このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
地球の犯罪者削減条約メシアとプロ経済選手29411Copyright-ブロくる
無名メシア さん
地球の犯罪者削減条約メシアとプロ経済選手29411Copyright
地域:千葉県
性別:男性
ジャンル:日記 一般
ブログの説明:
救いにきたで!
カテゴリ
全て (363)
アクセス数
総アクセス数: 9721
今日のアクセス: 16
昨日のアクセス: 72
RSS
2022年5月5日 手を差し伸べる、これについて考えてみた、
 
2022年5月15日 7時53分の記事

【PR】Licom高画質ライブ配信・通話システム


2021年〜今年の1月までの話ね
チームメシアが救おうとしたが結果は出なかった。
無駄ではないと思う
今、評価されなくても、未来のどこかで、明日、50年後、300年後の世代のものには役に立つかもしれない。
手を差し伸べた事がリアルタイムで評価されなくとも労われなくとも、
やることやっとけ、という事。
冷国人にとって最高な無知とは?、「なにもしない人」
なにかをして結果がなくても、する、が大事。
どこかで反映されるかもしれない、無駄に終わるかもしれない、それは分からない、

チームメシア2021年〜今年の1月の、この期間は無駄ではなかったと思う
明日反映されるかも、1週間後反映されるかも、半月以内に反映、一か月以内に反映されるかもしれない、
手を差し伸べるという事しなければ、なにも起きない、
助けれらなくてもやれるだけする。どこかで奇跡が起こるかもしれない、

どんなにツラい状況でも、「なにかする」
とにかく何でもいいからなにかする、それがどこかで奇跡を起こす。かもしれない。
なにもしなけりゃ、「無なんです」「無なんです」なにも生み出せない、きっかけもない

無限に手を差し伸べる事は出来ない、期間限定で、1年、
結果は出せませんでしたが、なにかこれから起きるかもしれない、

犯罪者見てごらん、なにも生み出さない、人から脛盗んでるだけで、

例えば、、蛆虫、
汚いトコロから生まれる。

人のやりたくない事をする、汚い仕事でもする、
思考停止でやってはならぬ、考えながら、RK理論で脳細胞のウォーミングアップ、今は汚い仕事で辛抱、、

極端な例えで、見た目は蛆虫、中身はメシア、
見た目は蛆虫だから、うっわー、きったーねー、で犯罪者もさける、
うっわー、ばっちー、と言われてる内に、日本を救う、
見た目は汚物でも中身はメシアだから、

底辺と言われてもね、ナニクソー精神で生み出せばいんです
日本を救う、アイデア商品、ホームラン商品、見返してやればいい

底辺と笑ったものは、底辺に近寄れませんから、
せっかく底辺というコーティングしてくれたんだから、底辺の内にやっちゃえばいんです。

底辺って別に、何も生み出せない人の事を言ってるわけじゃない、旧評価基準の上にどれだけいるんですか戦える人が、一人もいない、今は。

底辺、底辺と連呼して、何もしないように洗脳してるんです。
罠です、

底辺と便所履物攻撃は同じ
底辺=あなたが努力して得た能力がおっかないです
便所=あなたが努力して得た能力がおっかないです

生み出す表現したいが、わざわざ底辺と笑って、努力をさせない、能力を罵り合いに使って、結局なにも形に出来ないようにさせる


どっかで書いたかな
プロスポーツ選手がクビになって、次の道どうしようか
無知時代は、自分のごはんのために仕事する、
真実に目覚めたら、日本のため、公のため、国民のため、全体のために、自分はどうするべきかで仕事をする、途中は方向が定まらなくても、あ、自分の進むべき方向が見えてくる、

例えば、小さい会社で仕事してるとします、自分の望んだ仕事でないが、
大きくしくしてやろう、
無知でね、自分の会社を大きくしようって、凄いツラい
だが
真実に目覚めて、自分の会社を大きくしてやろうは、全然違う結果をうむ、思考機序が生まれる、思考機序増設。無知だったらこんな事考えないような事がひらめいたりする。

真実に目覚めると、思考のブレーキが無くなる、好きなように考え、好きなようにやれるようになる、思考のリミッター解除

これは分からない、分かんなけども
日本のチームメシアが、国民を救いたい、人類を救いたいで、国民の解毒には反映されなかったが、「努力と思いが届いて、人智をこえた援護で」プーチンさんの電撃空爆になったのかもしれない。
だから、なにかしとけ、

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/mumeimesia/473189

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved