルス感染第二波。それだけ感染力が強い。ただ夏場ということで、やや毒性が抑え気味なのかもしれない。百年に一度という、百年前のスペイン風邪では第二波は死者が急増それは秋冬の感染シ−ズン。

スペイン風邪は億に近い死者を出したがゆえにウイルスも宿主が死んでは増殖できないので遺伝子変異を経て流行を繰り返し抗体に包囲されて普通の風邪のようになって消滅したとされる。

新型コロナウイルスは初期症状を隠し込む遺伝子をそなえ無症状で感染拡大を図るという厄介なものしたがって急激に重症化するように見える。

ウイルスにとって増殖するためには死者は少なくなるように突然変異する可能性があるというが治療法や医療体制の遅れるうちは死者が急増することはさけられない。

スペイン風邪が地球規模で感染し尽くし殺し尽くして収束していったように、新型ウイルスが一朝一夕に収まることは無理というものだろう。自然の感染猛威に対応する科学の力量治療薬ワクチンも限りあるものと言わねばならないだろう。

近々のうちにオリンピックを開いてなど面子をかけてやるべくもない。長い戦いとなる予兆がある。

わが身を守り社会を守り、自らを省み社会・政治を省み、ウイズコロナの時代に処していかねばならない心構えが求められている。

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/mb/447903


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved