このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
首相辞任に見る政局の動向
[政治]
2021年9月4日 8時0分の記事

菅総理が自民党総裁選に出場しないと突如発表し安倍菅政権の幕引きとなった。戦後最長の政権に終わりを告げたもの。強権一党支配の最大の原因は野党政治の失敗と低迷にあったというものの。相次ぐ金権腐敗官僚忖度改竄森友加計桜と、コロナ対策の失敗にあったというべきで五輪が政権浮揚でなくマイナスとなりいわば自壊した。

自民党総裁選がどれだけ自民党内を固め、政党政治の常道として自民党支持層に波及するかだ。選挙の顔。

くれぐれも野党諸君がこれを好機ととらえ批判の声をいくら高めても、好機とはならない。

政権を担う対立軸を提示(小選挙区全てに野党候補者を立てないようでは話にもならない)。

政策提案、日本をどちらに導くか、未だシヤ−プとは言えない。優秀な参謀。心ある国民に聴く。

新型コロナ感染対策、治療対策、感染が始まって一年以上たっても世界でベッド数が最高を誇る国が入院できず自宅での死亡が後を絶たない。これを解決すべき法整備予算をつける。コロナ禍の困窮者救済。

経済はそのあとという順番に。やはり二兎を追う者は一兎をも得ずとならぬためである。

野党の人材が乏しく自民党に大きく差をつけられているとは言え、
そこを承知の上、自民党政治(既得権益政治)では日本の将来が危ういこと、国民の協力を求めることに尽きるであろう。










【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/mb/463547


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved