このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
プーさん日記-ブロくる
プーさん さん
プーさん日記
地域:奈良県
性別:女性
ジャンル:日記 一般
ブログの説明:
ホッとするひと時を・・
カテゴリ
全て (29)
趣味 (7)
健康 (2)
仕事 (3)
いろいろ (2)
病気 (0)
生活 (9)
食べる事 (2)
アクセス数
総アクセス数: 13458
今日のアクセス: 2
昨日のアクセス: 6
RSS
最近のトラックバック
トラックバックはありません。
カレンダー
<<2020年10月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ブログ内検索

ゲームソフトを買い取りしてもらう時の為に
 
2020年10月17日 10時51分の記事

ゲームソフトを売る場合に、買い取り価格に大きく関係してくるのは状態は言わずもがなではありますが、ケースと説明書があるかどうかも大きく関わってきます。

ケースはゲームをしていない時にはソフトを入れるので捨てずに置いてあるという人は多いのですが、説明書は操作や内容を把握したあとは、捨ててしまったり紛失するといった人も多いのです。

ケースも、ついうっかり踏んでしまって割れてしまう事もあります。
そうすると買い取り価格も下がります。

他には、ケースやソフト、説明書に名前などを書いてしまったりシールを貼ってしまった場合もやはり価値が下がってしまいます。

かといって書いてしまった名前を薬品で消そうとしたり、シールを剥がそうとして汚くなってしまうと更に買い取り価格が下がることになる事もありますので避けたほうがいいです。

まずは売りに行く前に、ちゃんと起動するか音が出るかなどの動作確認をし、ケースやソフトの傷や説明書の有無、汚れ、ヒビ割れがないかどうかをしっかりとチェックしましょう。

それらがあった場合でも買い取りをしてくれる所はたくさんありますが、どうしても
安くなってしまいます。
ひどい場合は買い取り出来ませんと言われてしまうことも珍しくはありません。
せっかく持って行ったのに、また持ち帰ってしまわなければならなくなってしまいます。

中古のソフトを買った時に、誰か知らない人が汚したり何かを書いたというような、自分が嫌だと思うような状態かどうかというのを考えてみると分かりやすいかもしれません。

新品であれ中古であれ、そのゲームがやりたくてお金を出して買ったものですから、いつかゲームをやらなくなって売る時が来るまで大切に扱って置きたいものです。

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい




このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。


◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/pusan/451293

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved