このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
らんちゅうを買った後のお話。
[らんちゅう飼育]
2009年5月3日 22時59分の記事

金魚の中でも、何故からんちゅうを飼育したくなったら、さっそく金魚屋さんやペットショップに行ってみましょう。


気に入ったらんちゅうをお店で購入してきたら、早く自分が用意した水槽に入れて観賞したくなってしまいますが、ここはグッと我慢が必要です。
金魚全般に言えることですが、らんちゅうも急激な環境変化に弱い魚です。
購入後、すぐに水槽や池に移すと、らんちゅうは体調を崩してしまう恐れがあります。


らんちゅうを購入してきたら、らんちゅうが入っている袋や容器自体を、そのまま用意した池や水槽に浮かべておきましょう。
水温の差がなくなるまで(1度以内)30分程度、早くても20分はそのままにしておきます。
水温差が分かりにくい場合は、水温計を使うと正確に判断できますよ。


水温を合わせたら、今度は水質を合わせます。
らんちゅうが入っている容器の中に、水槽の水を少しずつ入れていきます。
10分おきくらいに2〜5回に分けて、容器の水の半分程度を目安に入れていきましょう。


ここまで終わったら、いよいよらんちゅうを水槽に移します。
容器の水が汚れている場合は、水槽には入れない方が良いでしょう。


水槽に移したら、しばらくそのまま様子を見ます。
そろそろ餌を与えたいところですが、それもしばらく我慢しましょう。


新しい環境に入ってすぐに餌を与えると、病気の原因になる場合があるので、4、5日間は何も与えてはいけません。
最初に餌を与える時は少なめにし、少しずつ量を増やしていきましょうね。


先にお家で飼育しているらんちゅうがいる場合、新しく購入してきたらんちゅうは、しばらく別の水槽で飼育した方が良いでしょう。
それは病気を持っていた場合の感染予防のためですが、らんちゅうに多い「エラ病」は空気感染する場合もあるので、水槽は離れた場所に置いておきましょうね。


【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せください



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。
くる天
プロフィール
red42 さん
らんちゅうの飼育法と環境作りの注意点
地域:千葉県
性別:男性
ジャンル:暮らし ペット
ブログの説明:
当サイトでは、刺激のない環境で稚魚から育てる楽しみ方、らんちゅうにおける環境の作り方と健康状態を考えた飼育方法について掲載しています。らんちゅうを上手に飼育できるおすすめ情報満載です。
カテゴリ
全て (32)
らんちゅう飼育 (28)
生活について (1)
趣味に関して (0)
お役立ち情報 (0)
雑学について (0)
知恵袋コーナー (0)
アクセス数
総アクセス数: 36590
今日のアクセス: 2
昨日のアクセス: 1
RSS