このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4893)
国際情勢 (154)
政治 (1641)
防衛 (2425)
外交 (10)
芸能 (156)
スポーツ (50)
技術 (50)
社会問題 (189)
産業 (30)
その他 (31)
アクセス数
総アクセス数: 939605
今日のアクセス: 360
昨日のアクセス: 869
RSS
カレンダー
<<2020年01月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
戦争前夜の米国とイランとの関係を保てるのは日本以外に無い!!安倍首相の海自派遣判断は正しい!!
[防衛]
2020年1月9日 0時0分の記事

【PR】電話相談システム開発ならイーステム


日本は中東を中心に大量の石油類を輸入している事は小学生でも習う重要かつ重大な事です。

そして今、既に多くの報道がなされていますが1月3日に米国トランプ大統領の命令により、イラクのバグダットにてイランの革命防衛隊の司令官らが殺害され、米国とイランとの関係は「戦争前夜」の如く緊張しています。

この背後関係は実に複雑怪奇なものがありますが、筆者がここで一番強調したい点は、米国とイランとの関係を保てるのは世界中を観ても日本以外に無い、という点です!!

1月7日にzakzak by 夕刊フジが「安倍首相「日本船舶守る決意」海自中東派遣へ 識者「安倍首相が米国とイランの“橋渡し役”になるかもしれない」」の題で次のように伝えました。

『安倍晋三首相は6日の年頭記者会見で、海上自衛隊部隊の中東への派遣方針に変更がないことを明らかにした。米軍が「テロの首謀者」として、イラン革命防衛隊のガーセム・ソレイマニ司令官を殺害したことを受け、米国とイランは一触即発の状況となっている。中東地域の緊張が高まるなか、日本のエネルギー確保のためにも日本船舶の「航行の安全」に努める強い覚悟を示した。

 「現状を深く憂慮している。事態のエスカレーションは避けるべきである」「わが国は、中東の地域にエネルギー資源の多くを依存している。日本関係船舶の航行の安全を確保していく」
 安倍首相は年頭会見で、海自部隊の中東派遣について、こう語った。

 菅義偉官房長官も同日夜のBSフジ番組で「米国やイランにもしっかり説明をさせていただいている。心配はしていない」と言い切った。
 ソレイマニ氏の殺害以来、日本の左派政党やメディアは、海自部隊の中東派遣撤回を求めているが、官邸のツートップが拒否したわけだ。

 日本は原油の9割近くを中東に依存している。タンカーの安全確保は、日本経済や日本社会を支えるエネルギー供給の生命線に関わる。海自派遣の撤回は、丸腰の民間タンカーを放置することと同意語ともいえる。

 安倍首相は1月中にサウジアラビアなどへの訪問を調整している。中東混乱の背景には、イスラム教徒シーア派の盟主であるイランと、スンニ派が多数を占めるサウジアラビアの対立に起因する争いがある。関係各国に、海自の中東派遣の意図を説明するようだ。

 注目された安倍首相の年頭会見をどう見るか。
 拓殖大学海外事情研究所所長の川上高司教授は「わが国の生命線である石油確保のため、米国主導の有志連合に巻き込まれない今のうちに自衛隊を派遣し、情報収集・監視にあたるのは戦略的にも評価できる。安倍首相の中東訪問はタイミングにしても、状況を見極めながら存在感を訴えるのに良いチャンスだ。安倍首相は、イラン首脳とも親しいだけに、万が一、事態がエスカレートした場合、米国とイランの『橋渡し役』を担うことになるかもしれない」と語っている。』

日本だけが、米国とイランとの橋渡しが出来る国なのです!!
何故ならば、イランの政治体制はある意味で日本に似た点があり、イラン国民は歴史的経緯から欧米諸国への強い反感を持つ一方で、日本に対しては親近感を持ち、国際的に強い立場に立つ事を望んでいるからです。
それはイランの隣国であるイラクへの復興支援等の実績でも明らかです!!

首相官邸HPは、安倍首相の1月6日の年頭の記者会見を次のように公開しています。

『(前略)

本年の干支は、庚子(かのえね)であります。ねずみは、十二支のトップバッターであり、新しい芽が伸び始める年と言われています。そして、庚(かのえ)には、これまでの継承の上に、思い切って改革していく、そういう意味が込められています。新しい時代を切り拓くような、大きな改革を進めていく。庚子は、これまでも、そうした節目の年になってきました。

 60年前の庚子には、日米安全保障条約が改定されました。そして日本は、東西冷戦を乗り越え、平和と繁栄を享受してきた。日米同盟は、まさしく、その後の時代を切り拓くものとなりました。60年を経た今なお、我が国の外交・安全保障政策の基盤となっています。
 他方、世界は今、大きな変化のうねりの中にあります。東アジアの安全保障環境がかつてない厳しい状況の下で、日米、日米韓の緊密な連携はもとより、ロシアや中国との協力関係を築くことは極めて重要です。

 北朝鮮と、日朝平壌(ピョンヤン)宣言に基づいて諸問題を解決し、不幸な過去を清算して、国交を正常化するとの方針も揺らぎません。最も重要な拉致問題の早期解決に向け、金正恩(キム・ジョンウン)委員長と、条件なしで、直接向き合う考えです。

 中東地域が緊迫の度を高めており、現状を深く憂慮しています。事態の更なるエスカレーションは避けるべきであり、全ての関係者に緊張緩和のための外交努力を尽くすことを求めます。先月、イランのローハニ大統領を日本にお迎えしましたが、この地域の緊張緩和と情勢の安定化のために、これからも日本ならではの外交を粘り強く展開します。

 我が国はこの地域にエネルギー資源の多くを依存しています。こうした外交努力と併せて情報収集体制を強化するため、この地域に自衛隊を派遣し、日本関係船舶の航行の安全を確保していきます。自由で、公正なルールに基づく経済圏を、更に世界へと広げていく努力も続けます。TPP(環太平洋パートナーシップ)加盟国の拡大、RCEP(東アジア地域包括的経済連携)交渉など、日本は自由貿易の旗手として、これからもリーダーシップを発揮してまいります。

 自由で開かれたインド太平洋というビジョンの下、日米同盟の強固な基盤の上に、地球儀を大きく俯瞰(ふかん)しながら、欧州、インド、豪州、ASEAN(東南アジア諸国連合)など基本的な価値を共有する国々との連携を一層深めていく考えです。

 日米安保条約60周年の節目となる本年、戦後の日本外交を総決算し、その上に、新しい時代の日本外交の地平を切り拓く。そうした一年としたいと考えています。
(以下略)』

正に、安倍首相の年頭の記者会見での発言は、日本の立場の現状と、変革する方向を示したものであり、高く評価出来るものでしょう。
何もしない、という選択肢などは無いのです!!


戦争前夜の米国とイランとの関係を保てるのは日本以外に無い!!
安倍首相の海自派遣判断は正しい!!

追記:
1月8日、イランは革命防衛隊司令官らの米軍による攻撃殺害に対する反撃をイラク国内の米軍基地に向けて行い、短距離弾道ミサイルや巡航ミサイル等を使用しました。
それでも、敢えて申します。

イランに対する独立の保障が可能で、かつ米国軍や米国の中東の同盟国とイランとの間に入れる国家は、どう見ても日本以外にはありあません。



1月6日の安倍首相の年頭の記者会見を報じる、1月7日の夕刊フジ紙面
出典:こちら夕刊フジ報道部 ツイッター


追伸:

世界情勢の激変で、内外であらゆる業種・業界で激変が起き続けています。
今までの常識や業界・業種の因習や考え方ではとても通用出来ない時代になりました。
そのような中で、変化のチャンスを物に出来るか否かは、あなたの現在と未来の行く末すら左右します。

本ブログの記事等に関する内容などへのご意見、ご希望等をコメント欄などに書き込んで頂ければ幸いです。

有用で有効な情報等を随時お届けします!!


下のブログランキングに参加しています。
ご支援のクリックをお願い申し上げます。



戦争前夜の米国とイランとの関係を保てるのは日本以外に無い!!
安倍首相の海自派遣判断は正しい!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング


このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/438889
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
12/06 00:00 日本の防衛省・自衛隊が最早容赦無く、中露朝韓への敵愾心を燃やして新兵器の開発加速!!
12/06 00:00 新型コロナ禍でますます国際関係の緊張や緊迫度は高まるばかりだ!!台湾海峡波高し!!
12/05 00:00 対中国外交で我が日本が毅然とした態度と自主防衛力強化を推進する事こそが世界への大きな貢献です!!
12/04 00:00 静岡県の川勝平太知事のような差別発言や間違った考えの政治家を選挙で見抜き政界から追放せよ!!
12/03 00:00 安倍晋三元首相が台湾で開かれたフォーラムにリモート講演で台湾支持、日本の外交と安全保障にGJ!!
12/02 00:00 新型コロナウイルス感染拡大やオミクロン株等の変異種は21世紀の新たなる戦いの典型!!
12/01 00:00 岸田文雄首相がオミクロン株対策に先手、新型コロナウイルスのみならず防衛等でも先手の対応を!!
11/30 00:00 新型コロナウイルスの新規変異株、オミクロン株に要警戒!!年末年始の感染対策徹底を!!
11/29 00:00 気象変動の激化で作物すら変化、政治は木下富美子元都議のように激変と激動の変化を見逃すな!!
11/28 00:00 令和3年度補正予算案で防衛省・自衛隊関係が過去最大の7738億円!!「戦略3文書」改定も必須!!
最近のコメント
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved