このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
ツカモト トモコ さん
彼女が欲しいプレゼント
地域:群馬県
性別:男性
ジャンル:仕事 アルバイト
ブログの説明:
彼女が欲しいプレゼント
カテゴリ
全て (2)
アクセス数
総アクセス数: 147
今日のアクセス: 2
昨日のアクセス: 0
RSS
あんずの花のほのかな雨が春風を添える
 
2020年6月15日 17時16分の記事



あんずの花のほのかな雨が春風を添える


【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。



仏の目に見える光、一輪の花の美しさ、一幅の花の香り。 森密な古木は陰をなし、下手な質素な帆を振り、一本の杖やアカザが、半隠にして石橋の両側の杏の花に横に開いていた。 質素さとふつうさが全く違うところに、空っぽの境地がある。

空は色、色は空? 出家した人は皆空ではないか。なぜこうも美しい生活の色を目にしているのか。夕暮れの物悲しさも、荒野の寂しさも見られない。 あれは、雨の杏の花は、夏の雨の空の晴れた霞、心は、生活の爱は、私はこの先輩の思想に参るように、自然はいつもそんなにの美しいです。この文字はこんなに簡単で静かで、私にあの翻訳の大家を思わせて、鳩摩羅什、彼の訳した経典は華麗な疑いを浮べていませんが、しかし1面の空で、行間に空虚と超然を貫いています。 今、花を借りて花を読んでいると、志南和尚の夢のような物見の言葉が感じられる。

志南もこの小川の流れをうらやましく思っていたのだろうし、この杏花の雨が高く落ちて波打つ哀愁をうらやましく思っていたのだろう。 この志南は牛の年になったのだろう、この風に吹かれた不寒の柳が、ほのかに苦い香りを立てているのを見てごらん。 四囲に囲まれた家、郭の楊柳、そして緑の草原で美しい景色を楽しみながら草を食べている老牛、にこにこしながら遊ぶ牧童、世俗の生活が彼のあらゆる面に影響を与えている。 詩文には一种の精神性がある。花の眠ろうとなよなよし、平凡で人の心を揺さぶる。

私は思うに、外の塵の壁の内側の壁の外はいつも1粒の執着心の、あるいは精進して修業に精進して、あるいは悟りと超脱して、いつも生活の中から知恵を汲み取ります。 一度の春の雪は長続きしない,一瞬のうちに新春の太陽の光が一面に降り注ぐ。 雪の国、春のつぼみは、降りしきる春の中でしきりに散る。 雨の付いた梨花の凛とした白い花とは違って、杏の花は女性のエラに思いを馳せて、複雑で微妙な美しさを感じる。志南には鳩摩羅什のおおらかさや偉大さはなかったのかもしれない。妻帯して二度子供をもうけてもなお仏性の明るさを期待していた。訳した経典には雪の花が肌を潤し、梅を隠す春松の生気が感じられた。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/opwweo582/445881
最近の記事
07/28 17:15 一世の心清き蓮の如しを許してくれた
06/15 17:16 あんずの花のほのかな雨が春風を添える
最近のコメント
コメントはありません。
最近の足跡
足跡はありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved