このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
『モーソー1号』7
[『モーソー1号』]
2009年2月17日 18時36分の記事



これまた何週間かぶりにお目に掛かります、ノッカでございます(#´∀`#)ノシ

バレンタイン過ぎちゃいましたねぇ、チョコレート三昧の日々もそろそろ潮時のようです(笑)
自慢じゃないけど、ノッカはクラスの女子には全員友チョコ作って渡しました!
仲のいい先生とかにもあげて、ホワイトデーに期待・・・・♪
でも、彼に悪いので男子には一人もあげませんでした。ごめんなさい(・ェ・`;)
(ちなみに、彼にはちゃんと土曜日に渡しましたw)

今日はズバット・・・・また擬人化が面倒なマイナーポケモン;;;
前髪を一部あえて白くした部分は牙です!・・・一応

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せください


〜私の小説〜
『モーソー1号』7

4.ワライとナミダの種類

 朝なのかな? 夜なのかな? はっきりした時間のまとまりがない窓からの景色。あたしは今目が覚めたけど、外は薄暗い。かと思ったら、ほのかに太陽の光が現れ出す。あたしは今が朝だとも夜だとも思っていないけど、窓の向こうを見るだけで、気持ちは変化し続ける。
 またお決まりの急停車。モーソー1号はワライ駅に止まった。扉が開くと同時に、一人の女の子が乗り込んできた。
 「こんにちは」
 「こんにちは、太陽が笑ってるね!」
 変な子だ。でも、あまりにも万弁の笑みを浮かべて言うから、確かになって思っちゃった。
 「あなたはだあれ?」
 あたしは訊いた。
 「あたいは笑顔だよ」
 また笑いながら彼女が言う。本当に素敵な笑顔だ。「さすが本物」としか言いようがない。
 「あなたはアタシさんでしょ?」
 「うん」
 あどけない微笑みに答えようとするあたし。顔が引きつって上手く笑えない。
 「あ! 作り笑いだあ」
 女の子が急に声を張り上げたから、あたしの微笑みはあっというまに崩れた。
 「笑顔にも、たくさんあるんだよ? あたいは全部知ってるんだからね」
 ツインテールに結った柔らかい髪が笑顔の横で揺れている。この子の笑顔は常に本物で、作り笑いではないんだろうなぁ。
 「確かに、いろんな種類があるよね」
 あたしがそう言った時、また電車が止まった。そこはナミダ駅だった。
 そして、もう一人、今度は目をこすりながら泣いている男の子が入ってきた。
 「こんにちは、どうして泣いてるの?」
 「おいら、泣き顔なんだ。もともと泣いた顔をしてるだけだよ」
 なんだか困った。もともとそんな顔と言われても、ちっちゃな子が目の前で泣いてるなんて、とてもじゃないけど耐えがたい。
 あたしの真ん前に座る二人。正反対の表情でちょっと面白い。
 「そういえば、泣き顔にもいろんな種類がありそうだね」
 「うん、たっくさんあるよ。泣きながら笑うこともあるし」
 泣き顔クンが言った。
 「笑いながら泣くこともあるよ」
 付け加えるように、笑顔チャンも言った。
 「苦しい時にわざと笑ったりするもんね。でも、楽しいのに泣いちゃうことって無いかも」
 「それはきっと、悲しみと泣き顔がいつも一緒にいるからだと思うよ」
 少年は涙目で立派に答えた。
 「どういうことなの?」
 「作り笑顔は頑張ればいつでもできるけど、作り泣きはいつでもできないでしょ? それは無理やり悲しくなることがあまりないからなんだ。おいらは悲しくなくても泣けるけど、人はみんな、悲しくなくっちゃ涙は流せないと思わない?」
 「そうね、あたしが女優さんでもない限り、嘘泣きって難しそう」



このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/meteoric-shower/65640
くる天
カテゴリ
全て (111)
詩 (12)
『未来からの守護者』 (20)
『モーソー1号』 (9)
アクセス数
総アクセス数: 77253
今日のアクセス: 1
昨日のアクセス: 9
RSS
スライドショー
ランキングバナー
ブログ内検索



Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved