このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4895)
国際情勢 (154)
政治 (1641)
防衛 (2426)
外交 (10)
芸能 (157)
スポーツ (50)
技術 (50)
社会問題 (189)
産業 (30)
その他 (31)
アクセス数
総アクセス数: 940385
今日のアクセス: 103
昨日のアクセス: 454
RSS
カレンダー
<<2020年06月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの父親の滋さんが死去、安倍首相はトランプ大統領と連携した行動を!!
[防衛]
2020年6月7日 0時0分の記事

【PR】電話相談システム開発ならイーステム


冷戦時代を含めた戦後の昭和や平成の歴史は、「八方美人的な政治経済」だったのでしょうか。
人々は何らかの専門家であれば一生、安泰でした。

政治家は政治、公務員はそれぞれの行政や施策、各分野の産業従事者はそれぞれの職業に見合った技能や技術、知見・治験等を持てば良かったのです。

それが、21世紀に入り、IOT技術の急速な進展や世界の緊迫化等により、政治も経済も産業も医療も外交安全保障まで、全てが「丸い大きな玉」のように一体として考えなければならなくなりました。

そうです、中国発の武漢ウイルス・中国ウイルス・新型コロナウイルスによる新型肺炎の世界的な感染拡大は、正に、それらの動きの「最後の一押し」だった、と後世の歴史家は語ることになるでしょう。
北朝鮮による拉致問題も、残念ながらこれらの時代の流れの中の犠牲であった、と言わざるを得ません。

6月5日に首相官邸HPは「横田滋氏の逝去についての会見」の題で次のように安倍首相の会見を公開しました。

『令和2年6月5日、安倍総理は、都内で会見を行いました。
 総理は、横田滋氏の逝去について、次のように述べました。

「本当に、残念です。横田滋さんの御冥福を心よりお祈り申し上げます。そして、早紀江さん始め、御遺族の皆様に、心からお悔やみを申し上げたいと思います。
 滋さんとは本当に長い間、めぐみさん始め、拉致被害者の方々の帰国を実現するために、共に戦ってまいりました。

 2002年の10月の15日、5人の拉致被害者の方々が、帰国を果たされた。羽田空港に、当時私は官房副長官として、お出迎えに伺ったわけでありますが、横田滋さんも早紀江さんと共に、家族会の代表として来ておられました。
 そして、代表としての責任感から、その場を記録にとどめるために、カメラのシャッターを切っておられました。帰国された拉致被害者の方々は、御家族の皆さんと抱き合って喜びをかみしめておられた。その場を、写真に撮っておられた、滋さんの目から本当に涙が流れていたことを、今でも思い出します。あの場に、めぐみさんがおられないということ、どんなにか残念で悔しい思いだったかと、その時、本当にそう思いました。

 滋さんが早紀江さんと共に、その手でめぐみさんを抱きしめることができる日が来るようにという思いで、今日まで全力を尽くしてまいりましたが、そのことを総理大臣としても、未だに実現できなかったこと、断腸の思いでありますし、本当に申し訳ない思いで一杯であります。何とか、めぐみさん始め、拉致被害者の方々の、故郷(ふるさと)への帰還、帰国を実現するために、あらゆるチャンスを逃すことなく、果断に行動していかなければならないという思いを新たにいたしております。
 改めまして、滋さんの御冥福を心からお祈り申し上げます。」

「25年以上、滋さん始め、家族会の皆さんと、何とか拉致被害者の方々が帰国できるように、まだ世の中が十分に認識をしていなかった時代から、滋さん、本当に暑い日も寒い日も署名活動に頑張っておられました。その姿をずっと拝見してきただけに、痛恨の極みであります。

 様々な困難があるわけでありますが、何としても、被害者の方々が実現する、そのために政府として、日本国として、様々な動き、見逃すことなく、チャンスを捕らえて果断に行動して、実現していきたいと思っています。」』

滋さんについて、同日18時49分に産経新聞 THE SANKEI NEWSが「横田めぐみさんの父、滋さん死去 初代家族会代表」の題で「北朝鮮拉致問題」の題で次のように伝えました。

『昭和52年11月に北朝鮮に拉致された横田めぐみさん(55)=拉致当時(13)=の父で、拉致被害者家族会の前代表、横田滋(よこた・しげる)さんが5日午後、老衰のため川崎市内の病院で死去した。87歳。

 平成9年2月、めぐみさんが北朝鮮に拉致された疑いが産経新聞などで報じられ、国会でも取り上げられると翌3月、日本各地の被害者家族とともに家族会を結成し代表に就任。妻の早紀江さん(84)と全国1300カ所以上で講演し被害者奪還を訴える署名活動などにも尽力、救出運動の象徴的存在になった。

 19年9月に胆嚢(たんのう)の摘出手術を受け、体調不良や高齢による体力面の不安から同11月に家族会代表を退任。その後も、早紀江さんらとともに救出活動に積極的に取り組んでいたが、自身のけがや、体調不良から講演などは減少していた。30年4月にはパーキンソン症候群のため入院し、リハビリに取り組んでいた。

 徳島県で生まれ、北海道で育った。昭和39年10月、早紀江さんとの間に長女のめぐみさんが誕生した。日本銀行新潟支店に赴任していた52年11月15日、中学1年だっためぐみさんが帰宅途中に失踪。約20年後の平成9年1月、亡命した北朝鮮工作員の証言などから、北朝鮮による拉致が確実視されるようになった。

 北朝鮮は14年9月の日朝首脳会談でめぐみさんの安否について「死亡」と説明したが提供資料などには嘘や矛盾が数多く発覚。16年に「遺骨」として提供してきた骨も、DNA型鑑定で別人のものと判明し、日本政府は北朝鮮に被害者の帰国を求め続けている。』

筆者としましても、心から、滋さんのご冥福をお祈り申し上げますと共に、ご遺族などの方々に対して心からお悔やみを申し上げます。

この拉致問題では、拉致事件当時の社会党(現在の社民党)、共産党などの反対勢力が批判されています。
当然の事ですが、ジャーナリズムも大きな過ちを犯しています。

国際ジャーナリストで福島県いわき市出身の黒井文太郎氏は同日深夜、自身のツイッターで次のように述べています。

『拉致問題にどう向かい合うかは難しい問題で、発言者はみんな難しい選択を迫られた。
自分は報道の末席の末席でしたが、北朝鮮問題には90年代から関与しました。
当初、拉致問題をオープンにすることには各自の意見があって、自分はどちらかというと慎重派だったのですが、正解はわかりません』

90年頃の政治経済情勢は、正に黒井氏の言われる状況であった事は事実です。
また、黒井氏は、政治や安全保障、そしてメディアに関して次のように的確な指摘をされています。

6月3日:
『オスプレイは危険な欠陥機とか、地上イージスは役立たずとか、見方の違いとかのレベルの話ではない「明らかな事実誤認」を「政府批判してるから信用できる」と見做すのは間違い』

『日本ではオスプレイなくてもいいと思うし、古い戦闘機の機種変はどうせ必要になるからまあいいですが、ミサイル防衛の向上を反安倍政権目的で妨害するのは、北朝鮮が核武装という超絶的な脅威下にある現在では、無責任極まると思う。
野党もメディアも言論人も、反アベは他でやって頂きたいです』

6月5日:
『例えば日本大使館と森喜朗さんが明言したら「複数の日露外交筋によると〜」と書けるのかしら新聞社的には?』

『ロシア政府が領土問題で対日配慮してるかのような報道が出るといつも思うのですが、ネタ元の一つは在モスクワ日本大使館だとして、他にはどういう裏どりしたのかが気になる。
少なくともロシア外務省にはアテてなかったということのようですし』

『ソースをボカしてることも多いので気になっています。
結果的にほぼ誤報なので、ロシア側への取材が甘いわけですが、全くしていないということもないとは思うので。
ロシアの現役当局者でない元職だと、日本メディアの気を引くよう「故意にボカした言い方」をすることは、自分の過去経験でもありました』

正に、黒井氏の深い、そして実直なご指摘の通りでしょう!!

安倍首相には、米国のトランプ大統領を見倣い、一層の連携をして政治や外交・安全保障体制の強化や日米同盟進化に尽くして頂きたいと存じます。


北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの父親の滋さんが死去、安倍首相はトランプ大統領と連携した行動を!!



6月5日、官邸にて横田滋氏の逝去についての会見を行う安倍首相
出典:首相官邸HP



トランプ大統領(右)の政治姿勢は歴代大統領ら(左)との違いを訴える画像
出典:トランプ大統領自身のツイッターRT


下のブログランキングに参加しています。
ご支援のクリックをお願い申し上げます。



北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの父親の滋さんが死去、安倍首相はトランプ大統領と連携した行動を!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/445522
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
12/08 00:00 「はやぶさ2」が持ち帰った「リュウグウ」の試料で画期的な成果が!!我が日本の宇宙開発を推進せよ!!
12/07 00:00 WTAが中国でのテニス大会を中止同様、近藤真彦氏と香港女優アニタ・ムイとの関係が蒸し返し!?
12/06 00:00 日本の防衛省・自衛隊が最早容赦無く、中露朝韓への敵愾心を燃やして新兵器の開発加速!!
12/06 00:00 新型コロナ禍でますます国際関係の緊張や緊迫度は高まるばかりだ!!台湾海峡波高し!!
12/05 00:00 対中国外交で我が日本が毅然とした態度と自主防衛力強化を推進する事こそが世界への大きな貢献です!!
12/04 00:00 静岡県の川勝平太知事のような差別発言や間違った考えの政治家を選挙で見抜き政界から追放せよ!!
12/03 00:00 安倍晋三元首相が台湾で開かれたフォーラムにリモート講演で台湾支持、日本の外交と安全保障にGJ!!
12/02 00:00 新型コロナウイルス感染拡大やオミクロン株等の変異種は21世紀の新たなる戦いの典型!!
12/01 00:00 岸田文雄首相がオミクロン株対策に先手、新型コロナウイルスのみならず防衛等でも先手の対応を!!
11/30 00:00 新型コロナウイルスの新規変異株、オミクロン株に要警戒!!年末年始の感染対策徹底を!!
最近のコメント
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved