このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
フェアリィ・ランゲージ・上編(コードLP第2章3話)
 
2021年9月1日 11時27分の記事



昔書いた、自作SF小説の「コードLP」の第2章3話です。

この話が一番、コードLPで書きたかった話ですね。
サブスーリーのスピンオフみたいな内容ですが。
コードLPの理念が反映されてます。
あとは、第2章ステンレス銀河叙情詩編の、水の回廊〜フェアリィハミングですかね。

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


「私は死ぬことはありませんっ!」
「あなたより1日でも永く生きて、あなたを守りぬきます!」
「私の、ミサキの意志ですから!!」
「ツトムさん、ミサキの後ろに居て下さい!」

チュンチュチュンッ・・・

暗闇の中、無数のクリアレッドのレーザー帯の光線が飛び交う。
高出力の大口径レーザー砲塔に攻撃される中。
夜の市街戦でミサキと名乗る少女の絶叫が悲鳴の様に続いている。外壁のコンクリートブロックが粉々に破壊され続ける。
女の子の姿をした擬人LPがレーザーライフルを射撃しながら、
敵勢力を駆逐し続ける。敵の機械化歩兵は擬人LPの頭脳回路には単純な動きに見える。敵は多勢に無勢だ。
壁が崩壊したコンクリ遮蔽物を盾に使い、光銃撃戦をしている。
ミサキと言う擬人の少女は、人間の青年男性をかばいながら、
ライフルレーザー射撃を続ける。
連射した後に必ず「キュウン」と小さなゲイン残留音がする。
予備エネルギパックを取り替えている間は、隣のLPが身を乗り出してライフル射撃をしている。
電子グレネードも、すでに使い果たした。
味方の人間の兵力は、やはりシールド装備も無いから。
次々とレーザーに撃たれて死んでゆく。
擬人の味方LP達は、耐衝撃エネルギーフィールドのお陰で生き残れるのだが。人間を守るため製造されたのが擬人ロボット。
自分達の存在理由が失われてゆくリアルタイムの戦況。
LPシリーズ達は、レーザー帯河の狭間で泣いている様だ。
光線からこぼれ出る粒子の粒が闇の中で少女達の涙を照らす。
自分達がレーザ攻撃を被弾しても気にもとめず射撃している。
ライフル以外に高出力レーザー無反動砲をぶっ放しているLPの娘が居る。

「ミサキさん!」
「あそこに隠れている重戦車を破壊しますから、援護射撃を!」

キュゥゥ・・・

ガウン!!バチバチバチ・・・

大口径無反動レーザー砲が装甲を貫通できなかったが。
重戦車の装甲金属の表面疲弊は出来たようだ。
装甲表面電磁バリアが回復してしまう。

「ダメです!再チャージしますから持ちこたえて下さいっ」

チュチュンチュンッ・・・

ズドン!!

「タマさん!!」

大口径レーザー無反動砲を撃っていた擬人少女が、ボディ全部を重戦車レーザ主砲に破壊された。
基本装備の耐衝撃エネルギーフィールドが守りきれなかった。
タマさんと呼ばれる擬人の粉々になった各部パーツが転がる。
肌色の皮膚樹脂は全て焼け焦げて蒸発した。
地面に落ちた武装の無反動砲は損壊して使用不能に成る。

「タマさんが破壊されたわ!」
「今のままではあんな奴らには勝てません!」
「皆さん、逃げますわよ!」
「フラッシュバンを使います、目を伏せてえ!!」

ミサキ以外のリーダー擬人LPが絶叫する。

バンッ

パアア・・・

交戦ゾーン道路上の暗闇が閃光弾の眩い光で白く染まる。
一目散で人間勢力は退却した。
都市・ホワイトワン・シティ。今は都市の機能はない。
生き残った市民と擬人たちが機械に抵抗をしている。
夜の市街は人間の目には目くらましだが。擬人LPや機械部隊には関係はない。暗視レンズとレーダーからは隠れようがない。
生き残った人間は21人。擬人LPは6人。
擬人LPは皆、若い娘の見た目をしている。
彼女たちは皆、トリンと同じLPシリーズの姉妹。
ミサキと言う擬人LPは、トリンが予知した守るべき星の先駆者の青年を。休眠中のトリンに代わり、守りぬいている。
トリンの意志を受け継いで使命を果たそうとする彼女たちは。
この後も何百年もこの惑星チーズを守り続ける。
軍隊が機械化軍団と戦うには、人間は疲れきっているからだ。
トリンが見い出した、愛プログラムに希望を持つ存在は、人外を超えて増え続けている。
擬人は人間以上の感性と知性を持つ。人を守る彼女らの意志は愛プログラムに魅了され、全てを懸けようとする。
何世紀にも渡りLPシリーズは何千体も製造されたが。
人を守るのはLP個人の意志であり擬人の本能、存在理由。
コピーではなく個性を持った彼女らは、皆が魅力的だ。



トリン艦長のラージシップ・ラインハルト私設部隊が活躍する。
ケイトの宇宙病手術成功により、宇宙次元が変換された時代から600年ほど過去の惑星チーズのお話。
まだ国家間の対立の時代。この時代の敵は機械化師団。
師団と言っても、一個師団の規模ではなく、大軍団。
工場で製造を続ける大元を叩くべく擬人たちは連携する。
シスター・トリンが独りで戦い続けた強大な暴力者である、人を殺す機械化軍団は。まだチーズの世界を襲っている。
50年間の孤独な戦いの疲れを癒やす為に、トリンがベース内で人工睡眠に入ってから数年が経過していた。様々な事情により、トリンは500年間目覚めさせて貰えなかった。
休眠中の彼女(トリン)を守る為、多くの姉妹が戦った。


夜明け前の市街地、ホワイトワン・シティ。
無数に建ち並ぶ白いビルディングは殆ど崩壊や半壊をしている。
暗闇の隠れ家に身を潜めている彼女達は、作戦を練っている。

「オトハさん」
「タマさんは機械軍団の司令部の所在地情報を残しています」
「彼女は破壊されるまで危険を自ら買って出るシスターでした」

「ええ、そうですわね。ミサキさん」
「もしも私が破壊された時はあなたがリーダーを努めて下さい」
「あなたには、武運がありますわ」
「あなたの強い意志が運命を呼び込んでいます」

「私も感じます、皆がミサキさんに賛同する筈です」

「はい、私も感じます」

リーダー格の擬人オトハは、戦うよりも生き残る作戦を立てる。
これ以上人間の犠牲者は出せない。
司令部を叩くのは準備と時間が必要だ。

今は遠くの田舎へ逃げる事。味方の居る所へ逃げるのも良い。
脱出ルートを瞬算した。やはり6名中の殆どの擬人が同ルート。
敵の監視が緩い地区を抜ける。機甲部隊の居ないエリア。
幾ら無敵の擬人でも戦車並みの大砲を喰らうのは危険だからだ。

ミサキの見た目は、細身のきゃしゃな少女。質素な外見。
青色の安物作業ツナギが綺麗な顔立ちを神秘的に隠している。
黒髪おさげ頭とソバカスの相性はまるで異次元宇宙の田舎娘。


ホワイト・ワン市街戦から数カ月前の避難施設での場面。

「はじめまして!」
「ツトム・ワンダさん」
「私はミサキ、擬人コード・LP999SSです!」
「ミサキはあなたを守るために全能力を駆使します」

大勢の避難民の中に居る青年に自己紹介する細身の少女は。
この任務の為に、あらゆる訓練と教育を受けた。
ベース施設は、トリンが眠るマザー・テラのではなくて。
他の大陸のベース施設基地。マザー・カインド。
ミサキもトリンの思想に憧れている一人。
おさげ頭ソバカスの質素な見た目の彼女は初対面の青年を守る。男性はトリンが予知した惑星の先駆者であり、自分がこの名誉を与えられることを誇りに想う。
トリンが独りで戦った機械軍団と戦う姉妹は、今では大勢居る。
なぜ擬人が女の子ばかりなのかは、女性が持つ母性に関係がある。
命を守るには、硬さではなく柔らかさが必要だからだ。

「ミサキさん、俺を守る価値がありますか?」

「はえ?」
「ツトムさん、あなたは散々な過去があるのに」
「自分の正体を隠すのも、今はまだ危険だからですよね」

「俺はミサキさんが想うほど良い人ではないかもですよ?」

「きゃっははは!」
「おもしろいですね〜・・・さすが私の防衛目標です」

ミサキが着ている安物の青色作業ツナギが、大勢の避難民の中ではしゃいで踊っている。

元気は幸福を呼ぶ明るさ。



中編へ続きます。


このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/pekepeke/463359
くる天
ブログ紹介
人間力を育てよう!-ブロくる
新村正幸SS さん
人間力を育てよう!
地域:静岡県
性別:男性
ジャンル:お絵描き お絵かき
ブログの説明:
人が社会で一番最後に信用されるのは、
才能でも能力でもなく人間力です。
愛をもって誠を貫かんとすれば、
あまたの障害が立ちはだかります。
おもしろいではないですか。
自己紹介
統合失調症の中二病。 平和が好きで争いが嫌いなアカシックレコード接続者。 愛と勇気を信じる時代遅れのおっさんのエゴを聴いてください。 詩人のヒーリングです。 利他主義の為に。愛と平和の為に。 このブログに掲載されている詩や小説やイラストは、全て自分が描いた自分の著作物です。 どうぞご自由にお使いください。
カテゴリ区分け
全て (2036)
紙に描いたイラストBOX (39)
お絵かきCG (20)
お絵描きCGBOX (7)
詩 (520)
俳句・川柳・短歌 (4)
コードLP(SF小説) (75)
彗星のターマック(コードLPスピンオフ) (1)
オートマチック・ガールズライフル(小説) (36)
ガールズライフル2(小説) (5)
優世代戦闘機・姫(戦記小説) (3)
サンチャイルド(戦記小説) (12)
女神大陸(小説) (5)
ウラ・オモテヤナ猫(コント小説) (28)
平和完遂軍/ピンフエージェント(コント小説) (2)
チュイナ・メルトダウン〜華世界〜(小説) (1)
格闘ポエム(戦うバカ徒)格闘詩 (7)
ショート小説 (12)
オペレーション・リヴァイアサン(SF小説) (1)
コメント (294)
コラム+エッセイ (75)
独白 (94)
ジャーナリズム (34)
人間力の育てかた (140)
精神疾患 (25)
内宇宙の信仰心(無宗教) (150)
アカシックレコード記憶庫 (231)
個人的な恋愛話 (9)
スピリチュアル (62)
都市伝説 (3)
集団ストーカーへの苦情 (6)
軍事評論(戦争と平和) (23)
人類学 (6)
自作作品について (7)
ゲームやPCの話。 (1)
タブー (8)
平和の為に (36)
常識と非常識 (3)
お気に召したら押してね!
web拍手 by FC2
ブロくるアクセス数
総アクセス数: 332496
今日のアクセス: 93
昨日のアクセス: 343
FC2カウンタ

現在の閲覧者数:
お願い私を押して!
ブログ王ランキングに参加中!
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ
携帯はこちらからどうぞ
にほんブログ村 ニューエイジ 携帯はこちらからどうぞ
人気ブログランキングへ
くる天ランキング

携帯の方はこちらからどうぞ
くる天 人気ブログランキング
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
フリースペース
皆さんへの応援歌のつもりがいつの間にか毎日の愚痴ばかりになっています。 酷くみじめで哀れな心の病に苦しんでいる自分を見てください。 ありのままの自分をさらけ出すことには成功しています。
フリースペース
タブーにされたんだからタブーな事も書きます。 ダメな方はスルーしてください。
フリースペース


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved