ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2018年3月15日 2時34分
手の平を差し出そう
 
軍事教練の本を買った、1巻と2巻。全編漫画で解説してある。

新連載のミリタリー小説にリアリティを持たせたいと思ったから。

しかし、専門知識が身につく利点とウラハラに。

平和主義の戦争反対派でもある自分には、反感も育つ。

徹底的に軍隊を肯定するその書籍は、軍事マニアには可でも。

反戦家にはむしずが走る内容だと思う。

この地球と言う惑星の人間が、国と言う部落を作り戦争をする。

国境線と呼ぶ境界線を引き、いがみ合っている。

互いにののしりあい、傷つけあっている。

大勢の敵と呼ばれる人間を殺せば、軍と言う組織の中で出世出来る。

勝てば英雄と称えられ、負ければ極悪人とののしられる。

子供の頃は自衛隊が好きな軍事小僧だった。

でも大人に成るにつれ、戦争の矛盾点が分かるようになる。

戦とは暴力にしか過ぎない。

産まれるのは憎しみと悲しみ。

武器が人を争いに駆り立てる、石で殴り合う原始時代から。

道具は生活を便利にし、文明を豊かにする。

しかし火器は破壊しか産まない。

日本ゲーマーが好きな剣と魔法の世界だって、暴力の世界。

銃口を向けられる。

それでも手の平を差し出す勇気があるだろうか?

和平交渉を知らない無能な政治家は要らない。

なぜベトナム戦争でアメリカが負けたのか?

べトコンと北ベトナム軍に負けたのではない。

ペンタゴンが平和主義者の反戦運動に屈したのだ。

ベトナム戦争ではジャーナリストやメディアの取材が自由だった。

愚かで野蛮な戦争の実態が世界に知られてしまう。

現代では戦争報道には規制がかかる。

軍本部は平和熱を一番恐れるから。

911テロの復讐にアメリカペンタゴンはテロリストを殺しまくった。

一方的な犠牲者を演じるのが好きなアメリカ。

真珠湾と変わらない。

誰だって国民は戦争なんてしたくない。

憎しみが大義を正当化させる。

過ちすらも、大きな心で許しあえる。

些細な問題で目くじらを立てる現代の地球では。

皆が笑顔で手を繋いで助け合って生きる世界。

理想論と決めつけるのはたやすい。

混沌の暗雲の時代が来るのなら、光り輝く希望の時代も来るだろう。

私達は選択している、ただ運命を受け入れるのではなく。

その選択が正しいのか間違いなのか。

それは誰にも判らない。

平和に安心する生活も、戦乱に怯える生活も。

文明と戦争の繰り返しの人類の歴史。

ひとつだけ確かな事は。

人間は驚くくらい、忘れてしまういきもの。

あんなに二度と繰り返さないと誓った武力行使を。

また繰り返すのは。

人間が人に成れない罪深さなのだろう。

人でもない、サルでもない。

人間が人に成るまでの間、人間。

どこまでも中途半端な人間。

地球上の幾つもの種を滅ぼしてまで贅沢を続ける。

同じ種同士で殺し合う。

自ら命を絶つ。

憎しみも悲しみも、乗り越えるために提示される。

苦難を受け入れ、自分の中で消化する。

それが因果応報なら、自分の都合の良い様に解釈するのはどうか。

ポジティブ思考だけでは、人間は成長出来ない様に。

ネガティブ思考だけでも、自滅に向かうだけの様に。

ポジティブとネガティブ両方の思考が必要。

武器にNOと言おう。

それを輸出する日本与党の考えは腐っている。

どこが平和国家だ。

憎みあっていないで、手の平を差し出そう。

「冷たい銃口に暖かい手の平を」
[カテゴリ:ジャーナリズム] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2018年3月12日 18時1分
おっさんの想い
 
届け僕の想い。



沈みゆく夕陽を見つめて、うれしくて涙した昨日は嘘なんかじゃない。



想うだけなら世界を何週もしている。



想うだけなら世界を変えている。



想うだけなら・・・



雨が嫌いだと誰かが言う。僕は雨が好きだ。



罪汚れを洗い流してくれる雨が、僕の肩を叩きつける。



お前も汚れちまったなあ・・・え?そうかなあ・・・



悲しかった昨日、自然と落ちる涙、憎んではいけない。



あいつはバカだと世間になじられても、僕は僕なんだ。



光り輝く明日を夢見て、何も失うものはないだろう。



何も持たないのだから。



明日の生活の保障もないのに、生きているだけで感動している。



このときめきを、感激を想いに変える。



一人は自由だ、だから寂しい。



誰かと会話したい、熱い抱擁なんてなくても、そこに居てくれるだけでいい。



気のきいたセリフも言えない僕は、不器用に照れ笑いをするだけ。



愛なんて照れくさくて口に出来ないけれど。



どうか幸せでありますように、みんな仲良く暮らせますように。



[カテゴリ:コメント] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2018年3月9日 19時56分
互いに傷つけあっている程度では
 
不和や苛立ちは、すでに変化が訪れている。
変化に対応出来るも出来ないも、自分の資質次第。
この世界は「痛みを学ぶ世界」
平和に飽きて何度も痛みの世界を作りたがる日本人が産まれるのは。
忘却の世界ゆえに。
軍事オタクが喜ぶシチュエーションを作ってやる現代日本政治家。
自衛隊がいくら政府主導のもとに設立運営されていても、違憲。
他国が強大な武力を持つがゆえに自分も武装したがる現代人。
愛を忘れた現代人。「現実を観ましょう」とすり寄ってくる。
武装しなくとも愛は語れる。
愛を語るドタマを撃ち抜けばいい、指を引くだけの苦労で。

メディアは暴力を推奨している。
学校で競い合う事を学んでから、勝つ事だけを信じるケモノ。
暴力に勝てなくてもよい。
勝ち負けなんて無い世界を知っているから。
互いに足を引っ張り合い罵り合い、傷つけあっている程度では。
[カテゴリ:スピリチュアル] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2018年3月8日 17時49分
少年の心
 
男なら誰だって少年の青春時代がある。

女だって乙女の青春時代がある。

自分は男だから、かつて昔は少年だった。

昔お世話になった病院では十代の頃は少年と呼ばれていた。

自分はそれが嬉しかったし、可愛がってもらった。

原付免許を取得して50ccのギヤ付きバイクを父に買ってもらい。

毎日公道を走った。まだ昭和の時代。80年代。

何も良い事は無かったけど、毎日が楽しくてワクワクしていた。

こんなに幸せでバチが当たらないかとも思った。

自分も年を取るにつれて、社会の荒波や人生の浮き沈みに遭う。

それでもひねくれずに前向きに考えられるように生きて来た。

今感じる事は、青春が今も続いていて。

この幸せを誰かに伝えたい。

その方法は芸術だったり、ブログ記事だったり。

年を取ると考えが保守的になったり打算的になる人が居る。

少年のきらめきとときめきと気高さが、今もこの胸にある。

いつまでも青臭い心のままで死んで逝くのは、とっても楽しい。

差別も偏見も無い社会に生きたい、道徳や慈悲の心を発揮する社会に。

誰もが笑顔で明るく仲良く暮らせる世界。

人が争うなんて旧時代。

愛の時代が訪れる日を夢見て。
[カテゴリ:内宇宙の信仰心(無宗教)] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2018年3月7日 21時39分
自分こそが最強最悪の敵!
 
命が命を喰らう世界。

人間も、他の生命を奪わなければ生きては行けない。

スーパーやコンビニエンスストアに加工調理された食品が並ぶ。

それらはすべて命だ!

(野菜や花などの植物も生きている)

人間以外の命を処刑して口に入れる毎日。

命を奪うのが嫌なら、仏門に入り即身仏に成るしかない(法律で禁止されているが)

我らは多くの犠牲の上に生きている。

この星に産まれ落ちる理由が罪の償いならば。

ただ生きているだけでも、罪を加算し続けるその罪の重さ。

これこそが正義だと、大勢で寄ってたかって悪人をいじめる世間。

子供はテレビを見て、正義という勘違いは悪を傷つけても良いのだと学ぶ。

マスメディアの仕事がそれを先導している。

真実を伝えないのが報道ならば、マスメディアは滅びる運命にある。

産まれ落ちて学び舎に入り、師から常識を学ぶ。

学校というところは、子供に既成概念という常識を植え付ける。

一夜漬けで暗記すれば、テストで高得点をとれる暗記の学び。

卒業して社会に出るころには、柔軟な頭脳は衰えてガチガチの石頭にされる。

発明王”トーマス・エジソン”は学校へ行かなかった。

教師の親が、時間がもったいないと行かせなかったからだが。

常識を学ばなかったからこそ、柔軟な発想が生まれたのだろう。

常識とはつまらなくてセンスが悪くて、許容範囲が狭い了見。

誰だって自分自身と戦っている。

それが葛藤。

葛藤の少ない人間なんて魅力がない、完成された人間は居ない。

この世で最強の敵は誰でもない。

”自分”と呼ぶ最強で最悪の最初で最後の敵が居る。

敵は内にあり!

身内の中に内通者が居るかもしれないが。

誰から逃げても良い、ただひとつ、自分自身から逃げるな。

自分を乗り越えたとき、あなたの前には広大な未知の世界が広がる。
[カテゴリ:人間力の育てかた] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2018年3月6日 22時59分
嵐の後の世界
 
宇宙で、命は始まって終わって往く。

泣き笑い怒り、人の数だけドラマが産まれる。

夢よ覚めないで。

愛は永遠だと。

海水の波に洗われる砂浜。

太古の記憶が語ってくれる、あなたも砂の一粒だと。

人の世で汚れた罪や幻を洗い流す。

青い世界で私たちは死んで逝く。

生きる事がすべてだから。

胸がときめくこの瞬間に、痛みと優しさを知る。

あかね色の夕日と朝日に受け入れられて、やすらぎに還って。

美しい世界で、醜い争いは繰り返される。

誰かがつばを吐く。

誰かがエゴを見せる。

眼をそらしてはいけない現状。

虹色の夢は、雨の後にできる。

激しい雨と風に、今という時が終わりに見えても。

可能性は秘められている。

それは誰の内面にも隠されている。

導かれるものと落ちてゆくものよ。

眠りから覚めて歩き出した、あの日のぬくもりを覚えているか。

何が正しいかは誰も知らない。

鏡の世界と影の世界。

自由と素敵に守られて、幸せな未来を求める。

今日は失敗したが、明日は頑張ろう。

命の終わりと始まりを、まばたきする宇宙。
[カテゴリ:詩] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2018年3月6日 21時45分
感動屋さん
 
感動屋さん感動屋さん

何がそんなにうれしいの

何がそこまで駆り立てるの

泣いて笑って怒って、今を感じて生きている

誰かがあなたをバカにしたって、凛と花は咲きます

いつか見たマボロシが忘れられない

夢を見なけりゃ青春じゃない

感動屋さん

あなたが見た夢が虹へ変わります

その橋を誰もが渡る日の為に

今はアスファルトに咲く雑草だけど、

花屋に飾られた高価な花に負けていても

この闇を駆け抜けて、光をその手につかむまで

冷めた時代に、暑くるしい感動屋が居る

それは希望なのだって、胸を張って言えるよ

ほらほら

笑顔で感動屋さんがやってくる

[カテゴリ:詩] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2018年3月5日 18時1分
復讐と呼ぶ感情論
 
   復讐という感情論は正しいのだろうか。

江戸時f代では、仇討ち(あだうち)は江戸幕府が公式に認めていました。
個人的な決着に任せていたため、返り討ちにあって殺されても幕府は目を伏せていたそうです。

現代のワールドワイドでは、ニューヨークの貿易センタービルが同時多発テロにあい、歴史上初めてアメリカ本土を攻撃されたとテレビでは観ましたが。
本当は太平洋戦争の末期、日本軍が風船爆弾を製造。貿易風だったかジェット気流に風船を乗せて爆弾を運び、運頼みにかけて米本土攻撃をしたそうです。そのほとんどはアメリカ軍の戦闘機などにより撃墜されたそうですが。当時の米国の新聞に、アメリカ本土西海岸で謎の住宅火災や山火事が発生したと載っていたそうです。
この風船爆弾の技術は当時画期的だったそうです。
高度差によってバラストを自動で捨てる機能。気圧や高度計、温度差の温度計。
開発した日本人技術者は優秀だったと記録されています。
製造したのは生き残っていた婦人や子供の国民でした。

脱線しました。その同時多発テロの復讐に憎しみを正当化させてテロリストたちを殺し続けています。大義名分があれば責められはしないと踏むのでしょう。テロリストは全員殺すと言っていましたブッシュ前大統領は。
世界を目撃者にしてアメリカの正義を勝ち取る。米空軍は仕事をしないで西マスメディアのカメラがスタンバイしていた。
自国民の命をショーに使う、まるでハリウッド映画の世界。
ペンタゴン・アメリカ国防省はベトナムの敗戦から学んだのです。
「大義のない戦争は必ず負ける」

この世界は、国が公式に殺人をする世界です。
国という部落間対立がなくなれば良いのですよ。
世界の国々と言う価値観を脱ぎ捨てて、一つの地球国家を創れば良いのです。人種の違いを乗り越える事が出来るのですから。
飢餓貧困(きがひんこん)や差別だって無くなります。
国境なんて言葉が無くなれば良いのです。
大切なキーワードは、手を取り合って助け合って生きてゆく。
どんな人とも仲良くなれる。友愛や博愛主義です。
自分だけの利益を優先しない、それは超民主主義(利他主義)です。
多数決で物事を決めるのが民主主義ですが。それでは少数派はいつも泣きを見ます。全員が納得できるまで、分けあって譲り合って考えてゆく価値観です。
これはキレイ事でしょうか。十分実現可能な話です。
不可能と思えることでも人間はチャレンジをします。最初からバカバカしい無理だとあきらめていれば、何も起こりません。
自分たちで奇跡を創れば良いのですよ。
人間は誰だってフィールドに立つプレイヤーなのですから。
利害関係でしか物事を測れない頭脳では、到底たどり着けない理想です。

前にテレビで観た話ですが。現代のアメリカは大昔のローマ帝国と同じだと語っていました。
正義を語り正当化させ、他国に武力を持って侵攻。聞き分けの悪いガキンチョみたいです。

「一番喜んでいるのは全米ライフル協会」
アメリカ本土が銃規制できない原因がこの協会。
ホワイトハウスよりも権力が上。圧倒的なカネと権力。


関係ない話ですが。凶悪犯罪などにより殺人事件が発生して。
その遺族が「あいつ(容疑者)を死刑にして下さい」と言うのは。
憎しみの業火に焼かれているからだと思いますが。
果たしてそれでいいのでしょうか。恨みが晴らす事が出来ればそれで良いのでしょうか。自分は不自然さが残ると感じています。
もしも被害者の故人が天国に居るのなら、喜んではくれないと思います。

本来ならば、怒りや憎しみもまた、乗り越えなければならない試練です。ヤられたらヤり返すと言う価値観が、皆を不幸にしている原因ならば。乗り越えるべきハードルが憎しみの感情なのだと思います。お釈迦様が語っておられた事だと思いますが。人間には、許すという高難易度な感情があります。
慈悲(じひ)の心ですよ。許す価値観は社会道徳の成功例です。

私は最近まで知らなかったのですが。他人にねたまれたり嫉妬をされて、いくつも妨害されてきたそうです。でも復讐なんてしてませんよ私は。
[カテゴリ:内宇宙の信仰心(無宗教)] [コメント (0)] [トラックバック (0)]





  次の8件
くる天
ブログ紹介
人間力を育てよう!-ブロくる
新村正幸TT さん
人間力を育てよう!
地域:静岡県
性別:男性
ジャンル:お絵描き お絵かき
ブログの説明:
人が社会で一番最後に信用されるのは、
才能でも能力でもなく人間力です。
愛をもって誠を貫かんとすれば、
あまたの障害が立ちはだかります。
おもしろいではないですか。
自己紹介
統合失調症の中二病。 平和が好きで争いが嫌いなアカシックレコード接続者。 愛と勇気を信じる時代遅れのおっさんのエゴを聴いてください。 利他主義の為に。愛と平和の為に。
カテゴリ区分け
全て (1376)
紙に描いたイラストBOX (34)
お絵かきCG (20)
お絵描きCGBOX (7)
詩 (127)
俳句・川柳・短歌 (4)
コードLP(SF小説) (74)
彗星のターマック(コードLPスピンオフ) (1)
オートマチック・ガールズライフル(小説) (36)
ガールズライフル2(小説) (3)
優世代戦闘機・姫(戦記小説) (2)
サンチャイルド(戦記小説) (11)
女神大陸(小説) (5)
ウラ・オモテヤナ猫(コント小説) (28)
平和完遂軍/ピンフエージェント(コント小説) (2)
チュイナ・メルトダウン〜華世界〜(小説) (1)
格闘ポエム(戦うバカ徒)格闘詩 (1)
ショート小説 (8)
コメント (268)
コラム+エッセイ (56)
独白 (21)
ジャーナリズム (31)
人間力の育てかた (116)
精神疾患 (25)
内宇宙の信仰心(無宗教) (137)
アカシックレコード記憶庫 (207)
個人的な恋愛話 (8)
スピリチュアル (59)
都市伝説 (3)
集団ストーカーへの苦情 (4)
軍事評論(戦争と平和) (23)
人類学 (6)
自作作品について (6)
タブー (7)
平和の為に (17)
お気に召したら押してね!
web拍手 by FC2
ブロくるアクセス数
総アクセス数: 232521
今日のアクセス: 14
昨日のアクセス: 179
FC2カウンタ

現在の閲覧者数:
お願い私を押して!
ブログ王ランキングに参加中!
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ
携帯はこちらからどうぞ
にほんブログ村 ニューエイジ 携帯はこちらからどうぞ
人気ブログランキングへ
くる天ランキング

携帯の方はこちらからどうぞ
くる天 人気ブログランキング
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
フリースペース
皆さんへの応援歌のつもりがいつの間にか毎日の愚痴ばかりになっています。 酷くみじめで哀れな心の病に苦しんでいる自分を見てください。 ありのままの自分をさらけ出すことには成功しています。
フリースペース
タブーにされたんだからタブーな事も書きます。 ダメな方はスルーしてください。
フリースペース


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved