このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4844)
国際情勢 (154)
政治 (1616)
防衛 (2404)
外交 (10)
芸能 (154)
スポーツ (49)
技術 (50)
社会問題 (189)
産業 (30)
その他 (31)
アクセス数
総アクセス数: 910234
今日のアクセス: 179
昨日のアクセス: 500
RSS
カレンダー
<<2017年03月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
韓国の朴槿恵大統領罷免は当然の結果だが大統領を選んだ韓国国民も罷免されるべきだ!!
[政治]
2017年3月11日 4時38分の記事

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


韓国の朴槿恵大統領が3月10日に憲法裁判所の判断で罷免されました。
その時点で、朴槿恵氏は大統領の職を解かれたことになります。
この結果そのものについては当然でしょうが、何故このような事態に韓国は陥ったのでしょうか??

同日22時29分に産経ニュースが「【朴政権崩壊】朴槿恵氏と私 国民情緒に翻弄された 元ソウル支局長 加藤達也」の題で哀れな韓国の政治や社会を次のように批判しています。
『朴槿恵氏がとうとう大統領を罷免されてしまった。朴政権と500日あまり法廷の内外で争った身ではあるが、不思議と特別の感慨は湧かなかった。むしろ、寂しく大統領府を後にすることになる朴氏が昨秋以来、これまで経験した労苦をねぎらいたい気持ちだ。

 罷免は朴氏の身から出たさびの面もあり、また大方の予想通りでもあったから驚きもしなかったのだが、韓国の「国民情緒」の怖さは改めて思い知った。

 韓国では、よく自嘲的に「憲法の上に国民情緒法がある」と語られる。一度、情緒の流れができてしまうと“力”を持つ主体が次々とわれ先に世論にひれ伏し、国民情緒の前で“正義の味方”を演じ政治・社会的地位を上げようとする。

 それまで大統領に忠誠を誓っていたものが手のひらを返して「民心」の下僕となる。

 今回、憲法裁判所の判決が近づくにつれ韓国では、朴氏の罷免に反対する勢力が言論(メディア)▽検察▽国会▽労組−を「4賊」と批判した。

 「100万人」の抗議集会の流れを作った労組以外の3つの勢力は、流れの尻馬に乗って「弾劾」を推し進めた。3月以降は「罷免反対」の世論も相当にあったが、時すでに遅く、巻き返しはできなかった。

昨秋以来の朴氏をめぐる混乱を見て、コラムの内容をめぐり記者が右翼団体に告発され、検察から起訴されたことを思い出した。

 この「産経コラム問題」で韓国検察は、そもそも記者が書いたコラムを朴氏が読んだのか、被害意識があるのか調べもせずに起訴に踏み切った。朴氏の胸中を忖度(そんたく)した側近らの考えを、検察がさらに忖度した結果だった。起訴前には産経新聞ソウル支局の入るビルの玄関前を政権周辺からそそのかされたデモ隊が取り囲み、初公判の時には法廷や裁判所の敷地内で騒動を起こした。

 一連の現象は、政権中枢が産経新聞から謝罪と記事の取り消しを勝ち取り、記者を“不名誉の帰国”に追い込む「国民情緒」を作り上げようとするものだった−。無罪判決で裁判が決着した後、弁護士が朴政権と検察の当初の意図を教えてくれた。

 記者の場合は、日本側が反発し国際世論の批判が起きて逆に朴政権が追い込まれたため、国民情緒が濁流にならなかった。朴氏と記者は、実は同じように「国民情緒」に翻弄されたのだった。(社会部編集委員)』

加藤氏が言われる「国民情緒」で政治や社会や司法判断まで翻弄される韓国。
正に衆愚政治、いや、「大衆動員政治」とでも言うべき、愚民政治の典型的な例そのものです!!

韓国の朴槿恵大統領罷免は当然の結果だが大統領を選んだ韓国国民も罷免されるべきだ!!

このような国家や民族に真面な政治や社会が実現出来るはずがない!!

このままでは韓国は「世界のかませ犬」で終了するしかない!!


下のブログランキングに参加しています。ご支援のクリックをお願い申し上げます。



韓国の朴槿恵大統領罷免は当然の結果だが大統領を選んだ韓国国民も罷免されるべきだ!!

このような国家や民族に真面な政治や社会が実現出来るはずがない!!

このままでは韓国は「世界のかませ犬」で終了するしかない!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/377599
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
10/21 00:00 日本は既に安倍政権でTPPや「自由で開かれたインド太平洋地域」構想で集団安全保障体制を構築!!GJ!!
10/20 00:00 今、大切な事は国防と新型コロナ禍からの回復!!日本を愛する人を国会に、そして自分も変えよう!!
10/19 00:00 中朝韓の特亜3国は寝そべり主義に寄生虫主義、日本は世界の模範となるように丁寧な無視を!!
10/18 00:00 日本の安全保障戦略が根底から変革を迫られる今、日本の強みを生かすにはどうあるべきか??
10/18 00:00 今年の夏も猛暑でしたが、秋はますます短くなっている!天気がおかしくない!?
10/17 00:00 NTT docomoの通信障害は中国恒大集団の巨大不良債権問題と同等の重大問題だ!!
10/16 00:00 岸田文雄首相の衆議院解散後の記者会見はなかなか味のある、そして未来への行方を観られるものだ!!
10/15 00:00 岸田文雄首相はこれから新型コロナ対策や外交・安全保障などで課題が山積、高市早苗政調会長と連携を!!
10/14 00:00 自民党が衆議院選挙にての選挙公約を発表、政治の流れが大きく変わる!!日本を愛する人を当選!!
10/13 00:00 拉致問題発言で露呈!!立憲民主党など旧民主党政権の連中らは極左反日反米の文在寅大統領と同じ!!
最近のコメント
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved