ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2020年12月19日 23時14分
想いは疲弊しない
あなたは私の希望の光。

地平線を駆けぬける光の閃光。

下水道の汚水の中で、希望を探している。

朽ち果てる化石の街で、化石燃料を燃やして生きる。

想いは擦り切れることはない。

輝きは誰にも奪えない。

純度を増す透過速度は、頬を伝う熱さに変換される。

どれほどの苦しみに耐えたらいいのだろう。

運命は腕の中で踊っている。

切なさと甘酸っぱさに守られて、今日も答えを探し求める。

ザラッとした砂まじりの汗のしずくを舐める。

胸は張り裂ける。

信じることがすべてだと、疑わなかった昨日。

新しく産まれて来る命、消えてゆく命。

夢は精一杯背伸びしているさ。

[カテゴリ:アカシックレコード記憶庫] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2020年12月11日 18時17分
集団意識の定理
 
集団の中に居ると気が大きくなる現象は、保護色による不特定化。


集団意識とは、一人では怖くて何にも言えず意気消沈してしまうのに対して。
集団の群れの中に居ると、自分が群れの中でカモフラージュされる事によって気が大きくなり、差別発言や暴言が吐ける事の意味。
子供社会や大人社会のイジメもこの下地が活かされて行われる。
「何で自分だけがひどい目にあう?」と言いたがるのは。
群れの中に紛れて生きて居る。大勢の中で平均で居続ける事によって自分がカモフラージュされ、狙われる確率が微量になると思い込む現象。

弱い生き物(草食動物など)は群れをなして行動する事によって一匹が喰われている間にその他の全部が逃げ切る事が出来る。
肉食動物は少数で行動する。いくら狂暴な牙を持っていても高速な追いかけっこになるから、
狩りに失敗して飢え死にする場合が多々ある。

戦争とは集団対集団の殺人合戦。殺しの祭典。
殺した人数の多さで勝敗が決まるのではなく、
生き残った人数の多さで勝敗が決まる。
殺人合戦を戦争と言葉をすり替えて認識させ、人々の罪悪意識をすり替える事に成功している。
これが、戦争が合法になっている歴史の理由。
殺人ショーに勝てば殺戮者(さつりくしゃ)は英雄とあがめられ、負ければ殺戮者は極悪人とののしられる。



学校でイジメが繰り返され被害者の子が自殺すれば問題に成る。反対にオトナの社会でいつもしている社会的集団イジメは誰も止めないし、被害者が自殺しても何の問題にも成らない。
それは、成人した大人は誰であっても一人一人が社会的責任を背負うから。
お説教してくれる大人が居ない事を意味するからだ。
卑怯者が勝利する数の正義「民主主義の正体」

「空気を読む」

と言う超能力は、結託して仲間はずれを作る法則がある。
場の雰囲気を瞬時に読み取る特殊能力は、建前社会の代表。
かつての大日本帝国の上等手段である空気を読む国民性。
自分だけは浮きたくないハズレたくないと考えるカモフラージュ意識。一人では戦えない弱いケモノだと呼べる証拠である。
協調性とは、自分を周囲に合わせる適応能力ではない。
協調性は社会道徳に基づく。
面倒から逃げて馴れ合いで生きる事は、協調性でも何で無い筈だ。


いじめを苦に自殺しても、誰も心は傷まない。
具体例では、
姉歯の奥さんの自殺も、マスコミに叩かれなければ起きなかったし。かつてのお騒がせ「ゴックンしていません」発言で辞めさせられた元国会議員は、自宅で静かに病死したそうだ。

今は安倍晋三首相が異常だと攻撃しても、自分達にも原因はある事すら忘れている始末だ。マスコミがワザと語らない。
マスコミに踊らされて国民全体で個人を袋叩きにする世論は。
完全に狂っていると判定できる。
いつの時代も世論とは偏屈な価値観を持つ。
透明な精神を忘れて大人に成ったからだ。
まともに育っていない大人社会。
いい年した大人が友好と調和を知らないのは、人間が自然へ帰らない罰だ。


暴力や欲望とは何故この世に存在するのだろう。

いや存在するのではなくて人間が実行し続けるから有るのだ。
ではその人間が何故暴力と欲望を止められないのだろう。
理性と暴力は相反するもの。理性と欲望も相反するもの。
自制心の微力な大人が社会と世界を支配するのなら。
まるで使い捨てのように、欲望の虜になり続ける人々は、どこまでも己の罪に気がつかない。

情報は只の最新データに過ぎない。知識も只の知識のままでは個人の為の肥やしには成らない。
知性が求められる人類には叡智がなければ、呪われた絶望の歴史から抜け出すことは出来ない。

そして愛も勇気も学ばなかった人は、自分にはどうする事も出来ないと諦めてしまう。

プライドの高い大人社会のひねくれた常識の不器用な人達は他人を見下し、自分こそが一番だと信じたがる。
一番もどん尻もなく高次元も低次元もなく上流も下流もない。
地球上の大地に立つ人は、頭の上にも足の下にも立たない。
そして地平線は丸く繋がって遠く離れても帰ってくる。
[カテゴリ:アカシックレコード記憶庫] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2020年11月24日 5時43分
透過速度
伝統と革新。

古いものと新しいもの、互いに溶け合い透き通るまで。

アジアの風に吹かれながら、私たちは歩く。

人類の進化の過程で、価値観の転移、利己主義から利他主義への転換がある。

地球の歴史のシフトの途中で生きている。

あなたと共に、泣いて、怒って、笑いあうのがいい。

今この瞬間に幸福を感じて。

大勢の中にいても孤独を感じる、自分の居場所が見つけられない。

自分はどこか人と違うんじゃないか、古いこの星のしきたりがなじめない。

そんなあなたはきっと守られているよ、多くの愛すべき存在に。

一心不乱に駆け抜けろ、闇と光の交錯する道の途中。

退屈な人生だなんて、この世は嘘だらけだなんて。

この世界にあなたが必要なんだ、人類はあなたと共に踊る。

血塗られた歴史なんて塗り替えてしまえ、世界平和の名のもとに。

間違いだらけの歴史なんて学ばなくてもいい、あなたが歴史を創れ。

新しい次元は未知なる風。

風はいつも未来を指し示している。

未来の予感に導かれて、感情は時間の海を泳ぐ。

向かい風が追い風に変化する日、夢にまで見た時代が訪れる。

この地球において、新しい価値観、観念がいったん確かな足場を得た時。

そのエネルギーは野火のように拡散する。

何のために自分が産まれてきたのか、産まれてきた意味を知る。

明日に夢を思い描いて眠った昨日。

いつの間にか傷つくことに慣れて、恐れて、馴れ合いにあきらめてしまう。

希望がなければ人は生きてゆけない。

正しいことと間違っていることの違いなんてどうでもいいから。

この美しい世界をみんなで守ってゆこう。

この波動次元が宇宙の愛で満たされるために。

人がいつか、争いを忘れる日のために・・・

[カテゴリ:アカシックレコード記憶庫] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2020年11月7日 20時34分
闇を突き抜ける光
光の名のもとに、歩いてゆこう。

光明は、まだ遠いとしても。

時代の夜明け前。

来たるべき世界に、何を期待しようか。

散々な結果に終わるのだとしても。

骨折り損のくたびれ儲けでも。

光が強ければ、闇は濃くなる。

強烈なめまいの中、生と死のコントラストの中。

新しい風に乗ろう。

誰も乗ったことのない波に乗って。

時代を駆け抜ける。

生きていると言ってほしい。

誰もが通り過ぎる当たり前の世界で。

[カテゴリ:アカシックレコード記憶庫] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2020年11月4日 9時56分
愛を競い合え
詰め込み式の勉強。

学業の成績や内申を競い合う学校。

魂や波動の美しさを競い合えば。

純粋な子供だらけになるだろう。

愛を競い合え。

隣の子を叩き落すのではなく。

まごころをもって救い上げてほしい。

人が醜く、争う世界で。



[カテゴリ:アカシックレコード記憶庫] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2020年10月31日 7時17分
未開の地を行け
誰も足を踏み込んだことのない土地。

そこには先駆者がすでに踏み込んだ。

それでも道は険しいのだろう。

誰もが通ってきた道にはない魅力がある。

未開の地を行け。

運命に導かれるまま。

この惑星の行く先を指し示す、道標となれ。

そこには涙が待つ。

悲しい運命を呼び込むのは、この負の世界を生きるための必然。

歓喜の未来のために。

くだらない常識や因習は捨ててしまえ。

心の突き動かすままに。

勇気と嘆きの世界で、何を掲げよう。

[カテゴリ:アカシックレコード記憶庫] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2020年10月21日 6時3分
愛に奪われたい
 
愛に奪われたい。

生きることも、死ぬことも許されるために。

[続きを読む]
[カテゴリ:アカシックレコード記憶庫] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2020年10月5日 1時22分
人を変えるのは可能か?
昔、人を変えようなんて欺瞞だよ!

と言われた。

人を変えるなんて無理なんだよと。

俺がブログで利他主義を書いて、読者を変えようとしていると判断したから。

人を変えるという言葉は刺激が強いらしい。

反論してくる人もいた。

人は変えられないと主張してくる。

あなたがそう思っているのなら、それでいいから。

無理と主張してくるのはやめてほしい。

人を変えようとしているじゃないか。

少なくとも俺は、人は変えられると信じているから。

どんなに遠いゴールでもためらわない。無謀な挑戦であっても。

いろんな商売で、人を変える職業の人は沢山居る。

占い師とか、教師とか、政治家とか、クリエイターとか。

強烈な個性で、他者のテリトリーまで自分の思考に染めてしまうという手法がある。

病気が感染するように、思想も伝播する。

理想的な思想があれば、その思想に酔狂するのは自然なこと。

ただ、時代を先駆けすぎて大衆には理解されない場合が多々ある。

実は、大衆が持つ意識というのは流動性がある。

一部分の人が持っているだけで、殆どの人は自分のポリシーを持っていない。

ほんの少しの説得で、簡単に意識が流れて行ってしまう。

だから、一部の人を説得すればいい。

大衆はいつの時代も、長いものに巻かれろ、右に習えの思考だから。

夢はデカすぎるくらいがいいというくらいだから。

世の中を変えたいと願うのは、良いことだと思うよ。



[カテゴリ:アカシックレコード記憶庫] [コメント (0)] [トラックバック (0)]





  次の8件
くる天
ブログ紹介
人間力を育てよう!-ブロくる
新村正幸A さん
人間力を育てよう!
地域:静岡県
性別:男性
ジャンル:お絵描き お絵かき
ブログの説明:
人が社会で一番最後に信用されるのは、
才能でも能力でもなく人間力です。
愛をもって誠を貫かんとすれば、
あまたの障害が立ちはだかります。
おもしろいではないですか。
自己紹介
統合失調症の中二病。 平和が好きで争いが嫌いなアカシックレコード接続者。 愛と勇気を信じる時代遅れのおっさんのエゴを聴いてください。 利他主義の為に。愛と平和の為に。
カテゴリ区分け
全て (1479)
紙に描いたイラストBOX (34)
お絵かきCG (20)
お絵描きCGBOX (7)
詩 (152)
俳句・川柳・短歌 (4)
コードLP(SF小説) (74)
彗星のターマック(コードLPスピンオフ) (1)
オートマチック・ガールズライフル(小説) (36)
ガールズライフル2(小説) (4)
優世代戦闘機・姫(戦記小説) (2)
サンチャイルド(戦記小説) (12)
女神大陸(小説) (5)
ウラ・オモテヤナ猫(コント小説) (28)
平和完遂軍/ピンフエージェント(コント小説) (2)
チュイナ・メルトダウン〜華世界〜(小説) (1)
格闘ポエム(戦うバカ徒)格闘詩 (1)
ショート小説 (8)
コメント (278)
コラム+エッセイ (56)
独白 (49)
ジャーナリズム (31)
人間力の育てかた (131)
精神疾患 (25)
内宇宙の信仰心(無宗教) (139)
アカシックレコード記憶庫 (215)
個人的な恋愛話 (8)
スピリチュアル (60)
都市伝説 (3)
集団ストーカーへの苦情 (4)
軍事評論(戦争と平和) (23)
人類学 (6)
自作作品について (7)
タブー (7)
平和の為に (24)
お気に召したら押してね!
web拍手 by FC2
ブロくるアクセス数
総アクセス数: 259007
今日のアクセス: 139
昨日のアクセス: 171
FC2カウンタ

現在の閲覧者数:
お願い私を押して!
ブログ王ランキングに参加中!
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ
携帯はこちらからどうぞ
にほんブログ村 ニューエイジ 携帯はこちらからどうぞ
人気ブログランキングへ
くる天ランキング

携帯の方はこちらからどうぞ
くる天 人気ブログランキング
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
フリースペース
皆さんへの応援歌のつもりがいつの間にか毎日の愚痴ばかりになっています。 酷くみじめで哀れな心の病に苦しんでいる自分を見てください。 ありのままの自分をさらけ出すことには成功しています。
フリースペース
タブーにされたんだからタブーな事も書きます。 ダメな方はスルーしてください。
フリースペース


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved