このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4437)
国際情勢 (154)
政治 (1485)
防衛 (2156)
外交 (10)
芸能 (141)
スポーツ (39)
技術 (49)
社会問題 (188)
産業 (28)
その他 (30)
アクセス数
総アクセス数: 665033
今日のアクセス: 28
昨日のアクセス: 499
RSS
カレンダー
<<2018年07月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
自民党の岸田文雄政調会長や中国の習近平国家主席に共通するのは進み際と引き際が分からない点だ!!
[政治]
2018年7月26日 0時0分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


「人生、山あり谷あり」とは良く言ったものですが、政治の世界でも古今東西、良くある事です。

それが特に政党や首脳レベルの事になれば、国家存亡の危機すら招きかねません。
この辺りの事が分からないのが、日本や米国では極左反日反米である旧民主党勢力や共産党、米国民主党などの「極左であり偽リベラル」な無為無策無能な政党や政治勢力なのです!!

7月25日00時11分に産経ニュースが「【自民党総裁選】安倍晋三総裁の連続3選濃厚に 岸田文雄氏の不出馬表明」の題で次のように伝えました。

『自民党の岸田文雄政調会長は24日、東京都内で記者会見し、9月の総裁選への立候補を見送る意向を表明した。岸田派(宏池会、48人)が結束して安倍晋三首相(党総裁)の連続3選を支持する方針も示した。総裁選は首相と、出馬の準備を進める石破茂元幹事長の事実上の一騎打ちとなる見通し。岸田派の支持で首相は国会議員票の7割近くを固める構図となり、3選が濃厚となっている。

 岸田氏は記者会見で、不出馬の理由について、西日本豪雨災害への対応や北朝鮮問題、対米外交などを挙げ「首相中心に取り組みを進めていくことが日本の安定にとって重要だと判断した」と述べた。「いつまでも出馬するのかしないのかを明らかにしないのは無責任だ」とも語った。

 不出馬の決断は「24日の朝」と説明。首相とは23日に面会した上で、24日の会見2時間前に電話で不出馬と首相支持を伝えた。「政策集団として一致結束して臨むことが大変重要だ」と述べ、岸田派を首相支持でまとめる考えも示した。

 総裁選は、党所属国会議員が1人1票ずつ持つ国会議員票(405票)と、党員らの投票を基に算出される党員票(405票)の計810票で争われる。

既に最大派閥の細田派(清和政策研究会、94人)をはじめ、麻生派(志公会、59人)、二階派(志帥会、44人)が首相を支持しており、岸田派と菅義偉官房長官に近い無派閥議員約30人も加えれば、国会議員票の7割近くが首相支持となる。報道各社の世論調査でも自民党支持層の支持は首相が優位に立っている。

 首相は24日、党本部で地方議員と懇談し「今後、熟慮して3選について考えていきたい」と述べた。石破氏は岸田氏の不出馬について「本人がものすごく苦悩した上での決断だ」と記者団に語った。

 野田聖子総務相は「自分の信念に従って歩いていくだけだ」と述べ、20人の推薦人集めを進める考えを示したものの、支持は拡大していない。』

筆者の目には、岸田氏は当時、まだ野党であった自民党で安倍氏が総裁に返り咲いた際の総裁選挙に出馬していなかった事が、今も尾を引いているのです。
小泉元首相も、「3度目の正直」で総裁になった事を分かっていないのでしょうか??
総裁選に出馬する時は出馬しなければなりません!!

一方、中国の習近平国家主席の指導力に陰りが見える中、その遠因が安倍首相の外交戦略にあったとの指摘があります。
7月24日にzakzak by 夕刊フジが「【外交戦争の勝者】『価値観外交』で習近平氏に勝利した安倍首相 「日本軽視が誤り」と融和的に」の題で次のように伝えました。

『安倍晋三首相が第2次政権で復帰したのは2012年12月だが、その前月、中国で習近平国家主席が就任した。

改革開放以来の「日中関係」を中国側から見ると、トウ小平氏は「利日」で、日本をモデルとして援助国として利用した。江沢民元国家主席は「反日」で、米国に第2次世界大戦の同盟国だったことを思い出させて、接近を図った。

 胡錦濤前国家主席は「正常化」への指向はあったが、江氏の圧力もあるうえ、初期には小泉純一郎政権の「反中路線」で動けなかった。安倍第1次政権、福田康夫政権の時代には改善したが、その後、民主党内閣の「粗雑な外交」で、沖縄県・尖閣諸島問題がこじれ、国内で「反日ムード」が高まり再び関係は悪化した。
 現在の日中関係の悪さは、「民主党政権の負の遺産」から始まったことを強調しておきたい。

 習氏は、日本を「軽視」し、欧米などに「アジアは中国の勢力圏だ」と認めさせようとした。積極的な外遊を繰り返し、経済力を背景に主導権を狙い、当初は、それが成功するかに見えた。
 これに対し、安倍首相は、オーストラリアやインドを巻き込んで、普遍的価値観(=自由と民主主義、基本的人権、法の支配、市場経済)を同じくする国々の団結を基軸にした「価値観外交」で対抗した。

 日本では、野党や偽リベラル(=極左ポピュリスト)が「日本は、中国の優位を認めろ」と安倍首相に迫り、国会に縛り付けて外交を妨害した。米国のリベラル勢力に巣くう中国・韓国シンパは、「安倍首相は歴史修正主義者だ」などと騒ぎ立てた。

しかし、安倍首相は、オバマ政権に粘り強く、「日本は、米国の信頼できる同盟国である」ことを納得させ、「女性の権利拡大などに積極的である」とアピールした。それはやがて、米連邦議会上下両院合同会議での演説(2015年4月)や、バラク・オバマ大統領の広島訪問(16年5月)に結実した。現在のドナルド・トランプ政権とは蜜月である。
 さらに、ヨーロッパとの関係も劇的に改善した。ロシアとはクリミア問題での対欧配慮から動きにくいが、ウラジーミル・プーチン大統領との関係は良好だ。このあたりは、次回以降詳述したい。

 一方、習氏の中国には、15年あたりを境に、欧米やアジア・アフリカでも警戒感が広がっている。安倍首相が価値観外交を通じて、しかるべき警戒を呼びかけたことの結果でもある。
 内外ともに苦境に陥った習氏は「日本軽視路線が誤りだった」ことに気がつき始め、随分と融和的になってきた。
 こうした大きな流れは「安倍晋三が習近平に勝った」と総括してもよいものだ。この連載では、そういう視点で、安倍外交の回顧と展望をしてみよう。

 ■八幡和郎(やわた・かずお) 1951年、滋賀県生まれ。東大法学部卒業後、通産省入省。フランス国立行政学院(ENA)留学。大臣官房情報管理課長、国土庁長官官房参事官などを歴任し、退官。作家、評論家として新聞やテレビで活躍。徳島文理大学教授。著書に『韓国と日本がわかる最強の韓国史』(扶桑社新書)、『「立憲民主党」「朝日新聞」という名の偽リベラル』(ワニブックス)など多数。』

八幡和郎(やわた・かずお)氏のこのシリーズ連載に期待したいところですが、この引用記事で分かる点は、「習近平国家主席の外交での進み際や引き際が全く分からない」ことで、愚か極まりない無為無策、無能さを証明したことです!!
これは極左反日反米のである旧民主党勢力や共産党、米国民主党などの政党や政治勢力と、その扇動を支援する朝日新聞やCNNなどの極左偏向マスコミにも共通して言える事ですがねえ(皮肉な棒読み×100)。


自民党の岸田文雄政調会長や中国の習近平国家主席に共通するのは進み際と引き際が分からない点だ!!



7月24日、首相官邸にて自由民主党岐阜県連県議会議員との面会をする安倍首相(右)
出典:首相官邸HP


下のブログランキングに参加しています。ご支援のクリックをお
願い申し上げます。



自民党の岸田文雄政調会長や中国の習近平国家主席に共通するのは進み際と引き際が分からない点だ!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング


このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/412634
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
10/26 00:00 【独自】拉致問題で安倍前首相や菅首相らは対中国包囲網のみならず対南北朝鮮包囲網で外堀を埋めた!!
10/25 00:00 米国の仲介でイスラエルとアラブ各国との国交正常化が進む背景には日米両国の「仲介と戦略」あり!!
10/25 00:00 「アフターコロナ」で既に日本は「鬼滅の刃」や安倍晋三前首相らの言動が大きな効果!!GJ!!
10/24 00:00 「グローバル化」で極左化していないのは日本だけ!!米国大統領選挙でのSNS偏向報道や削除も酷い!!
10/23 00:00 「鬼滅の刃」ヒットの裏には日本や世界が抱える不条理や不合意等の不満が爆発し始めている事実が!!
10/22 00:00 映画「鬼滅の刃」が大ヒット!!安倍晋三前首相の外交安保政策を更に推進する菅義偉首相と重なる!!
10/21 00:00 菅義偉首相の初外遊と同時並行で日豪関係強化や安倍晋三前首相らの動きも活発化!!半沢直樹の倍返し!!
10/20 00:00 米国大統領選挙でバイデン候補は前副大統領時代から次男と汚職等に手を染める、次もトランプ大統領!!
10/19 00:00 政府の奥の手、一律給付金や持続化給付金などの給金の本当の目的を知らない輩ほど詐欺をするのだ!!
10/19 00:00 故中曽根康弘総理の内閣自民党合同葬儀で改めて浮き彫りになった当時の偉大な政治は現在も必要だ!!
最近のコメント
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved