このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
u1 sayo さん
資本主義と理想主義の狭間で。
地域:神奈川県
性別:女性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
徒然なるままに爆発。
カテゴリ
全て (78)
アクセス数
総アクセス数: 16819
今日のアクセス: 6
昨日のアクセス: 15
RSS
信頼している歯医者さんがいます。
 
2014年2月26日 23時4分の記事

歯医者で感動したのは初めてでした。

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


今週の土曜日 元・地元近くの歯医者さんに行こうと思っているんだけれども。
すごいんだよね、丁寧で ちゃんと説明してくれて 技術もあるし。
だから 遠いけど通うことにしたのです。

本当は、近所のどっかの歯医者さんでもいいかなって思った
そんな緊急でもないから。
でも、ふと
歯だって、あたしの身体の一部で
これから先 長く付き合って欲しい一部だから
(美味しくごはん食べたいからね!)
そんな一部を どこの馬の骨とも知らぬ(ひどい言い様)歯科医に任せていいのか!と。

以前行っていた歯医者さんが あまり あたしには合わなかったってゆう過去があるだけなんだけどね。まあ。

そんなこんなで。
子宮頸癌?予防のワクチン 再開の話が進んでいますね。
ワクチンって、もうあたしたちの頭の中では
イコール、病気を予防するもの ってなっちゃうけれど
予防接種って そのウイルスとか菌?をちょっとばかし体内に入れて
抗体を作ろうってんだから
肉を切らせて骨を断つ的な?違うか?
どっちみち 肉は切らせているんだよ。
よーく考えると 怖いねえ。

いや、そもそも。
副作用が取り沙汰された時点で
ある一定の条件下で そのワクチンにより副作用出ちゃう人が
複数名いたってことでしょ?
そんな え、100%大丈夫って言える?みたいなやつを
(まあ100%はないにしても)
「国」が再開するって 決めていいの?

これは絶対裏で得している
もしくは再開しないと大損な
影響力のある何者(達)がいると見た。
こーゆーの疑心暗鬼って言うかい?笑

なにはともあれ
歯の治療受けるのも
ワクチン受けるのも
自分の身体であるっつーことですよ。
やべー失敗した、責任取れ!って言って
金は支払われるかも知れないけれど
全く元には 戻れないんだよなあ。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/sayou1/286806
Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved