ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2020年1月19日 18時14分
64チタンボルト ワンオフ 製作
 先日ご紹介したワンオフのチタンナットと同時にご注文いただきました64チタン製ワンオフ超低頭ボルトの製作が完了しました。
 お待たせし大変申し訳ございません。
 
 規格ボルトでは都合が悪い、しかし、軽量化は行いたい、そんな状況は多々あると思います。
 お時間はいただきますが、このようにボルトナットの加工、ワンオフなども行っております。
 興味のある方はご相談ください。 

 
[カテゴリ:機械加工] [コメント (0)]




2019年12月31日 7時35分
連絡用
 ワンオフオーダー品の図面となります。
 ご確認ください。
[カテゴリ:機械加工] [コメント (0)]




2019年11月17日 14時11分
64チタンナット 製作
 ワンオフのご依頼をいただきました64チタンナット、製作完了しました。
 まだボルトの製作ができておらず、お待たせし大変申し訳ございません。
 
 さて、このナット、M8のナットですが規格外の寸法となるため、ワンオフのご依頼をいただいたものになります。
 通常のM8ナットよりも座面径が小さく、その影響で六角もサイズダウンし、さらに高さも低いものとなっています。 

 このような加工も承っております。
 興味のある方はお問合せください。
 
 
[カテゴリ:機械加工] [コメント (0)]




2019年11月17日 8時8分
NSR250R(MC21-28)後部側フューエルタンク・クイックリリースピン 構想
 NSR250Rのフューエルタンク・クリックリリース化ですが、前側はビットホルダーを使うというアイディアを丸ごとパクってしまいましたが、後部側については、オリジナルでいこうと考えています。

 使用するのは、ボンピンです。
 すでに、このボンピンを使用し、アプリリアRS125のタンクカバーのクリックリリース化を行っていますが、同じ方程式をNSRの後部側にも用いようと考えています。

 他にも実践している人がいるかもしれませんが、一応このアイディアは真似たものではなく、自ら考えたものになります。
 うまくいくといいのですが。
 

 


[カテゴリ:機械加工] [コメント (0)]




2019年11月14日 22時53分
NSR250R(MC21-28) 64チタン フューエルタンク・クイックリリースホルダー 製作
 
 まずはじめに、この部品はご依頼いただいても製作しません。
 なぜなら、DMR-JAPAN様のブログを見て着想を得ているからです(有り体に言うと、パクっている、から)。

 まずは動画からご覧ください。



 当店のNSR250Rは、フューエルタンク前側の固定部分を自作のクリックリリースピンにしてあります。
 売りとしては、頭に六角穴を掘っているので、外観が非常にスマートです(個人的感想です)。
 しかし、アッパーカウルステーがあることから、ベータピンを刺しにくいという難点があり、最近はベータピンなしで走らせていました(といってもここ2年NSRには乗っていないので、その前の話しですが)。
 気にはなっていましたが、特に困ることもないので放置していましたが、ビットホルダーを流用するアイディアがあることを出来ると知り、パクってみることにしたというわけです。

【動画解説】
 ビットホルダーそのものが長いので、分解し、旋盤を使用し短く切削加工しました。
 付属のキーアダプター(というらしいです)にねじ切りして使用することも考えましたが、やや細いため、タンクにマッチするよう64チタンからビット部分(車体側の軸)を削り出しました。
 軸の頭を5mmの六角にしているのは軸をフレームにねじ込む際に使用するためです。
 ちょっとしたミスで、ビットホルダーとタンクとの間に隙間ができたことから、隙間を調整するカラーを64チタンで作りました。
 実は、SK11のビットホルダーは赤い部分が下に少し長く、この部分がタンクに直接当たると固定が解除されてしまうため、カラーで赤い部分を下から押さないようにする意味もあります(うまく説明できません、すみません)。
 そして、クイックリリースホルダーとして機能することは確認できましたが、アッパーカウルステーにがっつり干渉してしまいます。
 アッパーカウルステーの中央部分をカットしてしまうことも考えましたが、そうするとステーと車体との取り付けが左右それぞれボルト1本であることから、振動等で非常に緩みやすくなります。
 そこで、ステーの中央部分をスライドさせることで、タンクを外す際に簡単にクイックリリースホルダーにアクセスできるようにした、という感じです。

 先述の通り、このパーツの製作はお引き受けできませんが、このくらいでしたら64チタンの加工を承ります、という作例としてご覧ください。
 
 
 
 
 
[カテゴリ:機械加工] [コメント (0)]





 前の5件 次の5件
最近の記事
07/08 22:11 PQ RGV-γ250SP(VJ23A) 排気バルブカバー 試作
06/07 20:01 PQ キャブの部品?ワンオフボルト 製作
01/09 00:09 アプリリアRS125用 140〜144cc用レーシングチャンバー 近日入荷
01/07 22:47 アプリリアRS125用 レース用クラッチカバー 近日入荷
11/19 21:01 アプリリアRS125用 VHM シリンダーヘッドカバー 近日入荷
11/16 20:44 ご連絡
11/15 22:49 レンタルピット ウェットブラスト用キャビネット大型化
11/14 00:32 PQ ハーレー用ワンオフボルト 製作
11/01 07:34 PQ NSR250R用ドライカーボン製ラジエターヒートガード 製作
09/21 19:37 アプリリアRS125 CLブレーキ フロントブレーキパッド C60 レーシングパッド 入荷
最近のコメント
RGV250ガンマ(VJ22A)用カーボンエアボックス 入荷(ポチ)
RGV250ガンマ(VJ22A)用カーボンエアボックス 入荷(杉山嘉浩)
NSR50 ITALKIT selettra インナーローターキット 入荷(横山オート)
CBR250RR(MC22)用ステップアップブラケット 製作(ポチ:)
CBR250RR(MC22)用ステップアップブラケット 製作(とも)
CBR250RR(MC22)用ステップアップブラケット 製作(ポチ:)
CBR250RR(MC22)用ステップアップブラケット 製作(ポチ)
CBR250RR(MC22)用ステップアップブラケット 製作(den)
CBR250RR(MC22)用ステップアップブラケット 製作(ポチ)
CBR250RR(MC22)用ステップアップブラケット 製作(den)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved