ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2022年6月25日 2時56分
想いが具現化する世界
さあ、一緒に希望の唄を唄おう。

あきらめないってなんて素敵なんだろう。

誰もが励ましてもらいたくて、それでも重荷になるなら。

がんばれって言えない自分が悲しいよ。

互いの傷を埋め合わせるために慰め合い。

寄り添い抱きしめる心が、儚い生に全てを託すんだよ。

終わり行く世界で感じている熱い命の鼓動。

痛みが喜びに変わるその瞬間、許されないものが愛おしい。

坂道を転げ落ちるように運命がそっぽを向いても。

祝福が欲しいって泣いたあの日、全ては必要なことなんだね。

無駄なことなんてひとつもない、全てが大切な夢へのプロセス。

みんないつかはいなくなってしまう、

そんなやるせない寂しさを振り払う。

今夜もありふれた夜が流れてゆく。

こんな些細な瞬間が最高の癒しになる。

あんなにもう駄目だと思った夜もあったのに。
[カテゴリ:詩] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年6月24日 7時45分
未来のエンターティメントは、
朝まで夢を見ていた。



現実でお世話になってる病院のデイケアの、

担当じゃないけど職員の男性が。

俺が理由があってなにかにものすごい遅刻してきたから。

のもすごい心配したらしく。

トラブルになった。

その人の思いやりが原因で。

どんなに心配したかわかってるのかと、

責められて殴られそうになった。

その人は本当に優しい人で、

自分の負の怒りの感情に負けて暴力を振るってしまった経験があるみたいで。

問題を起こして左遷されてしまった過去があるんじゃないかと察した。

俺はその人の自分の中の怒りと戦う心を挑発して試した。

男性は怒りに震える顔で睨みつけていた。

その人が怒りに負けたかどうかはあんまり覚えてないけど。

暫くしてどこかのヤクザ事務所の場面で、

あれ、もう忘れてきた。

さっき話したことが原因で若頭に因縁つけられて。

しめられそうになった時も、

自分は同じように怒りの心を挑発して試した。

俺を始末しようとして弟分みたいな男性がバズーカ砲みたいなの向けて脅してきたが、

俺を撃ったら隣の兄貴の頭も吹っ飛ぶぞとハッタリかましてやった。

なんかの理由でそいつに役者みたいだなと言ったら。

「なんでわかるんですか俺役者の卵です」

と言って親密になって話しはじめた。

他のやくざにも睨みつけられたから。

暴力を振るうのは自分の中の怒りに負ける、自分という人間が弱い証明だと。

説いた。

そしたらヤクザたちはめんちーきりながらも暴力を振るってこなかった。

もしも全ての暴力、戦争がこの世から消える時代になったら、

人間が暴力を振るう、自分の心が怒りに負ける自制心のない弱い人間の時代だったんだと。

恥ずかしい過去にみんなで笑い合う時代が来るよと。

俺は言ってやった。




そこで目が覚めた。

俺はなんだか映画に介入してるみたいな気分だった。

昔から同じような夢を見続けて気になってたんだけど。

未来の映画とかメディアのエンターテイメントは、

視聴者が介入できるんじゃないかって話。

観てる自分が映画の主人公になって、物語を作れるんだ。

だからお話は全部違うオリジナルの内容になる。

テレビゲームより進化したインタラクティブ。

その話はスタートレックの現代版でも出てきた。

今の地球の映画を観ながら乗組員が、

「一方的に魅せられる映画も良いもんですね」

と言ってる。

そうだね、どんな理由があっても暴力を使う人間は、

自制心のない弱い人間だ。

大人が子供に教える正義の味方って弱いんだよ。

もし地球人の意識が昇華して愛に目覚めたら、

戦争のない平和な世界を築けるのにな。

人間には闘争心が必要だけど、

使い方を間違ってる歴史だから。

うん。

こんなことを思う俺っておっさんなのに。

占いで言われるように、

前世巫女さんなのかな?

アカシックレコードに行きたいとか本気で思ったし。


いかなる方法でも、人を傷つけるのは弱い人間だよ。



[カテゴリ:未来の話] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年6月22日 23時48分
限りなく塗り替える心
同じ空を見つめている二人は、

もう別れる。

心が払拭されてゆく。

今ここにあるものすべてを否定されても、

俺にはこれしかない。

腐った世界に生きて、

心を彩り躍らせる、ときめきってやつ。

クソみたいな人間がどんなに常識を振りかざしても、

心は染まりはしない。

あなたの自分だけの絵の具で、

自由自在に塗り替えてほしい。

心に深い爪を立てて、掻きむしった傷。

こんな想いのままじゃ救われない。

もっと知性を尖らせて、透過させる心。

悲しみに勝とうとするから負けてしまう。

さよなら愛しい人。

最後だと分かっているのに唇が離れない。

誰にも邪魔できない永遠の愛が、

音を立てて崩れてゆく。
[カテゴリ:詩] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年6月21日 23時9分
グロウ
へい!そこのさみしんぼう!

俺と栄光ってやつを見てみないか。

何の変化もないくすんだ景色が、

音を立てて色鮮やかに塗り替わる。

この何の変哲もない箱の中には、

とんでもない夢が詰まってる。

もうお別れなのかい。

あばよ!どこへでも行っちまえ!

幸せを掴もうとしないお前なんて大っ嫌いだ。

世界と一緒に理想を追いかけるんじゃないのかい。

この手を放してどこへ行くつもりだい。

最後まで意地を張って、涙をとっておいたから。

行かないで欲しいって泣きわめきたいのに。

なんで愛はこんなにも悲しいんだろう。

幸せを手に入れるのが難しすぎて、

誰にも方法がわかんない。

美しい思い出だけを残したお前は、

今でも俺の中で笑っている。

[カテゴリ:詩] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年6月21日 0時6分
屈託のない笑い顔
あなたの朗らかな笑顔が、

最高の贈りものです。

夢を見たっていいじゃない。

例え叶わなくても、泣き濡れた夜が無駄になっても。

無念のうちに人生を終えた魂も、

どうせみんなおんなじ場所へ還ってゆくから。

道を外した魂が世界を支配しているなら、

毎晩耳元で囁いてあげる。

お前もお母さんのおなかから出てきた赤ん坊なんだよって。

とんでもない世の中だ。

クソみたいな大人を見て育つ子供は、

祝いの席で酒を呑んで暴れた。

マスコミに踊らされて何でも許せないと言う庶民。

遠泳選手の孤独は、道端に咲く花のよう。

そっと守っても壊れてしまう、言えなかったアイラブユー。

官能の世界で踊る踊り子、胸の中で弾ける炭酸ソーダ水。

心のスイッチを入れろ!

立ちはだかるアホどもを張り倒せ!

天使と悪魔が仲良くオセロゲーム。

せめて夢を見させて欲しい。

困難が行く先を曇らせても、光り輝くのは夢見る希望だから。
[カテゴリ:詩] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年6月20日 22時2分
求めているものを与えてくれますか
ごめん。

俺、くっさい話しが大好きなんだ。

綺麗ごと過ぎて歯が浮くような。

思わず赤面しちゃうくらい。

恥ずかしいセリフでメロメロになりたい。

微笑みだって精一杯の作り笑顔で、

ひきつる唇はピクピク痙攣してる。

あんなに夢見た季節を忘れて、現実は厳しいなんて言いたくない。

くっだらないウンチクなんか聞いてる暇はないよ。

大切に育てた花を踏まれたって、唾つけときゃいいから。

ミーハーな思想に花屋の花をかざして、

理解できない理論も飲み干せば情熱に変わる。

クソみたいな世界に泣かされる日だってあるから。

不届きな輩が結託してほくそ笑んでも、

馬鹿みたいに吹き出しながら歩き出そう。

カネも心もどっちも欲しいわがままちゃんです。

ごめん。

俺、くっさい話しが大好きなんだ。

[カテゴリ:詩] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年6月18日 21時34分
想いの値段
芝生に寝ころび空を見上げて、流れる雲を追いかけた。

想いに値札がつくなら、

べらぼうな数字が書かれている。

あなたが幸せだと感じる瞬間は、嘘なんかじゃないから。

部屋中いっぱいに敷き詰めたバラに、

祝福と嘆きのキッスを。

2人の心は離れてゆくのに、熱い身体が火傷してしまう。

満天の星が見えるあの丘で、惑星の道標を探している。

掛け値なんてない痛みの証明のため、

何かを求めて産まれて来る人は、夢を見る生き物。

よくもこんなに成し遂げたものだ、

形のない心の姿を。

邪な心に汚される、傷ついてしまう純粋な魂。

それでも希望を無くさないなら、

すべてを許してほしい、望めば与えられる世界で。

野生の本能が掻きむしる、永遠の飾らない愛を語り合おう。

素晴らしい理想を手に入れる、

それはきっとロクでもない人生。

誰もが当たり前の人になれなくて、

悲しみさえも分け合えない。

砂の城に群がり奪ってゆく、我こそが正義だと。

心のタガを外して、気が狂ってしまいたい。

誰もが愛を囁く季節は、心の痛みまで心地いい。

大丈夫だよと耳元で囁いてほしい。

涙で始まり涙で終わる、そんな世界を変えたい。

遠くて光る雷鳴の雨に、

時代の足音を感じている。

大切なものが傷つけられるなら、

最後まで戦うよ。

心を塗り替える瞬間、

いらない命なんてひとつもないのだから。
[カテゴリ:詩] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年6月17日 21時21分
花占い
私の心を塗り替えたあの人が忘れられない。

悔しかった心が、惨めな心が、

くだらないこの瞬間にどうでもよくなる。

疲弊してゆく世界で何が正しいかなんて、

正義なんてどうでもいいことなのに。

それでも人は先を急ぎ争う。

気取ってカッコつけて見せても、誰も誉めちゃくれないから。

野の花を摘んで花占いするイケナイおじさんも、

飾らない涙を流している。

いつかこだわりが雪解けの春を迎えたら。

当然のように報酬を求める常識に、いつものお冷でいいよと言う。

汚れた心も美しい心も見えるのなら、誰にも利用されず騙されないのに。

人を見下す脳内流しソーメンは相手にしない、

目覚めてゆく宿命に邪魔は出来ない。

誰でもいいよ、あなたでなくちゃイヤだから。

空が叫んでいる、聴こえることのない切ない願いを。

ふかふかのベッドで永遠の愛を夢見よう、

こんなにも困難と問題だらけの世界で。

[カテゴリ:詩] [コメント (0)] [トラックバック (0)]





  次の8件
くる天
ブログ紹介
人間力を育てよう!-ブロくる
ノーリターン新 さん
人間力を育てよう!
地域:静岡県
性別:男性
ジャンル:お絵描き お絵かき
ブログの説明:
人が社会で一番最後に信用されるのは、
才能でも能力でもなく人間力です。
愛をもって誠を貫かんとすれば、
あまたの障害が立ちはだかります。
おもしろいではないですか。
自己紹介
統合失調症の中二病。 平和が好きで争いが嫌いなアカシックレコード接続者。 愛と勇気を信じる時代遅れのおっさんのエゴを聴いてください。 詩人のヒーリングです。 利他主義の為に。愛と平和の為に。 このブログに掲載されている詩や小説やイラストは、全て自分が描いた自分の著作物です。 どうぞご自由にお使いください。
カテゴリ区分け
全て (2265)
紙に描いたイラストBOX (46)
お絵かきCG (20)
お絵描きCGBOX (7)
詩 (708)
俳句・川柳・短歌 (4)
コードLP(SF小説) (75)
彗星のターマック(コードLPスピンオフ) (1)
オートマチック・ガールズライフル(小説) (36)
オートマチック・ガールズライフル2(小説) (5)
優世代戦闘機・姫(戦記小説) (3)
サンチャイルド(戦記小説) (12)
女神大陸(小説) (5)
ウラ・オモテヤナ猫(コント小説) (28)
平和完遂軍/ピンフエージェント(コント小説) (2)
チュイナ・メルトダウン〜華世界〜(小説) (1)
格闘ポエム(戦うバカ徒)格闘詩 (7)
ショート小説 (14)
オペレーション・リヴァイアサン(SF小説) (1)
コメント (297)
コラム+エッセイ (81)
独白 (94)
ジャーナリズム (38)
人間力の育てかた (143)
精神疾患 (25)
内宇宙の信仰心(無宗教) (150)
未来の話 (1)
アカシックレコード記憶庫 (233)
個人的な恋愛話 (9)
スピリチュアル (62)
都市伝説 (3)
集団ストーカーへの苦情 (6)
軍事評論(戦争と平和) (24)
人類学 (6)
自作作品について (11)
ゲームやPCの話。 (1)
タブー (8)
平和の為に (37)
常識と非常識 (3)
お気に召したら押してね!
web拍手 by FC2
ブロくるアクセス数
総アクセス数: 395256
今日のアクセス: 18
昨日のアクセス: 154
FC2カウンタ

現在の閲覧者数:
お願い私を押して!
ブログ王ランキングに参加中!
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ
携帯はこちらからどうぞ
にほんブログ村 ニューエイジ 携帯はこちらからどうぞ
人気ブログランキングへ
くる天ランキング

携帯の方はこちらからどうぞ
くる天 人気ブログランキング
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
フリースペース
皆さんへの応援歌のつもりがいつの間にか毎日の愚痴ばかりになっています。 酷くみじめで哀れな心の病に苦しんでいる自分を見てください。 ありのままの自分をさらけ出すことには成功しています。
フリースペース
タブーにされたんだからタブーな事も書きます。 ダメな方はスルーしてください。
フリースペース


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved