ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2011年11月27日 15時58分
危機はハンガリ−、ドイツにまで
 
一時期危機にあったハンガリ−は立ち直りつつあったがついにIMFに援助要請となった。一方ドイツ・・・
[続きを読む]
[カテゴリ:世界経済] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2011年11月20日 15時38分
ギリシャの次はイタリア・スペイン危機・・・
 
止まるところを知らない欧州経済危機・・・緊縮財政で対応しようとして、生活水準を下げることは並大抵でない。そもそもEU統合による恩恵が大きかったことの反動が・・・
[続きを読む]
[カテゴリ:世界経済] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2011年11月6日 11時46分
ギリシャの国民投票は回避
 
ヨ−ロッパ経済危機からの回避に水をさすところだった。独仏の圧力によって大連立内閣の誕生となった。考えれば・・・
[続きを読む]
[カテゴリ:世界経済] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2011年9月23日 21時58分
世界経済危機からの脱出
 
どうやって危機から脱出するか、或いは危機を減らすかだ。どの要因がプラスに働くか、開発途上国の景気上昇要因、中国もまもなく停滞がくるであろう。いずれにしても根本的改善は痛みを伴うと言うことだ・・・そうであれば個々の不自由・量的不足は我慢しなければ・・・
[続きを読む]
[カテゴリ:世界経済] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2011年9月13日 20時41分
ギリシャは見放されたか
 
ギリシャがなぜダメなのかは、政府が粉飾決算するようになったからであったが。歳出カットをいくらやっても、増税しても、すでに経済(人)が傷がついていた・・・
[続きを読む]
[カテゴリ:世界経済] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2011年8月9日 21時18分
世界同時株安の背景
 
確かにアメリカの信用不安が最大の引き金になっている。ヨ−ロッパを包む先行き不透明感もそれに加わっている。その反面としての超円高だ・・・
[続きを読む]
[カテゴリ:世界経済] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2011年8月1日 21時33分
それでも円が高い理由
 
アメリカの債務不履行が回避されたとして、あと二日で本当に出来るのか、その疑念と、減らない財政赤字が、容易に通貨情勢が転換しない理由が・・・
[続きを読む]
[カテゴリ:世界経済] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2011年7月27日 22時0分
アメリカの債務不履行が囁かれ
 
アメリカの借金はこれ以上できないと議会でもめているなか、米国債の引き下げAaaの引き下げが準備され、反面で日本円高が続いている・・・
[続きを読む]
[カテゴリ:世界経済] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2010年10月24日 13時48分
ヨ−ロッパでは失業高・財政ひっぱく
 
ギリシャの財政危機はもとより、ヨ−ロッパのフランス・イギリスなども5%を超える10%もの高い失業率・財政逼迫による公務員削減・年金削減と・・・
[続きを読む]
[カテゴリ:世界経済] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2010年10月13日 21時49分
日本の後追う中国
 
あの人口爆発を招来したのは毛沢東の「生めよ増やせよ」政策で、その反動が一人っ子政策だ。そのひずみは超超高齢化社会を生み出そうとしている。ということは・・・
[続きを読む]
[カテゴリ:世界経済] [コメント (0)] [トラックバック (0)]





 前の10件 次の10件


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved