このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
地球の犯罪者削減メシアとプロ経済選手29411Copyright-ブロくる
無名メシア さん
地球の犯罪者削減メシアとプロ経済選手29411Copyright
地域:千葉県
性別:男性
ジャンル:日記 一般
ブログの説明:
救いにきたで!
カテゴリ
全て (61)
アクセス数
総アクセス数: 1297
今日のアクセス: 2
昨日のアクセス: 48
RSS
救世薬、イベルメクチン
 
2021年11月25日 7時24分の記事





【PR】電話相談システム開発ならイーステム


イベルメクチン:謎めいた多面的な「不思議な」薬は、驚きと期待を超え続けています
https://www.nature.com/articles/ja201711
過去10年間で、世界の科学界は、日本の土壌から発掘された単一の微生物に由来する並外れた薬、イベルメクチンの比類のない価値を認識し始めました。 イベルメクチンの研究により、東京の名門北里研究所の発見者である大村智が、2014年のGairdner Global HealthAwardと2015年のノーベル生理学・医学賞を受賞しました。 Merck&Co。IncorporatedのWilliam Campbell 今日、イベルメクチンは科学者を驚かせ、興奮させ続けており、抗菌剤、抗ウイルス剤、抗癌剤としての予想外の可能性が特に並外れており、さまざまな疾患を治療することで世界の公衆衛生の改善に役立つ可能性をますます提供しています。

情報感謝。ということで、イベルメクチンは、「コロナ前」から「いろんな病気に効く薬」として世界の注目を集めていたわけで、Natureの記事にもなっている。実際、イベルメクチンでコロナ以外の病気も治ったという報告は多々ある。感染症全般。花粉症。皮膚病。癌。うつ病。この薬が広く使用されるようになると、おおよそ、人類を悩ませる病気の多くが解消してしまうのではないか?裏社会には、非常に不都合な事態ではないのか?彼らが長年作り出してきたウイルス兵器、生物兵器が無力化されてしまう。つまり、イベルメクチンは、第3次世界大戦を我々の側の勝利に導いてくれる秘密兵器でもあったのだ。ハザール大富豪たちを中空に吊るす日は近い。そして、人類は、再生の一歩を踏み出す。

↓「イベルメクチン絶大効果」を投稿いただきました。

HW様
11月20日(土) 12:07
こんにちは。
ワクチンは未接種ですが、シェディング対策で、10月中旬にイベルメクチンを送っていただき、すぐに1錠飲みました。11月中旬にも1錠飲みました。自分は一年以上胃腸の調子を崩していたのですが、なぜか胃腸の調子が元通りになり、その他にも、メンタル、肌の湿疹やかゆみ、歯茎の炎症、爪水虫等、あらゆる症状が良くなりました。ワクチン2回接種済みの母親には、風邪を引いたこともあり、これまで計4錠飲ませました。少し前には、生きる気力がなくなったなど、うつ的な発言をしていたのですが(おかげでワクチンを疑うようにはなりましたが)、今は山登りを楽しみ、次はどの山に登ろうかと考えられるようになりました。本当に不思議な薬で、自分は200錠ほど、母も40錠以上持っています。コシミズさんには本当に感謝しています。動画も毎回拝見しています。今は周囲に3回目の接種をしないよう呼び掛けています。次世代の子供のために出来ることを考えてやっていきたいと思います。

東京都K区IT様
初めて📱させて頂きます。私74歳、息子49歳の親子です。息子の勧めで昨年5月より先生の動画をずっと拝聴させて頂いております。いつも貴重な情報を有難うございます。先日私が風邪をひき喉が物凄く痛く熱も出て来ました。ワク接種してないので医者に行きたくなく、先生推奨のIVMを初めて1錠飲んだらあれ程辛かった体が翌日にはウソの様に良くなっていました。喉も翌々日には治っていました。因みにIVMは9月に購入しておいた物です。驚くべきIVMの効果、副作用も無くすぐに平常に戻れました。身をもって経験しましたので、先生に是非ご報告したく📱致しました。本当に有難うございました。これからも宜しくお願い致します。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/mumeimesia/466804

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved