このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
A子ちゃんのデルタ翼地帯
[ウラ・オモテヤナ猫(コント小説)]
2015年11月21日 14時11分の記事



【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


「がやがやがや」

ガガガ

「チゲ一番からチゲ揚げ足、どうぞ」

「こちらチゲ揚げ足、かご屋は無事か?」

「後方部隊の偽装市民暴動が進行中」
「手はず通りです」

「戦闘指揮官の発砲と同時に攻撃を許可する」
「サプレッサー装着」
「セーフティ解除」
「要人の拘束手順は暗記しているな」

「チゲ満腹とチゲ肉玉が配置につきました」
「こいつら間抜けな市民が恐怖に命乞いする姿が目に浮かびます」

スパンッ!

すたすたすた

「!」
「何?」
「今何が起こったの?」

「チゲ一番」
「いまあなたの後頭部を現地人がハリセンで叩きました」
「子供の女です」

「え?」
「どこ?」

「ほら」
「目の前で商品のクマさんプリントのミニスカートを触っている」
「トレーナーの背中にハリセンを隠し持っています」
「信じられません、我らの装備と行動が全てバレているなんて」

「チゲ倍満」
「私に任せて」
「生意気な日本サルの女は、お股から失禁させてあげるわ」

「さすがチゲ一番」
「女が女をはずかしめるとは、民族の尊厳ですね」

「ステルス解除」

ガガ

「チゲ一番」
「予定外の行動は慎め」
「そんな貧乏人など相手にするな」

「ちょっとあなた」
「今私の頭を叩いたよねえ」
「返答の仕方によっては・・・」
「射殺します」

チャキ

「え?」
「なに」
「A子がトレーナーにジーパンルックの貧乏人だからって」
「可憐な乙女を悪魔ちゃんの祭壇にささげるの?」

「死ね!日本人」
「この国に産まれた後悔とともに!」

パスタスタスタ

「・・・」

「な、なんじゃあこりゃあ!」

「夢を見ているの?」
「チゲ一番!」
「ガキが分裂しているわよ!」

「A子を排除しようとしても無駄なの」
「これは本部の人達がリモートしてるだけなのよ」
「A子はアルバイトなんだから」

ガガ

「こちらチゲ揚げ足」
「そいつは敵の工作員だ」
「見た目はアホだが我らの行動を全て把握している」
「危険だ、回避しろ」

「大丈夫です」
「まだ作戦に間に合います」

「A子はまだ散らないのよ」

パスパスパスパ

「チゲ倍満」
「私が蹂躙しますから背後から援護射撃を」

「了解」

ガガガ

「ダメだ」
「攻撃がすべて無効化されている」
「見えない防壁が存在するようだ」
「検証している時間はない」
「その貧乏人は危険すぎる」
「お前の常識では勝てないぞ」
「ハリセン攻撃ダメージにとんでもない数値が出ている」

パスタパパスタ

「ちょっとそこのバイト娘!」
「あんたと違ってこちとら命懸けてんだよ!」
「道を開けろ」
「弾薬が無くなっちゃうじゃないか!」

「ナイフも爆弾も無駄なの」
「店員さんとお客さんが逃げちゃったよ」
「営業妨害すると、警察呼びますよお?」

「ふっざけんなあ!」

ガガガ

「ダメだチゲ一番」
「そいつと会話するな!」
「精神を持っていかれるぞおっ!」

「そ〜なのよキャサリン一番」

「ムカ!」
「私はドクトウだ」
「ソン・ドクトウ、ほら言ってみろ!」

「うんドクちゃん」
「あなた達が破壊した弁償はあなたの国に請求するからね」

「この期に及んで!」

パスパスパスパ

「最近本業の鉄工場が儲からなくてねえ」
「信じられる?」
「今日のお昼はとんかつ弁当だったのよ」

「ああああ」

「事務所の冷蔵庫にトマトが冷やしてあるのだけど」
「A子と一緒に食べない?」
「作戦チーフの説明では・・・」
「話し合ってください、だそ〜よ」

「ダメよチゲ一番」
「その女は危険よお!」



「時間切れだ」
「作戦は失敗と判断」
「即時撤退命令」
「日本人には友好と言う武器がある」
「申し訳ないが君らは回収出来ない」
「各自生存の道を探せ」
「武運を」

「なによそれえ!」

「チゲ一番」
「チゲ満腹とチゲ揚げ玉が敵の食料を食べています」
「すでに我らに任務を遂行する戦力はありません」

「そんなアホなあ!」

「A子はアホじゃないのよアルバイトなのよ」
「そんなに興奮しないでドクちゃん」
「猫ちゃんから貰った『義理チョコに愛を込めないで』をあげるから」
「機嫌治してね?」
「はい、三本あげる」

ぱす

ぴりぴり

「チン大佐」
「我らはいったい何のために・・・」

むしゃむしゃ

「本部の人達が来るみたい」
「うん、弾が無くなる前にかたがついたようね」
「大丈夫、A子が差し入れ持ってってあげるから」
「元気を出しなさいドクちゃん」
「A子にハングリー語も教えてね」


ファンファンファン


「え、A子は立派に任務を果たして殉職したの」
「A子はおじぎ草ね、触られると恥ずかしいの」
「わが人生に悔いなし・・・」
「がくっ」
「・・・」

ピガガ

「はい、A子さん」
「任務終了ですお疲れ様〜」
「ワザとらしい演技はウケ狙いですか?」
「お給料は口座に振り込んでおきますから」
「支給されたバス券で帰宅してください」
「今回のA子さんの仕事ぶりが評価されました」

「・・・」



キイ・バタン!ガチャン

「は、腹が減ったのにゃ」
「冷蔵庫に何かにゃいかな?」

「猫ちゃんお帰り」
「どこで遊んできたの?」

「おねいさん!」
「仕事はど〜だったのにゃ」

「うん、楽しかった」
「えへへへ」

「アネゴの晴れ姿が観たかったですぜ」

「いや〜ん」
「A子は箸も持てないか弱い女なのよ」

「にゃはははは」

「お土産にとんかつ沢山もらったから」
「お赤飯炊いてお祝いしましょ」

「にゃはははは」



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/pekepeke/341456
くる天
ブログ紹介
人間力を育てよう!-ブロくる
新村正幸SS さん
人間力を育てよう!
地域:静岡県
性別:男性
ジャンル:お絵描き お絵かき
ブログの説明:
人が社会で一番最後に信用されるのは、
才能でも能力でもなく人間力です。
愛をもって誠を貫かんとすれば、
あまたの障害が立ちはだかります。
おもしろいではないですか。
自己紹介
統合失調症の中二病。 平和が好きで争いが嫌いなアカシックレコード接続者。 愛と勇気を信じる時代遅れのおっさんのエゴを聴いてください。 詩人のヒーリングです。 利他主義の為に。愛と平和の為に。 このブログに掲載されている詩や小説やイラストは、全て自分が描いた自分の著作物です。 どうぞご自由にお使いください。
カテゴリ区分け
全て (2053)
紙に描いたイラストBOX (39)
お絵かきCG (20)
お絵描きCGBOX (7)
詩 (535)
俳句・川柳・短歌 (4)
コードLP(SF小説) (75)
彗星のターマック(コードLPスピンオフ) (1)
オートマチック・ガールズライフル(小説) (36)
ガールズライフル2(小説) (5)
優世代戦闘機・姫(戦記小説) (3)
サンチャイルド(戦記小説) (12)
女神大陸(小説) (5)
ウラ・オモテヤナ猫(コント小説) (28)
平和完遂軍/ピンフエージェント(コント小説) (2)
チュイナ・メルトダウン〜華世界〜(小説) (1)
格闘ポエム(戦うバカ徒)格闘詩 (7)
ショート小説 (12)
オペレーション・リヴァイアサン(SF小説) (1)
コメント (294)
コラム+エッセイ (76)
独白 (94)
ジャーナリズム (34)
人間力の育てかた (140)
精神疾患 (25)
内宇宙の信仰心(無宗教) (150)
アカシックレコード記憶庫 (231)
個人的な恋愛話 (9)
スピリチュアル (62)
都市伝説 (3)
集団ストーカーへの苦情 (6)
軍事評論(戦争と平和) (23)
人類学 (6)
自作作品について (7)
ゲームやPCの話。 (1)
タブー (8)
平和の為に (36)
常識と非常識 (3)
お気に召したら押してね!
web拍手 by FC2
ブロくるアクセス数
総アクセス数: 334178
今日のアクセス: 77
昨日のアクセス: 200
FC2カウンタ

現在の閲覧者数:
お願い私を押して!
ブログ王ランキングに参加中!
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ
携帯はこちらからどうぞ
にほんブログ村 ニューエイジ 携帯はこちらからどうぞ
人気ブログランキングへ
くる天ランキング

携帯の方はこちらからどうぞ
くる天 人気ブログランキング
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
フリースペース
皆さんへの応援歌のつもりがいつの間にか毎日の愚痴ばかりになっています。 酷くみじめで哀れな心の病に苦しんでいる自分を見てください。 ありのままの自分をさらけ出すことには成功しています。
フリースペース
タブーにされたんだからタブーな事も書きます。 ダメな方はスルーしてください。
フリースペース


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved