このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
ntioly4 さん
現役東大生もびっくり 驚愕のリハビリシューズ
地域:三重県
性別:女性
ジャンル:仕事 アフィリエイト
ブログの説明:
厳選! 「リハビリシューズ」の超簡単な活用法8個
カテゴリ
全て (1)
アクセス数
総アクセス数: 564
今日のアクセス: 0
昨日のアクセス: 0
RSS
断捨離をはじめてから
 
2013年1月19日 1時2分の記事

1年前あたりから断捨離をやっている。
というか、やってはやめ、やってはやめの繰り返しだ。

何がしんどいかというと、物を捨てるときだ。
捨てるべきか持つべきか、常に考えてしまう。


【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


そうして、考えていると、その物を手に入れたときの思い出なんかがよみがえってきて、ますます捨て辛くなってくるのだ。

なんで、みんな断捨離がうまくいくのだろう。
というか、みんなうまく言っているのだろうか。。

捨てられなければ、その物をしまうだけの大きなスペースがあればいいのだが、なかなかそういうわけにはいかない。

でも、ちょっぴりいいことを発見した。

床に物が散らかっていると、見た目も悪いし、そもそも整理ができない。

そんな場合は、高層ビルみたいに、空間を高く活用すればいいのだ。

つまり、ラックや棚をうまく活用すること。

これだけでも、ずいぶん収納スペースが確保でき、その結果、整理整頓もしやすくなる。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/rorona564/238453
最近の記事
01/19 01:02 断捨離をはじめてから
最近のコメント
コメントはありません。
最近の足跡
足跡はありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved