ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2022年4月29日 23時7分
ブログ休みます。
[続きを読む]
[カテゴリ:自作作品について] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年4月24日 21時22分
大人を大人買いする大人
遥かな過去と遥かな未来から呼んでいる。

痛みを知る人間よ、

正しさが人を救ってくれるわけじゃないから。

良いも悪いも、時の運に任せよう。

世界線の果てで待ってる、あなたが幾つだろうと何者だろうと関係ない。

この想いを共有してほしい、あなたが欲しがっているのは最高の笑顔。

クソみたいな世界に生きる宝石のあなたは、生存競争に疲れている。

地獄の炎が爆炎をあげる、漆黒の中で光彩を増す光。

屍の群れをすり抜けてついにここまで来た。

心を掻きむしる想いは語りかける。

酸いも甘いも知る人生の達人よ、

あなたの欲しいものは何、

あなたが恐れているものは何。

おしゃれなファッションでストリートを歩く。

でも本当に見たいのは、

あなたの裸の心。

心を武装して何を守ったの、何があなたの心を掻きむしるの。

何度も何度もつまづいて、とんでもない階段を駆け上がる。

世界線の果てで待ってる、あなたが笑ってようと泣いていようと関係ない。

この瞬間にも時計の針は音を立てて刻んでいる。

自らを完全だと信じる者たちに、足りないことが生きる道だと問う。

生きる素敵を夢見て、信じることを自慢して想いの限界まで。

肌が温度を失い青ざめるまで、何度も疑いと闘った。

なんの為に生きているのだろう、

信じられるものなど何もないくせに。
[カテゴリ:詩] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年4月24日 21時16分
約束は果たされない
淡々と着々としめやかに宴は進み。

血と生贄の心臓を捧げ、

望まれた救世主は降臨した。

産まれてくる全ての命を犯し、眼球に恐怖を刻み込む。

新世界秩序の悪夢、

嘘が真実となり正義が滅びる。

あがなうことが罪で、従うことが愛だと説く。

遠路はるばる訪問する客人に、怒涛の如く罵声を浴びせる。

何も語らないことが生き残る道なら、道端に生首が並ぶ。

すれ違う魂は永遠に気づかない、出会うことが残された希望だと。

憧れた者が待ち焦がれた未来。

約束は果たされない、想いという未熟が世界を惑わしても。

残された者たちが地獄で憂う、困難こそが生きる道だと。

抗えない運命につばを吐き静かに消えてゆく、満たされないままの心をさらして。

漆黒に射す僅かな光が教えている、

お前も砂丘の砂の一粒だと。
[カテゴリ:詩] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年4月24日 21時6分
ラヴテレパシー
想いは伝染する。

指先で触れると水面に広がる波紋。

一滴の清涼剤が渇いた心を潤い、革新的な価値観が世界を払しょくする。

誰でもいいこの気持ちが理解できるなら。

愛の形は論じられない、自分こそが全てだと。

汚れた心と汚れた瞳が笑う、私の足元に跪きなさい。

震える身体で恐怖と向き合う時、光と闇がすり替わる。

自分を責めることに慣れた、たかがこんな自分と。

信じることが全てだと信じた、例え地獄の世界でも。

罪の数を数えるより明日の希望を教えてほしい。

光のプリズム、愛の精神官能。

禁断の花びらにそっと口づけしたのは誰。

美しい独りよがり、まだ見ぬ人に想いを馳せて。

裸の武装理論、全てを捨てて全てを掴むまで。

快楽とは無縁の愛は、制約され続ける願いの果てに願う。

道を歩いて困難に出会ったら何にすがりつけばいい。

愛してると勝ち誇って見せても、私は人生の敗北者。

身を焼き焦がすほどの炎の中で、悶え崩れゆく愛に陶酔する。

立ち止まれない文明は今日も間違いを犯す。

私たちは繰り返す、永遠のワンステップアップ。

迷うことなくたどり着けるように、愛の連鎖を唄おう。
  [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年4月24日 20時54分
身を寄せ合う獣のぬくもり
想いが尽きることはない。

心の奥底で望んでいる本当の安息の為に。

愛がすべてを奪い去るまで、祝福を信じ続けよう。

運命を抱きしめたい、固くぎゅうっと。

肌と肌で温め合うのは闇を生き延びる手段。

化石の街で振り返る、空と大地がひっくり返る。

ボタンを押させろ、生きることに資格は要らないから。

にがい思い出がいっぺんになだれ込む、

後悔と懺悔の明日に。

朽ちる身体に鞭を入れて夢を見る。

心は疲弊しない、ぴちぴちで鮮度抜群。

ま新しいジーンズに履き替えて出かけよう、半額セールに乗り遅れないように。

時計を刻んで短い夜が流れてゆく。

あなたが見つめている想い出のオルゴール。

そばで眠らせてほしい、傷ついた羽を癒す鳥のように。

ターゲットは人間の貧しい心。

世界を再構築する、全ての存在が生き残る為に。
[カテゴリ:詩] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年4月24日 20時37分
雨降りパレード
あ〜ん!人ったらし〜!

たぶらかされた虜にさせられたあ!

雨降りに傘も差さないで立ちんぼの君。

話しかけるきっかけを作って、お誘いを待っている。

そうやっていい人を演じて、ハートを独り占め。

頬を染めてうつむいている待ちぼうけさん。

もしも振り向いたら、どんな顔するんだろう。

スマホで隠し撮りした君の笑顔。

ミルクキャンディを舐めながらベッドで悶えている。

枕に顔を突っ込んで妄想中。

今日君の後ろ姿を見た、君とお揃いのスマホに買い替えた。

鏡と睨めっこしてそばかすを気にしている。

明日世界が終わるより、君と目が合うことが大事件。

君とあいあい傘だったら、くちゃくちゃの笑顔になるのに。

駅前のバーガーショップで異性と話してる君。

どんな関係なの、ショックはビックバン級。

運命の瞳はヤルセナイ。

涙は大きく育って、大きな雨粒を降らせる。

ねえ君、いつまでもここにいるよ。

頬を伝うのは雨の雫だよ、悲しみの証じゃないよ。

雨のパレードに交じって踊る未来。

いつかすべてが分かれ行くのに、出逢おうとする心が痛いよ。
[カテゴリ:詩] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年4月24日 20時22分
炎(ショート小説)
建てつけの悪い入口の戸をガラっと開け、定食屋の厨房から威勢のいい声が聴こえる。

お冷で喉を潤して煙草に火をつけると、テレビで遠い外国の戦争のニュース。

こうして一日の糧の為に代価を稼いでいるのに、人が意味もなく死んで逝く。

無関心という主義主張、病んでいるのは世界の全てだろう。

店主のおやじのいつものセリフ。

「どーでえ景気は」

おやじがまだ小僧だった頃、この国で戦争があった。

誰だって死にたくはないだろう。国家が人殺しを命じて、自分の命を奪われる。

喰ってく為に死ぬ気で働く、生き残る為に必死で殺す。

人間の宿命ってやつは、どこまでも儚く厳しい。

奥のテーブルを覗くと、キ〇ィちゃんマスクの鼻を押さえる制服の女学生。

慌てて煙草を灰皿でもみ消す。

こんな店に女の子ひとりで来るなんて、度胸がある子だ。

「ニラ餃子定食ニンニクたっぷりでお願いします」

俺は悟った。

この娘はツワモノだ、世の中の浮き沈み酸いも甘いも知っている。

常識の言いなりになることが生き残る術(すべ)だと。

まだ若かった頃、ニキビ面で修正エロ本に騒いでいたガキの俺には、

目に映るものすべてが信じられなかった。

生きてゆく為に知らないふりをする、何もないように振る舞う。

芝居小屋で革新的なキメ台詞を吐く役者。

観賞用の花が短い一生を終えるように枯れてゆく。

美しい季節だけを切り取って見せられるなら、老いてゆく姿は見られたくはない。

日陰でそっと死んで逝く人生の落伍者。

輝くものの陰で消えてゆく幾つもの憧れ。

「はいよ粘りもの大盛り!」

カウンター越しに身を乗り出す雇われ店員の若造、注文した納豆チャーハンが来た。

この料理は火加減が難い、納豆が焦げ付かないようにサッと炒める。

至福の納豆とマヨネーズのハーモニー。

せともののレンゲでハフハフ言いながら掻っ込む。

コップのビールでめしを流し込み、隣のカウンターを見ると。

若いわけありそうなアベックがいちゃついている。

俺にはカンケ―ねえ。今月の給料の振り込みまで生き残ることだけ。

店主のおやじがジッポーで煙草に火をつける。

ぼんやりとした頭で考える、炎がすべてを焼き尽くしてくれたら。

この空間には色んな雑念が混じりこんでいる。

厨房の湯気と店内の煙草の煙、店員の罵声と客の駄話。

ありふれた毎日がいつまでも続くと思っているのに、

運命に簡単に裏切られる。

独り暮らしの安アパートには誰も待つ者はいない。

ジャージ姿でくつろぐと、隣の部屋で夫婦喧嘩の声。

何も変わらないことが日常なら、心を掻きむしるこの疼きはなんだ。

世間の常識に飼いならされたゾンビは、逞しい野良猫。

あの女学生のように、清く強く生きられたら。

果たせない約束をいつまでも待ち続ける夢人のように。

今日も明日も生きてゆくことに罪があるのなら、誰も償いなんてしないだろう。
[カテゴリ:ショート小説] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年4月24日 9時55分
自分らしさの果てに
私の心に住んでいる病んだ衝動。

何もかもを一瞬で塗り替える。

全てを焼き尽くすほどの愛情。

世間から見ればゴミくずでも、夢中になれば価値のあるもの。

運命は自分が決める、軟弱な優しさはお呼びじゃない。

終わりを感じてしまう朝に、空回りの勇気。

マッチ売りの少女の禁断の誘惑。

最終電車でやって来る汚れたヒーロー。

運命は遠くで笑っている、この地獄に花を咲かせる。

私の心を支配する歪んだ欲望。

何もかもがいちもくさんに。

全ては等しく闇の中に消える。

探し物が見つかるなら、公園の砂場で冒険をしよう。

海底に沈むお宝、誰もが自分の権利を主張する。

全てはここに帰って来る、運命の輪廻。

路地裏で孤独を取引する引きこもり。

始発バスは病んだ囚人が乗っている。

失うものは何もない、この地獄のフィールドを駆ける。
[カテゴリ:詩] [コメント (0)] [トラックバック (0)]





  次の8件
くる天
ブログ紹介
人間力を育てよう!-ブロくる
ノーリターン新 さん
人間力を育てよう!
地域:静岡県
性別:男性
ジャンル:お絵描き お絵かき
ブログの説明:
人が社会で一番最後に信用されるのは、
才能でも能力でもなく人間力です。
愛をもって誠を貫かんとすれば、
あまたの障害が立ちはだかります。
おもしろいではないですか。
自己紹介
統合失調症の中二病。 平和が好きで争いが嫌いなアカシックレコード接続者。 愛と勇気を信じる時代遅れのおっさんのエゴを聴いてください。 詩人のヒーリングです。 利他主義の為に。愛と平和の為に。 このブログに掲載されている詩や小説やイラストは、全て自分が描いた自分の著作物です。 どうぞご自由にお使いください。
カテゴリ区分け
全て (2265)
紙に描いたイラストBOX (46)
お絵かきCG (20)
お絵描きCGBOX (7)
詩 (708)
俳句・川柳・短歌 (4)
コードLP(SF小説) (75)
彗星のターマック(コードLPスピンオフ) (1)
オートマチック・ガールズライフル(小説) (36)
オートマチック・ガールズライフル2(小説) (5)
優世代戦闘機・姫(戦記小説) (3)
サンチャイルド(戦記小説) (12)
女神大陸(小説) (5)
ウラ・オモテヤナ猫(コント小説) (28)
平和完遂軍/ピンフエージェント(コント小説) (2)
チュイナ・メルトダウン〜華世界〜(小説) (1)
格闘ポエム(戦うバカ徒)格闘詩 (7)
ショート小説 (14)
オペレーション・リヴァイアサン(SF小説) (1)
コメント (297)
コラム+エッセイ (81)
独白 (94)
ジャーナリズム (38)
人間力の育てかた (143)
精神疾患 (25)
内宇宙の信仰心(無宗教) (150)
未来の話 (1)
アカシックレコード記憶庫 (233)
個人的な恋愛話 (9)
スピリチュアル (62)
都市伝説 (3)
集団ストーカーへの苦情 (6)
軍事評論(戦争と平和) (24)
人類学 (6)
自作作品について (11)
ゲームやPCの話。 (1)
タブー (8)
平和の為に (37)
常識と非常識 (3)
お気に召したら押してね!
web拍手 by FC2
ブロくるアクセス数
総アクセス数: 394341
今日のアクセス: 37
昨日のアクセス: 123
FC2カウンタ

現在の閲覧者数:
お願い私を押して!
ブログ王ランキングに参加中!
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ
携帯はこちらからどうぞ
にほんブログ村 ニューエイジ 携帯はこちらからどうぞ
人気ブログランキングへ
くる天ランキング

携帯の方はこちらからどうぞ
くる天 人気ブログランキング
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
フリースペース
皆さんへの応援歌のつもりがいつの間にか毎日の愚痴ばかりになっています。 酷くみじめで哀れな心の病に苦しんでいる自分を見てください。 ありのままの自分をさらけ出すことには成功しています。
フリースペース
タブーにされたんだからタブーな事も書きます。 ダメな方はスルーしてください。
フリースペース


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved