このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4816)
国際情勢 (154)
政治 (1607)
防衛 (2387)
外交 (10)
芸能 (153)
スポーツ (48)
技術 (50)
社会問題 (189)
産業 (30)
その他 (31)
アクセス数
総アクセス数: 893175
今日のアクセス: 384
昨日のアクセス: 678
RSS
カレンダー
<<2020年02月>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
新型肺炎で弱点が露呈した医療防疫体制も外交や防衛などの安全保障体制の一環として整備強化せよ!!
[防衛]
2020年2月3日 0時0分の記事

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


2月3日は、節分の日。
厄や鬼を家などから追い出す「お祭りの日」でもあります。

そして、今、世界で感染が拡大している新型コロナウイルスによる新型肺炎こそが、厄や鬼となっているのです。

そしてそこには、医療や防疫の観点のみならず、国策や国益等も絡む事態もあります。
日本から中国・武漢への帰国希望者に向けたチャーター機一つを取っても、難しい問題が絡んでいるのです。

2月2日01時17分に産経新聞 THE SANKEI NEWSが「新型肺炎チャーター機第4便は「来週半ば以降」」の題で「新型肺炎」の特集項目にて、次のように伝えました。

『在中国の日本大使館は1日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染が拡大している中国湖北省に現在も滞在している帰国希望の邦人に対し、次のチャーター便の運航が「来週半ば以降になる見込み」との内容のメールを発出した。「できるだけ早く運航が可能になるように最大限努力」しているとも記した。外務省が明らかにした。

 政府による湖北省武漢市へのチャーター便は1月28、29、30日に各1便出発し、これまでに565人が帰国した。同省内には、140人程度の帰国希望者がいるとみられる。武漢市以外の省内の居住者や、中国籍の家族を持つ人が中心だが、中国当局は中国籍配偶者らの出国を認めない方針とされる。日本大使館は「中国籍の方の出国については、中国側と引き続き鋭意調整中」としている。』

中国籍の配偶者に関しての帰国が認められない事は勿論、人道上の問題や生活の問題を含めて深刻な問題です。
しかし、これには中国政府の思考や政策が見え隠れします。
現在こそWHOも方針を転換して緊急事態宣言を出しましたが、先月の1月の時点では「中国への過度の配慮」があり、それらを示唆する報道もあります。

1月30日16時56分に同メディアが同特集項目にて、「新型肺炎、中国の本音は外国人退避阻止か WHOもフル活用」の題で次のように中国政府の戦略が思考を批判しました。

『【北京=西見由章】新型コロナウイルスによる肺炎の感染拠点となった中国湖北省武漢から各国がチャーター機で自国民を退避させている措置について、中国当局にはそうした動きを拡大させたくない本音がにじむ。外国人の脱出が相次ぐ事態は、中国の対応能力に対する国際社会の不信感を国内外に示すことにもつながりかねないためだ。

 「自国民の撤収を希望している国もあるが、世界保健機関(WHO)はこうしたことは主張しない。過剰反応は必要ない」。中国外務省によると、WHOのテドロス事務局長は28日、北京で会談した王毅国務委員兼外相にこう語った。

 テドロス氏はエチオピアの元保健相、元外相だ。中国は巨大経済圏構想「一帯一路」の下でエチオピアに鉄道建設など多額の投資をしている。また中国に協力的な外国要人は、引退後も中国の友人として手厚くもてなされる。テドロス氏は「中国の体制の力強さと措置の有効性はまれに見るもので感服する」と述べ、中国の政治体制の賛美まで行うサービスぶりだった。

 駐インド中国大使の孫衛東氏は28日、テドロス氏の「過剰反応」発言を引用した上で「WHOは中国が感染拡大を防ぐ能力があることを確信している」とツイート。インド政府が自国民退避に向けた協力を中国側に求めている中での発言だけに「中国政府は明らかにインドの退避措置を思いとどまらせようとしている」(インド・メディア)と不満の声が上がっている。』

つまり、1月の時点では中国政府は日本人を含めて、各国から滞在している人々を帰国・撤収させたくはなかったのです。
このような中国政府の姿勢に媚びへつらい、追従するWHOの弱腰姿勢は世界の批判に晒されたのはご承知の通りです。

一方、国土交通省政務官で自民党参議院議員の和田政宗氏は、2月1日、自身のツイッターで政府の対応を説明しています。

『作家で評論家の百田尚樹氏のツイッター
(厳しい言い方をするが、遅すぎる!
しかも現時点でも甘すぎる!
中国が武漢を封鎖した時点で動いていれば、と思う。
政府も自民党もバカばかりかと思う。
野党やメディアはもっとバカばかりだけどね。)に対して:

百田さんの厳しいご意見、しっかりと受け止めさせていただきます。』

『本日より湖北省に14日以内に滞在歴がある、または湖北省発行の中国のパスポートを持つ外国人について入国を拒否している。
国土交通省では現在、停止されるまでの武漢からのツアーとバス利用を全て調査している。
さらに、事態は現在進行形であり、封じ込めのためあらゆる体制を敷き対応にあたっている』

これらのように、現在の日本や世界の医療防疫体制は、これだけ世界がグローバル化して人や物流が世界規模で毎日大量に動くにも関わらず、一向に改善していない事が新型肺炎の感染拡大で証明された、と言った良いかと存じます。

鴨の水掻き(かものみずかき)ということわざがあります。
この意味は、気楽そうに浮かんでいる鴨も、水面下では水かきを絶えず動かしているところから、人知れない苦労があることのたとえです。

ウイルス・感染症対策の医療関係者やNBC兵器対策等の防衛関係者の間では、以前から新型インフルエンザや新型ウイルスによる世界的流行への懸念が出されており、SARSやMERSの流行はその試金石だ、との警告も出されてきました。
かれらは、世間の無知・無関心さへの対応や政治指導者への働きかけなど、正に「鴨の水掻き」をしてきたのです。

そして立憲民主党や共産党など、極左反日反米の左派政党はそれらの事を含めて、外交や防衛の揚げ足取りしかしませんから、筆者であっても怒りを禁じ得ませんね!!

それが発生源の中国・武漢の当局者や政治責任者らの為体と無為無策によって、爆発的な感染となって拡がったのですから、どのような観点から見ても、新型肺炎で弱点が露呈した医療防疫体制の強化は喫緊の課題と解決が不可欠です!!


新型肺炎で弱点が露呈した医療防疫体制も外交や防衛などの安全保障体制の一環として整備強化せよ!!



中国・武漢で発生し世界的な感染が拡大している新型コロナウイルスによる新型肺炎対策に追われているにも関わらず立憲民主党や共産党などの極左反日反米の左派政党は、「桜」の質問ばかりをしている!!
この態度を批判糾弾する1月30日の夕刊フジ紙面
出典:こちら夕刊フジ報道部 ツイッター


追伸:

世界情勢の激変で、内外であらゆる業種・業界で激変が起き続けています。
今までの常識や業界・業種の因習や考え方ではとても通用出来ない時代になりました。
そのような中で、変化のチャンスを物に出来るか否かは、あなたの現在と未来の行く末すら左右します。

本ブログの記事等に関する内容などへのご意見、ご希望等をコメント欄などに書き込んで頂ければ幸いです。

皆様に有用で有効な情報等を随時お届けします!!


下のブログランキングに参加しています。
ご支援のクリックをお願い申し上げます。



新型肺炎で弱点が露呈した医療防疫体制も外交や防衛などの安全保障体制の一環として整備強化せよ!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング


このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/439977
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
09/26 00:00 旧約聖書に記述があるソドムとゴモラはツングースカ大爆発のように天体衝突で破壊!?防衛強化を!!
09/25 00:00 菅義偉首相は最後まで「天地人」の王道を進む正道派、文在寅大統領は嘘捏造隠蔽の悪政腐敗無能派!!
09/24 00:00 今、そこにある危機に私達は無関心では絶対にダメ!!自民党総裁選挙の結果はそれだけ重要なものだ!!
09/23 00:00 敢えて申し上げましょう、SNSでの根拠の無い誹謗中傷は犯罪だ!!論理性を以て反論せよ!!
09/22 00:00 中国が経済失速から無節操な言動がますます過激化!!日本は台湾や豪国等との関係強化を!!
09/21 00:00 豪国の潜水艦問題の背景と国家戦略の結果、豪国は日本製潜水艦の選択肢を捨てられない訳
09/21 00:00 「ヒューマンエラー」は誰にでもあるが、公務員や政治家では社会全体が不幸になるので責任は重い!!
09/19 00:00 新型コロナ禍で今や常在戦場、中露や南北朝鮮等からの脅威に対抗し日本の自主防衛力を強化せよ!!
09/18 00:00 安倍晋三前首相が自民党総裁選挙にて高市早苗候補を支持表明、これで流れが大きく動く!!
09/17 00:00 北朝鮮が長距離巡航ミサイルに続き弾道ミサイル発射、韓国SLBM発射実験、彼らには鉄壁の防衛体制を!!
最近のコメント
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved