ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2022年1月13日 4時54分
ひとりきりの寂しさの中で。
夜は独りの時間。

誰にも気兼ねすることなく無駄な時間を使える。

感動する心はなんて素晴らしいんだろう、

神様ときめきをありがとう。

何でもないことに感極まって、目頭うるんでいるアホな俺がいる。

涙腺がゆるゆるだよ、歳を取ると涙もろくなっちまう。

いい年こいた、デブでキモくてブサイクでスケベなおっさんが、

愛と勇気を語るのは寒いかい?引くかい?

孤高なんて嫌だよ、みんなと仲良くやりたいさ。

人は独りでは生きられないよな。

命は限りがあるから大切にできるんだよ。

暗闇の中でだって、命は燃え上がるんだから。

くっだらね―ことに文句垂れてねーで、

ただ生きていられるだけで幸せだっつうの!
[カテゴリ:コラム+エッセイ] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年1月13日 3時22分
夜の世界
独り身の寂しさを唄に込めて、

孤独な旅は自由な旅。

誰にも気兼ねなく生きることができるが、

やっぱり淋しい。

誰かと生涯を誓い、寄り添いたい。

夢を見て、夢を信じて生きてきたけど。

道を妨害する邪(よこしま)な輩がいた。

今までの体制を変えられたら困る集団。

旧世界のままでは、いつまでも時代の夜明けは来ない。

いつかこの世界に本当の朝が訪れたとき。

すべての生命を隣人として受け入れることが出来るだろう。

こんなにも容易いチャレンジは、果てしのない困難な道。

人類のファーストステップが踏めない。

人はいつまでも獣のままだから。





[カテゴリ:詩] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年1月8日 23時53分
あなたの魂に安らぎあれ
純粋に信じる心。

何も疑わずに、まっすぐに信じ込む。

それは素晴らしい素敵。

どんな偉人も不可能だった、人を信じる心。夢を信じる心。

いまだにそのメカニズムは解明されていない。

心とは不確かなもの。

心が確かなものに変わるとき、カタチある世界の意味を知る。

いつかは消えてゆく、何もかもが。

切なくてやるせない感情。

そのもどかしさの中で、思い通りにならない毎日。

だから、昨日を捨てて、明日を夢見る。

誰かに言われて信じるのは、偽物。

本当の信じるは、信じずにはいられない心。

情熱がこの体を突き動かす。

心に張ったバリアー。

かたくなに拒み続けたぬくもりでさえ。

頬を火傷する熱い液体とともに。

あふれ出る愛情は、もう止めることなんてできない。

さあ、屈託のない笑顔を振りまいて。

此の世を優しさで満たしてしまおう。

そこに汚れは存在しない。

何かを感じて、何かを信じる気持ちがあるのなら。

すべてが愛しいと叫ぶ、この魂の叫びが。
[カテゴリ:詩] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年1月8日 22時9分
ブレスbreath(吐息)
心臓から唇に受け継がれてゆく愛。

熱い吐息が世界に語り掛ける。

大丈夫、勇気がすべてを変えてくれる。

想うことも憎むことも等しく裁かれるから。

澱んだ濁りを取り除いて透過する、

魂が光の橋を渡る。

人がいつか争いを忘れる時、

憎み合った過去を笑って振り返る。

傷つけるための武器を捨てずに持ち続けて、何を守ったの。

名誉と誇りのために人が死ぬなら、

そんなものはいらない。

青い星に産まれた僕らは、闇と光に呑まれるから。

悲しいを歴史を学ぶのは、

繰り返す過ちを止めるため。

だから今度こそと、この胸に誓うよ。

誰にも理解されなくても、

あなたを一番理解するのはあなただから。

自分の殻を打ち破って、

譲り合い、相手を褒め称える素晴らしさを。

流星が流れる空の下、すべての命が産まれてくる。

闇の中で微笑んでいるのは誰、

生きとし生けるものたちの、かけがえのない世界のために。
[カテゴリ:詩] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年1月8日 3時21分
羽ばたけ言葉のチカラ
何もかもを受け入れてくれる存在があるなら、

悲しみも悔しさも奪い去ってほしい。

移ろい変わりゆく世界で、限りある命を燃やして、

永遠に変わらないものに憧れる。

言葉の弱さに傷つき、何も希望を持てなくなっても。

何もない世界で何かができるなら、光の道標を探そうか。

間違いだらけの答えあわせの中、憶測と魂胆に裏付けられ彩られた。

灰色の世界を鮮やかな色に染める。

愛が足りないのなら、惜しむことなく愛を与えよう。

言葉は心を伝えるために代弁する、羽ばたけ言葉のチカラ。

夢見る頃を過ぎても忘れない、幾つものつまづきを輝きに変えて。

誰の目にも止まらない日陰に咲く花は、いつか大輪の花を咲かせる。

かけがえのないものを感じて流す涙。

透明な涙が語る、清く純粋な心。

何も言わなくとも心は見えているから。

愛し愛されて運営される世界なら、心は何を信じようか。

争いを捨てようとしない血気盛んな奴らを諭すために、

宇宙の叡智をください。

無念のまま人生を終わらせた魂さえも、

すべての想いが報われる明日のために。

また逢う日のためにさよならがあるから、

別れ際に見せた笑顔は、永遠の約束。
[カテゴリ:詩] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年1月6日 23時50分
天安門事件と日本平和憲法
1990頃に起きた中国天安門事件。

それ以前、ベルリンの壁崩壊の世界歴史の奇跡が起きた。
世界は民主化の波が出来た。
ソビエト連邦は社会主義体制の崩壊を余儀なくされ。
ロシアは生きたまま死に体と化した。
ワルシャワ条約機構の脅威が消え鉄のカーテンは無効化、冷戦が終結。

中国人の民主主義活動家らも行動に移る。
民主化運動の規模は盛り上がりを見せた。
事態を恐れた中国当局は軍隊を投入。
デモ活動中の中国人活動家を軍装甲車でひき殺した。

テレビ生中継で世界中に衝撃が走った。

中国国の民主化は幻になる。

赤狩りが始まった。

当局は民主活動家のリストを作り徹底的に検挙、拷問、投獄。
恐怖の中国共産党体制は地盤を固めた。
今も行われる反日教育は、当局への不信感を消すためである。
中国政府への反感を育てないために怒りの目標をすり替える。
歴史だ。日本人の中国侵略の歴史が便利に使える。
被害者意識は、有効な反日意識を育てる手段だ。
中国人商人の横暴さは世界的有名だが、中国全国民ではない。

日本などへの軍による挑発行為。
尖閣諸島を想定した中国軍の上陸訓練は。真意は前途記述にある。

判っているのだ、中国共産党が。
もう自分たちがお呼びではなくなる時代に成る事が。

血の天安門の悪夢から逃れられないのは中国当局自身だ。

米国が日本に、自分で防衛してくれと言うのも。
米国も判っているからだ、自分達もお呼びでなくなる事が。

だから、肝心の日本人が乗せられてはいけないのだ。
世界に平和が来る。日本が先導しなければならない。

戦争のバカたちを、
恥ずかしい自制心のない暴力主義者だと言えるのは。
世界で日本人だけだ。

これがピンチに見えるチャンス。自民が乗せられている。

TPPもそう、市場をクソまみれにする理由は。
判っているからだ。
世界中みんなお呼びじゃないのだ。

中国国民に日本平和憲法を伝授すれば、共産党は簡単に崩壊する。
日本人が中国人に世界平和主義を教えれば、
中国人はすぐに親日派に変わる。
  [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年1月4日 17時57分
青春の忘れもの
自由に空を飛ぶ鳥のように、

心の翼を広げて。

この震える手のひらは、

何を手にし何を失うだろう。

あの日言えなかった言葉たちが、

胸の奥から溢れ出してくる。

世界を自分の手で創れ。

誰かが作った宗教や戦争や学校なんて、なんの意味もないよ。

自分の世界は、自分の手で創るしかないだろ。

成功者が妬ましいのだろう、人生の勝利者になりたくて、

敗北者の自分を勇気づける。

一度きりの一等賞を当てるために、貧乏くじを引き続ける人生。

闇の中を手探りで、喜びを探せ。

幸せの代価を支払う。

世界って不公平だな。

有り余る富もあれば、目を疑う貧しさもある。

カネも名誉も何もない自分だけど、

この想いは誰にも負けない。

自由に駆け抜ける日々が青春なら、

いつまでも終わらない青春だってあるさ。

辛いほど、困難なほど、

気持ちは熱く燃えるもの。

簡単に叶わない夢だからこそ、

面白いんだよ。

散々傷つきうろたえて、困って悩んで、答えを見つけてゆく。

どん底の絶望の中でさえ、僅かな希望を求める。

真実が見えないからこそ、人生を賭けて探すんだよ。

別れ際に見せた淋しい笑顔は、何が言いたかったの。

誰の目にもとまらない日陰に咲く花は、

いつの日か満開になる。

咲き誇れその誇り高き夢のために。
[カテゴリ:詩] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年1月3日 0時8分
桜咲く
 
かけがえのないもの、

それはあなた。

あなたの毎日とあなたそのもの。

かけがえのない日々を生きているあなたは、

瞳の奥に隠している。

綺麗なもの、心を打ちのめすものに魅入られている。

心のずっとずっと奥で感じている、

本当に大切ななにか。

誰かを傷つけたと後悔するなら、

人間らしく生きたいのなら。

魂が縛られている世界で、真の解放を求めたとき。

群れから弾かれてしまう。

群れを追い出されたサル山のサルは、

新しい群れを作る。

例えそれが部落間抗争に発展しても、

異端者の烙印を押されても。

自分を愛してくれるものを、

ただまっすぐに愛せばいい。

この国の悲しい歴史、

桜が咲くこの国で、命の大切さを学んだ。

二度と同じ悲しみを繰り返さぬよう、

すべての暴力を捨て去る日のために。

血気盛んな奴らでさえ、人の心の愛が好きだから。

もう一度、争いのない平和な世界を信じてみよう。

いつか、すべての人が手をつないで仲良く暮らせる日。

人が人であるために、

あなたがあなたらしく生きられるように。
[続きを読む]
[カテゴリ:詩] [コメント (0)] [トラックバック (0)]





  次の8件
くる天
ブログ紹介
人間力を育てよう!-ブロくる
ノーリターン新 さん
人間力を育てよう!
地域:静岡県
性別:男性
ジャンル:お絵描き お絵かき
ブログの説明:
人が社会で一番最後に信用されるのは、
才能でも能力でもなく人間力です。
愛をもって誠を貫かんとすれば、
あまたの障害が立ちはだかります。
おもしろいではないですか。
自己紹介
統合失調症の中二病。 平和が好きで争いが嫌いなアカシックレコード接続者。 愛と勇気を信じる時代遅れのおっさんのエゴを聴いてください。 詩人のヒーリングです。 利他主義の為に。愛と平和の為に。 このブログに掲載されている詩や小説やイラストは、全て自分が描いた自分の著作物です。 どうぞご自由にお使いください。
カテゴリ区分け
全て (2256)
紙に描いたイラストBOX (46)
お絵かきCG (20)
お絵描きCGBOX (7)
詩 (701)
俳句・川柳・短歌 (4)
コードLP(SF小説) (75)
彗星のターマック(コードLPスピンオフ) (1)
オートマチック・ガールズライフル(小説) (36)
オートマチック・ガールズライフル2(小説) (5)
優世代戦闘機・姫(戦記小説) (3)
サンチャイルド(戦記小説) (12)
女神大陸(小説) (5)
ウラ・オモテヤナ猫(コント小説) (28)
平和完遂軍/ピンフエージェント(コント小説) (2)
チュイナ・メルトダウン〜華世界〜(小説) (1)
格闘ポエム(戦うバカ徒)格闘詩 (7)
ショート小説 (14)
オペレーション・リヴァイアサン(SF小説) (1)
コメント (297)
コラム+エッセイ (81)
独白 (94)
ジャーナリズム (38)
人間力の育てかた (143)
精神疾患 (25)
内宇宙の信仰心(無宗教) (150)
アカシックレコード記憶庫 (233)
個人的な恋愛話 (9)
スピリチュアル (62)
都市伝説 (3)
集団ストーカーへの苦情 (6)
軍事評論(戦争と平和) (24)
人類学 (6)
自作作品について (10)
ゲームやPCの話。 (1)
タブー (8)
平和の為に (37)
常識と非常識 (3)
お気に召したら押してね!
web拍手 by FC2
ブロくるアクセス数
総アクセス数: 380463
今日のアクセス: 120
昨日のアクセス: 232
FC2カウンタ

現在の閲覧者数:
お願い私を押して!
ブログ王ランキングに参加中!
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ
携帯はこちらからどうぞ
にほんブログ村 ニューエイジ 携帯はこちらからどうぞ
人気ブログランキングへ
くる天ランキング

携帯の方はこちらからどうぞ
くる天 人気ブログランキング
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
フリースペース
皆さんへの応援歌のつもりがいつの間にか毎日の愚痴ばかりになっています。 酷くみじめで哀れな心の病に苦しんでいる自分を見てください。 ありのままの自分をさらけ出すことには成功しています。
フリースペース
タブーにされたんだからタブーな事も書きます。 ダメな方はスルーしてください。
フリースペース


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved