ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2021年10月24日 20時33分
踊れ!
君のまごころは都市伝説。

来たるべき時代に備えて、あっかんべえ。

デブがもてはやされて、イケメンが嫌われる逆転世界。

美人の基準が時代とともに変化するのは、

神様の気まぐれ。

ナニクソの逆転魂で、イメージ刷新。

浮世絵に染まれ染まれ、流行り廃りに一騎当千。

くだらないことで目くじら立てて怒るインテリも。

流行を追いかけて横浜のお嬢さんも。

愛のマジックを世界にちょちょいとメイクアップすれば。

奇跡も思うがまま。

武装解除せよ。

愛に魅せられた乙女のように、理想にメロメロになった刻の女神よ。

踊れよアホウども、心の思うままに。
[カテゴリ:詩] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2021年10月24日 19時53分
宇宙の風に黒髪は惹かれる2
人生とは辛くて苦しいもの。

でもそれに負けないくらい、人生とは嬉しくて楽しいもの。

あんなにもうダメだと思ったあの夜、絶望が自分にはお似合いだと思っていた。

誰かと喜びに心を震わせて、歓喜する明日。

苦しみを舐めて、味わってきたのなら。

雪解けを待てばいい。

恐怖と猜疑心に、何も信じられないと、この世界は地獄の闇だと思った。

それももうじき終わる。

全ての涙が塗り替えられる、宇宙の声が呼んでいるから。

愛というプレゼントに、魂はとろけてしまう。

全ての体験は、あなたに問いかけている。

この星に生きるヒントとともに。

大丈夫、魂は死なないから。

たとえ寿命が来て、天に帰ってゆくのだとしても。

世界を愛で統合するために生まれてきた。

統合失調症になったのも、必然だろう。

心にバリアーを張って、頑なに拒んだ昨日。

こだわりを捨てて、一直線に分り合えば、他には何にもいらない。

お互いを認めることに、垣根なんていらないだろう。

心は心に会いたがっている。

宇宙の風に黒髪は惹かれる。
[カテゴリ:詩] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2021年10月24日 14時44分
輝きの為に
くだらないと吐き捨てれば、それで終わるのだろうか。

あなたにはあなたの生活があって、忙しさにかまけているけれど。

輝く姿、それはあなたには見えない。

素敵なあなたの横顔には、汗が滴る。

涙を知っているのそのまぶたは、笑顔になってしわくちゃになる。

栄光の時の為に、闇と会話している。答えを求めて苦悩している。

鎖につながれた囚人でもいい、想いの翼は無限に飛翔する。

果てることを知らない吐息は、熱い口づけを欲しがっている。

幾つもの夜を超えて、ここに分け合いたい。

風の中で約束を交わせるのなら、ときめきを代価にしよう。

震える身体に問い聞かせる、すべてを知る覚悟はあるか。

覚えてきたすべてを否定されても。

輝きの為に、あなたは今日を生きる。

[カテゴリ:詩] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2021年10月24日 13時23分
幻影を追いかけて
 
モノの金持ちが心の金持ちを支配している。

正直者はバカを見る、テレビは心の貧しさを教えている。

世界を変えたいんだ。

傷つけあい争う世界から愛の世界へ。

道徳が社会条約をたしなめる。

誰も傷つかない、愛の無血革命。

カネの時代から心の時代へ。

カネを稼ぐ努力よりも徳を積む努力。

利己主義から利他主義への価値観の変換。

人のことなんかどうでも良いんじゃなくて、あなたには幸せになって欲しいから。

泣いている人がいるなら手を差し伸べるよ。

愛の条約機構の同意書にサインを。

この世界を平和にする為に、生き地獄から地上の楽園へ。

負のカルマが正のカルマになる。

信じられないと嘆くのなら、偽物だと疑うなら。

この胸を切り裂いて見せてやる。

[カテゴリ:詩] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2021年10月24日 12時44分
大それたこと
 
過去の記事の詩を読んでみると目立つのが。

臭いセリフ。

殆どの人は、臭いセリフを胡散臭いとか思うんだろうか。

それとも素直に感動するのだろうか。

歯が浮くような媚を売る言葉を吐き。

臭いセリフで締めくくる俺のブログっていったい・・・

昔、ブロくるでpokopenとか正幸さんの名前でブログを書いていたころは。

もの凄いエネルギーを消費した。

だからなのか、反応する人も現れたが。

今ではチカラを抜いて書いてるから、臭い言葉ばかりになってしまう。

昔、親しい人に、人を変えようなんて欺瞞だよと言われてから考えていた。


物事には流れがあって、その清流を捻じ曲げようとすると、災いが起きる。

でも、変えなくてもいいことと変えなければならいことがあるのなら。

本来あるべき流れに変えることは、捻じ曲げる力とは言わないのじゃないか。

清流は本当は澱んだ河じゃないんだろうか。

だったら、この世界の価値観を一変するのは。

無駄でもないし、欺瞞でもないと思う。

江戸時代のままでいたほうが利を得る人がいたように。

今の時代のままでいたほうが得をする人がいる。

そんな人に遠慮なんかすることはない。

人を変えることはできないと断言する人が大勢いるけれど。

やっぱり世界の変化を期待するのは、大それたことなんだろうか。
[カテゴリ:独白] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2021年10月24日 12時10分
好きにさせてくれ。
 
問題はこりごりだよ。



俺も総合病院の精神科で騒いで詩を書いて、



赤の他人に神かなんかだと勘違いされて騒がれて、プライバシーを盗撮されてテレビでさらし者になったけど。



恥ずかしい悪い意味で有名人になって。



名誉棄損の人権侵害のいじめだとやっと気が付いたみたいだね。



当時国会でも国民のプライバシーとか言う政治家の人がいたみたいだけど。



いじめっ子たちに集団で否定されたみたいだね。



新聞やテレビでちらっと見ただけだから事実はわかんないけど。



赤の他人に何万回も堂々と死ね死ね言われたけど、



その度に「生き抜いてやる!」



と反骨精神が芽生えた。



俺の盗撮盗聴は国がやらしているみたいで、タブーにされているから。



病院関係者に言っても全部妄想にされる。



散々な目に合う我慢の人生は、宇宙の叡智を手にれるほどのものになった。



必要な経験は済んだ、あとはその覚えた宇宙の声を世間の人に知らしめる。



金を稼ぐこともせずに徳分を積んできた人生は無駄なんかじゃないよ。



若いころは「新村あいつはバカだ」とよく言われた。



風の時代が来ることは具体的には知らないが、予見はできた。



17歳でアカシックレコードを知り、宇宙の先駆者になりたい、人類を救いたいと思って精神病なったが。



俺は全然後悔してはいない、むしろ正直に生きれた人生がうれしい。



常識や古い因習に馴染めない、悩んでいる人や苦しんでいる人の癒しになりたい。



自分がしたいことが使命だから。



昔、俺が生きていると都合が悪い人たちに殺されそうになった。



窓の外から遠隔でプラズマ攻撃で心臓を一撃。



その時も未来から死んだ後の俺のゴーストが救いに来た。



死んで幽霊になると自由自在にタイムトラベルができるそう。



心臓が痛かった、一瞬家中の電気が落ちた、普通死ぬんだけど。



亡くなったマイケル・ジャクソンさんもこの攻撃で死んだんだと思った。









入院中にあるおじいさんに「君が生き残ったのは奇跡だ」



と言われました。



トラブルを起こした赤の他人の掃除夫の不良に「しんちゃんいったい何者よ?」



と聞かれました。



いじめを認める人もいますよ。



だから総合病院の相談員に「あなたたち昔俺をいじめましたね」



と責めても「昔いた職員はもういないから私たちじゃわからない」と言い張ります。



昔いた職員に言ってもうまくごまかすだけで話にならない。



誰も責任は取りたくないどころか、素直にいじめを認めようともしない。





精神科専門病院の主治医だった医師が言うには、



「過去は捨ててください、時間が傷をいやします」



だそう。



精神科医は絶対PTSDだと診察しないし、心理カウンセリングもお断りされる。



今でも深いトラウマに苦しむときがあります。



いじめたほうは忘れるけど、いじめられたほうは忘れないそうです。



確かに精神安定剤を常用すれば、薬が血中濃度に満たされて病気が収まるみたいですが。



怒れなくなりました。



他人に何か変なことを言われても聞き逃すようになりました。



感情の起伏がなくなり穏やかな性格になった。



でも人間は怒らなければいけないときは怒らないと馬鹿です。



笑って許してやれよと言ってる自分が憎しみの虜ですよ。



総合病院の昔から親しくしている職員に告白すると、妄想がだいぶあると言われるけど。



その人はいじめの実態を把握しているのかな。



自分に直接関係のない世間のニュースなんてどうでもいい。



異常な関心と異常な無関心の世間はうんざり。



バランスが悪い。



いじめっ子への最大の復讐はやり返すことじゃなくて、



立派な生き方をすること。





俺が世間の人に言いたいことは、



「好きにさせてくれ」

[カテゴリ:コメント] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2021年10月23日 22時43分
いじめは卑怯な人間のすること・追記あり
子供の頃でしたかな。中学生の頃。

クラスの女子と男子4,5人で新任の副担任の男性教師のことを。

「あいつ生意気だ、いじめてやろう」と言って策略をしていました。

その副担任の授業中に、ひとりが筆入れを落としたら一斉に周りの皆が筆入れを落とそうという計画。

自分は聴いているだけで何も口出ししませんでした。

「おいおいそりゃ卑怯者のすることだろう・・・」と言いたかった。

計画通りにいじめは実行されました。すぐに先生が異常に気付き。

「いまわざと物を落としたものは立ちなさい!!」と怒りました。

自分の周りの席にいる男女が全員立ちました。

自分の正義感が許しませんでした。結託して少数の人間をいじめるなんて卑怯な人間のすることだ。

どんなにその被害者の人間に問題があってもだ。

命令されたって自分はしないだろう。

いじめは人間の持つ醜い部分の一つです。誰にも見せたくはありません。

舛添前東京都知事を皆で団結して辞めさせたのもいじめです。マスコミが先導します。

もう今は病気で亡くなってしまったけれど、小さいころから学校でいじめられていた女子がいました。

自分たちの小学校の村の同学年は団結力があると、中学で有名だったけど。

団結して悪いこともしました。いじめです。だから自分はその団結の中へ入らなかった。

仲間はずれを作って村の団結力を強めるというのなら、自分はどこまでも反抗します。

だから子供の時の通信簿には必ず、協調性がないと書かれました。

何回も上履きや下ばきや教科書を隠されたりしたけど、別に悔しくなんかなかった。

ただ、自分がされて困ることは人にしちゃいけないってことはわかっていた。

そうそう、小学校1年生の時にテレビドラマの「われら青春!」を毎週見てひとりで感動して号泣していました。

高校生活はこんなにも熱くて素敵なものなのか。と勝手に想像していた。

ところが実際の高校は、無気力で無関心で青春とはとても呼べないつまんないものだった。

ツッパリの同級生にノートに死ねとかバカとかマジックで書かれたけど、器のちっちゃな奴だなくらいにしか感じなかった。




追記。


子供の頃に自分宛てに不幸の手紙が届きました。

匿名で送られてきたその手紙は、

不幸になりたくなければ同じ文面の手紙を誰かに遅れと言うやつです。

同級生か誰かの女子が書いたような、脅迫状みたいな字体を変えた文筆でした。

誰かに迷惑をかけても、自分だけは助かりたいという、その弱い心が許せなかった。

自分は怒り狂いすぐに破って捨てました。

「それで自分が不幸になると言うのなら、望むところだ面白い」と思いました。

だから人生に後悔なんてありません。

誰かを苦しめて自分が幸せになるより、自分が不幸になったほうがまだましだよ。



追記その2。


誰かが問題行為をしているからと、糾弾して複数で問題扱いする。

これも一種のいじめです。

どんなにその人物に問題があっても。

糾弾している人間はすがすがしいかもしれませんが、

糾弾されている人間は傷つきます。

許せないとか憎いとかいう感情は、動物の感情です。

人間には慈悲という心があります。

どんなにその人が罪を犯しても、

笑って許してやれよ、誰だって失敗するんだからさ。

いけないことだと分かっていてもやめられないことだってあるよ。

人間だもの。

正義なら何をやっても許されるわけではありません。

正義が懲らしめた悪にも、人生があります深く傷つく心があります。

正義が正しいとは限らないのです。

裁判の法廷で人を裁く裁判官も同じ人間です。

人が人を裁けるわけはありません。

地球人はみな罪びとなんだから。




[カテゴリ:コラム+エッセイ] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2021年10月23日 22時12分
痛みと喜びのために
光を放つために、本当の自分らしさのために。

自分が求める幸せは何なのか。

心を奪われるものを価値あるものだと思う。

自分が喜ぶもの、ときめくものは自分の心。

心は癒やされるときを望んでいる、凛と輝くその日のために。

魂を燃やした世界は愛なき無情の世界。

残酷な運命を呪って、今日に心を閉ざした。

秘密の約束を守る、決して壊れない絆が心を締め付ける。

切なさとはかなさの間で愛を感じている。

愛はすべてを許して包み込んでくれる。

もしも今日の痛みがあなたを責めるのなら、もう一度愛に問いかけよう。

私は何者だろう、何を許して何をあきらめたのだろう。

風の中でほほ笑んでいる、宇宙の風に黒髪は惹かれる。

痛みと喜びを体現する世界。

感じることがすべてだから、痛みと喜びのために。
[カテゴリ:詩] [コメント (0)] [トラックバック (0)]





  次の8件
くる天
ブログ紹介
人間力を育てよう!-ブロくる
新村正幸SS さん
人間力を育てよう!
地域:静岡県
性別:男性
ジャンル:お絵描き お絵かき
ブログの説明:
人が社会で一番最後に信用されるのは、
才能でも能力でもなく人間力です。
愛をもって誠を貫かんとすれば、
あまたの障害が立ちはだかります。
おもしろいではないですか。
自己紹介
統合失調症の中二病。 平和が好きで争いが嫌いなアカシックレコード接続者。 愛と勇気を信じる時代遅れのおっさんのエゴを聴いてください。 詩人のヒーリングです。 利他主義の為に。愛と平和の為に。 このブログに掲載されている詩や小説やイラストは、全て自分が描いた自分の著作物です。 どうぞご自由にお使いください。
カテゴリ区分け
全て (2053)
紙に描いたイラストBOX (39)
お絵かきCG (20)
お絵描きCGBOX (7)
詩 (535)
俳句・川柳・短歌 (4)
コードLP(SF小説) (75)
彗星のターマック(コードLPスピンオフ) (1)
オートマチック・ガールズライフル(小説) (36)
ガールズライフル2(小説) (5)
優世代戦闘機・姫(戦記小説) (3)
サンチャイルド(戦記小説) (12)
女神大陸(小説) (5)
ウラ・オモテヤナ猫(コント小説) (28)
平和完遂軍/ピンフエージェント(コント小説) (2)
チュイナ・メルトダウン〜華世界〜(小説) (1)
格闘ポエム(戦うバカ徒)格闘詩 (7)
ショート小説 (12)
オペレーション・リヴァイアサン(SF小説) (1)
コメント (294)
コラム+エッセイ (76)
独白 (94)
ジャーナリズム (34)
人間力の育てかた (140)
精神疾患 (25)
内宇宙の信仰心(無宗教) (150)
アカシックレコード記憶庫 (231)
個人的な恋愛話 (9)
スピリチュアル (62)
都市伝説 (3)
集団ストーカーへの苦情 (6)
軍事評論(戦争と平和) (23)
人類学 (6)
自作作品について (7)
ゲームやPCの話。 (1)
タブー (8)
平和の為に (36)
常識と非常識 (3)
お気に召したら押してね!
web拍手 by FC2
ブロくるアクセス数
総アクセス数: 334178
今日のアクセス: 77
昨日のアクセス: 200
FC2カウンタ

現在の閲覧者数:
お願い私を押して!
ブログ王ランキングに参加中!
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ
携帯はこちらからどうぞ
にほんブログ村 ニューエイジ 携帯はこちらからどうぞ
人気ブログランキングへ
くる天ランキング

携帯の方はこちらからどうぞ
くる天 人気ブログランキング
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
フリースペース
皆さんへの応援歌のつもりがいつの間にか毎日の愚痴ばかりになっています。 酷くみじめで哀れな心の病に苦しんでいる自分を見てください。 ありのままの自分をさらけ出すことには成功しています。
フリースペース
タブーにされたんだからタブーな事も書きます。 ダメな方はスルーしてください。
フリースペース


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved