このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
どこまできれいにしてもらえる?ビル清掃の業務範囲
 
2018年9月1日 13時19分の記事



ビルの環境維持に欠かせないのがビル清掃です。
ビルメンテナンスの中でも正装は特に重要な仕事であり、清掃が行き届いていないとそれだけでビルの印象は悪くなっています。

ビル清掃は一般的には専門の業者に委託するものですが、いったいどこまでの清掃を請け負ってくれるのでしょうか?
ビルのフロアは一般的な清掃範囲に含まれます。
清掃業者は専門の作業機械を用いてフロアをピカピカに磨き上げます。フロア正装は単に見た目の美しさや清潔さだけではなく滑りにくい床を維持することで安全性を高める効果も持っています。
汚れやほこりで滑った人がケガをしてしまっては一大事ですから、ビルのフロアは常にきれいな状態を保っておかなくてはいけません。
ビルの壁も清掃範囲内です。
フロアと同時に壁面正装も行われますが、フロアに比べると壁面正装の方が頻度は低いのが一般的です。
壁面だけでなくドアや手すりなども清掃が行われます。

ビル内の備品に関しても清掃してもらえます。
灰皿や案内板などビル内にはいろいろな備品が置かれているものですが、定期的に清掃が行われることで美しい状態が維持されるとともに本来の性能を正しく発揮することができます。
窓ガラス正装に関しては、一般的なビル清掃とは別に契約が行われることが多いです。
窓ガラス正装は特殊な設備や技術が必要になるため、オプションとして別建てのコースを用意している業者が主流です。
もちろん希望に応じて適時正装してもらえますから、汚れのないピカピカのガラスでビルを清潔に保つことが可能です。

【PR】電話相談システム開発ならイーステム



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。


◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/passport/414715
くる天
カレンダー
<<2018年09月>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
ブログ内検索

RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
JavaScript


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved