ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
住宅ローンの賢い利用法-ブロくる
住宅ローン さん
住宅ローンの賢い利用法
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:暮らし 住まい
ブログの説明:
住宅ローンは一生で一番大きな借金です。住宅ローンは金額が大きいので、住宅ローンを借りる時は、できるだけ有利な条件で借りたいものです。当ブログでは、住宅ローンを賢く利用するための秘訣を紹介しています。
カテゴリ
全て (10)
住宅ローン (10)
アクセス数
総アクセス数: 7177
今日のアクセス: 0
昨日のアクセス: 8
RSS
2011年12月10日 14時26分
住宅ローン計算と借り換え
 
住宅ローン計算をすると、借り換えの際にとても効果を発揮するということを覚えておいた方がいいでしょう。
それは、住宅ローン計算をするまでもなく、高い固定金利時代にローンを組んだ人は、毎月の返済が苦しくなっているはずだからです。
そんな人は、今のローンから低金利のローンに借り換えることで、毎月の返済額も減り、それは、住宅ローン計算をすれば、すぐにわかります。
住宅ローン計算で、借り換えの検討の必要のあるローンというのは、金利差が1%以上あり、住宅ローンの残りが1000万円以上ある場合です。
もっとも、ローンの残りがこれ以下であっても、金利差が2%ある場合、住宅ローン計算上、借り換えをする意味があります。
そして、返済期間がもっと長い場合においても、借り換えする意義はあるので、住宅ローン計算のシミュレーションで、じっくり検討すると良いでしょう。

住宅ローン計算において、借り換えをするというのは、公的ローンから民間ローンへの借り換え、もしくは、民間ローンの間での借り換えということになります。
コレはどういう意味かと言うと、住宅ローン計算上、公的ローンから公的ローンへ、もしくは、民間ローンから公的ローンへの借り換えはできなくなっているのが現状なのです。
そして、住宅ローン計算上、借り換えをする際は、大きな費用がかかることを認識しなければなりません。
特に返済期間が長く残っている時などは、将来の金利上昇も勘案して、住宅ローン計算でシミュレーションする必要があります。
とにかく、借り換えを検討している人に関しては、金融機関に問合せして、今のローンが本当に軽減されるのかを住宅ローン計算と合わせて、慎重に考えていくことです。
今の時代、金利が安いローンが出来ているので、住宅ローン計算により、借り換えをする人が増えてきています。
また、最初の数年間は低金利で借り入れが出来ていても、優遇期間が終わり、普通の金利になったことにより、金利がどんどん上がる傾向にあります。
住宅ローン計算を自分ですることはとても賢明なのです。
その借り換え手数料というのは、かなり額が大きいので、住宅ローン計算では出てこなかった出費がかさむことになります。
そのため、借り換えをする場合は、住宅ローン計算により、返済シミュレーションで、借り換え後のシミュレレーションも比較して検討することが大事になります。
[カテゴリ:住宅ローン] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2011年12月9日 13時35分
住宅ローン計算でみる返済金額
 
住宅ローン計算では、購入金額に対して頭金を幾らくらい入れるかということが、返済の大きなポイントになります。
そして、借入金額が幾らになるのか、金利は幾らか、ボーナス払いを併用するのか、などの問題が、住宅ローン計算においては、大きくかかわってきます。
自分自身で実際に住宅ローン計算をシミュレーションする方法もありますが、これも知識に乏しい人がやると、案外ややこしいものです。
でも、最近では時代も発達してきて、今なら、簡単に住宅ローン計算をしてくれるツールがたくさんあります。

住宅ローン計算により、ローンを少しでも繰り上げ返済していきたいと思うのは、人情です。
繰り上げ返済は、元金の返済部分に使用されることになるので、利子が減ることになり、住宅ローン計算上においても、とても得する返済方法になります。
そのため、少しずつ貯金をしていけば、住宅ローン計算上において、かなり有利に返済することができます。
つまり、繰り上げ返済により、利息も大幅なカットが期待できるので、とても返済が楽になります。
ただ、繰り上げ返済というのは、ローンを借りた始めのうちに行わないと、住宅ローン計算上では、効果は少ないと言えます。
すなわち、繰り上げ返済のため、何年も貯金して数百万円貯めたとしても、住宅ローン計算上、その間の元金はほとんど減っていないことになるのです。
そうしたことから、住宅ローン計算上では、まとまった金額を繰り上げ返済にまわすより、とにかく早目に繰り上げ返済することが良いということになります。
ボーナスを返済にあてる人も多いのですが、ボーナスは必ずもらえるものではないので、住宅ローン計算に入れるのは、止めた方がいいでしょう。
不景気でボーナスの金額も減る場合もあるので、住宅ローン計算で、それを入れて試算するのは厳しいかもしれません。
そのことから、住宅ローン計算上においては、ボーナスからの返済分はなしにする方が賢明でしょう。
[カテゴリ:住宅ローン] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2011年12月8日 15時26分
住宅ローン計算での金利計算
 
住宅ローン提供サイトでは、ほとんど住宅ローン計算のためのシミュレーターが設置されています。
もちろん、住宅ローン計算のためのシミュレーターでは、金利予測というのは難しいものです。
しかすし、住宅ローン計算の中の単なる金利計算については、個人の能力とは関係ないので、誰でもすることができます。
そうした住宅ローン計算の金利計算ができるということは、住宅ローンの質を見極められる時代になったと言っても過言ではありません。
そうすれば、住宅ローン計算で、毎月の返済額、総返済額、そして総支払利息などが、すぐにわかるようになっています。
要するに、昔は住宅ローン計算がわかり辛かったので、金利計算などはできにくかったわけです。
銀行との相談や交渉に際して、住宅ローン計算のための金利計算を事前にできるかどうかというのは、かなり大きな違いが出てきます。
事前に、住宅ローン計算により、金利を把握しておけば、銀行の都合のいいアピールに騙されることなく、自分で明確に拒否することができるわけです。
そして、住宅ローン計算で、金利計算の結果を知ることができれば、最終的に支払う利息額を知ることもできます。
借入額3,000万円で返済期間が30年の場合、住宅ローン計算で金利計算すると、利息3%と4%では、大きく違いがあり、その差は約600万円にもなります。
すなわち、これは銀行の利益になるわけで、住宅ローン計算の金利計算では、銀行の利益を計算することもできるのです。

住宅ローン計算では、利息の支払いをできる限り抑えることが、金利計算によって可能になるわけです。
何と言っても、住宅ローン計算で金利計算する場合、ほとんどの人は、住宅ローンを組むことになります。
住宅ローン商品によって金利は様々なので、住宅ローン計算により、長期にわたって返済する計画を賢く立てていくことが重要になります。
[カテゴリ:住宅ローン] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2011年12月7日 13時35分
住宅ローン計算式
 
住宅ローン計算においては、様々な計算式が使われることになっています。
ちょっと見るだけでは住宅ローン計算式はとても難しいものですが、よく知っておくことが大事です。
利息は元本の存続期間に応じ日割計算されるので、住宅ローン計算式においては、よく認識しておく必要があります。
日歩は、100円に対する1日の利息の割合を示し、1日当たり何銭の割合による利息を払うかを意味していて、住宅ローン計算式では、必須になります。
そして、月利は1月当たりの利息のことで、年利は1年当たりの利息を意味するということを 住宅ローン計算式を利用する場合には、覚えておかなくてはなりません。
年利を月利に換算する時は、当然ですが、住宅ローン計算式では、年利を12で割って計算します。
そして、住宅ローン計算式においては、利率の換算を知らなければなりませんが、年利7.3%の場合は、日歩に換算すると、0.02%となります。
そして、月利に換算すると0.6%、年利に換算すると住宅ローン計算式では、109.5%となります。

住宅ローン計算式での利息の計算方法ですが、それには、その区分として,単利と複利があります。
単利というのは、住宅ローン計算式においては、元金に対してのみ利息を支払うというものを指しています。
元金、利率、利用期間が住宅ローン計算式の重要な要素であることに違いはなくこれさえわかれば、計算ができると言ってもいいでしょう。
利息の住宅ローン計算式は、元金 × 利率 × 利用期間ということになり、これで算出できるようになっています。

住宅ローン計算式において、借受金の残債務については、特殊な計算式が用いられることになります。
なお、借受金の返済方式としては、元利均等返済方式,元金均等返済方式,アドオン方式の3つがあり、それぞれに住宅ローン計算式が異なります。
元利均等返済方式というのは、毎回の返済額を均等にした返済方式で、比較的住宅ローン計算がしやすいと言えます。
そして、これは、住宅ローン計算の方法の中では、最も普及した方式と言っていいでしょう。
[カテゴリ:住宅ローン] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2011年12月6日 14時38分
住宅ローン計算ソフトをダウンロード
 
この最新版の住宅ローン計算ソフトをダウンロードをするには、サイトからダウンロードして直接開く方法か、あるいは、デスクトップなどに保存すると良いでしょう。
そして、住宅ローン計算ソフトのダウンロードが終われば、次の段階のインストールに進んでいくことです。
住宅ローン計算ソフトのダウンロードには、まず保存先をデスクトップに指定した方が分かりやすいでしょう。
デスクトップに保存したファイルをマウスでダブルクリックすれば、自動的にインストールが開始されるからです。
もちろん、途中でいくつか質問がありますが、住宅ローン計算ソフトのダウンロードでは、すべて、ハイでOKです。
ただ、初心者の場合、住宅ローン計算ソフトのダウンロードでインストールするフォルダに関しては、変更しない方がいいでしょう。

住宅ローン計算ソフトのインストールが完了すれば、デスクトップにアイコンが作成されるようになっています。
そして、デスクトップに作成されたショートカットをダブルクリックすれば、住宅ローン計算ソフトが起動するようになっています。
あるいは、スタートメニューのプログラムの中に住宅ローン計算ソフトが作成されているので、そこから実行しても大丈夫です。
フリーソフトの住宅ローン計算ソフトは、大抵がエクセル依存になっていますが、中にはエクセルに依存しないで簡単にダウンロードできるものもあります。
固定金利と変動金利の比較は、まだ不完全なものですが、フリーの住宅ローン計算ソフトはとても便利です。
住宅ローン計算のソフトをダウンロードして利用すれば、あっという間に計算をすることができます。
そして、元金均等返済、元利均等返済の両方を住宅ローン計算のソフトがサポートしてくれます。

住宅ローン計算ソフトをダウンロードして、特約金利の設定ができればほぼ、完璧と言えます。
エクセルが慣れている人なら、エクセルの住宅ローン計算ソフトは、自宅でも会社でも、自由に使うことができます。
住宅ローンの借り入れ方法の見直しや、半年賦元金均等償還の計算などができる住宅ローン計算ソフトをダウンロードしておけば、万全です。
[カテゴリ:住宅ローン] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
最近の記事
12/10 14:26 住宅ローン計算と借り換え
12/09 13:35 住宅ローン計算でみる返済金額
12/08 15:26 住宅ローン計算での金利計算
12/07 13:35 住宅ローン計算式
12/06 14:38 住宅ローン計算ソフトをダウンロード
12/05 14:42 住宅ローン計算のシミュレーション
12/04 15:41 住宅ローン計算方法
12/03 16:15 エクセルでの住宅ローン計算
12/02 18:44 住宅ローン計算表
12/01 23:02 住宅ローン計算とは
最近のコメント
コメントはありません。
最近の足跡
足跡はありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved