このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4808)
国際情勢 (154)
政治 (1605)
防衛 (2381)
外交 (10)
芸能 (153)
スポーツ (48)
技術 (50)
社会問題 (189)
産業 (30)
その他 (31)
アクセス数
総アクセス数: 888104
今日のアクセス: 164
昨日のアクセス: 618
RSS
カレンダー
<<2020年06月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
イージス・アショアの計画凍結で日本の防衛計画は外交安全保障政策まで根底から変化する!!
[防衛]
2020年6月22日 5時0分の記事

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


6月15日、河野太郎防衛大臣の地上配備型イージス・アショウアの計画凍結の発表。
そして、3日後の6月18日の安倍首相の記者会見での発言。

更に、それに連動するかのような、中国や南北朝鮮の挑発行為の連発。

日本を取り巻く国際環境は一層激しく、そして大きく、大きく変化しています!!

この現実を直種し刮目しなければなりません!!

6月21日04時53分にNHKニュースが「イージス・アショア撤回方針 国家安全保障戦略 改定へ 政府」の題で次のように伝えました。

『新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画について、政府は今週、NSC=国家安全保障会議を開き、撤回する方針です。そして、外交・防衛の基本方針となる「国家安全保障戦略」の初めての改定に向け、議論を始めることにしています。
「イージス・アショア」の配備計画の停止を受け、河野防衛大臣は19日、配備候補地だった山口県を訪れたのに続いて、21日はもう一つの候補地、秋田県を訪れ、停止を判断した理由などを説明し陳謝することにしています。

政府は今週半ばにも安倍総理大臣と関係閣僚が出席して、NSC=国家安全保障会議を開き、配備計画を撤回する方針です。

そしてNSCで日本の安全保障戦略の在り方を集中的に議論し、来年度予算案の概算要求の期限となる9月末をめどに一定の方向性を示したい考えです。

この中では、「イージス・アショア」に代わるミサイル防衛体制、新型コロナウイルス収束後の国際協調の在り方、知的財産の管理をはじめとした経済の安全保障、それに「敵基地攻撃能力」の保有の是非などが焦点となる見通しです。

政府としては有識者からも意見を聴くなどしたうえで、外交・防衛の基本方針となる「国家安全保障戦略」を平成25年の策定以来、初めて改定するとともに、防衛力整備の指針となる「防衛計画の大綱」などの見直しも進める方針です。』

この報道を受けて、自民党衆議院議員の長島昭久氏は同日、自身のツイッターで次のように述べています。

『ごく自然の成り行きといえます。7年前の国家安保戦略には、インド太平洋構想もなければ、当時は未だ米中新冷戦の兆し程度でした。今回の「イージス決断」が、必要な政策転換の扉を蹴破った感もありますが、ここから年末までに防衛計画大綱、中期防、来年度予算と矢継ぎ早の作業は相当厳しい日程です。』

『今回の「イージス決断」は様々な波紋を呼んだ。唐突で怒っている方も多い。党内論議ゼロも大問題ではある。私は元の意思決定にも関わっていないし、地元説得に汗をかいた訳でもないので偉そうな口を叩ける立場でもない。しかし、今やこれは総理の決断となり、国防政策に一大転機を齎すものとなった。』

筆者も本ブログ等で述べてきましたが、多くの識者が現在進めている防衛計画の大綱や中期防の問題点は多く、相当な数や人員、そして質の向上は必要不可欠である主旨の訴えや指摘をされています。

長島昭久氏の言われる通り、今回の「イージス決断」が、必要な政策転換の扉を蹴破った感もあります!!

一方で、中国の潜水艦と推定される潜水艦が6月18日から6月20にかけて日本の奄美諸島の接続水域内を、勝手に潜水行動をした事に関して、6月21日に長島昭久氏は次のように中国を批判しています。

『海洋版「軍民融合」。尖閣諸島はじめ東シナ海において、さらに警戒を強めねばなりません。』


同じ自民党の細野豪志氏は同日、自身のツイッターで次のように述べています。

『奄美大島周辺に海軍の潜水艦。尖閣諸島周辺には中国海警が常駐しており、東シナ海の姿は確実に変わってきている。海保と海自の連携強化が急務だ。』

筆者としては、本ブログで何度も取り上げていますが、現在のイージス・アショアのシステムは能力、そして有効性や運用の面でも、そしてハード・ソフトの面ですらも開発途上・成長途上の段階であり、とてもミサイル性能を向上させ軍備拡張に余念の無い中国や南北朝鮮等への対抗策で優越性を確保するのは厳しい面があり、計画凍結は衝撃的な政策変更ですが当然の判断だ、と感じています。

筆者も何度も指摘していることですが、そもそも、弾道ミサイルや巡航ミサイル、戦術ミサイル等の「性能向上」「迎撃困難化」は比較的、簡単です。
高速化、軌道の複雑化、低空飛行や高高度飛行化、ステルス化などは少なくとも技術的にも予算的にも多少の改造等は簡単に、そして容易に可能です。
少なくともミサイル等の安全性や生産性を無視すれば、ですが。

それに比べて、これらを探知して迎撃するシステムの構築には、弾道ミサイル等の開発は配備よりも桁違いの時間と労力、予算等が掛かります。
中国や南北朝鮮等は、この点を突いているのです!!

6月19日21時14分に産経新聞 THE SANKEI NEWSが「「敵基地攻撃能力」保有なら攻勢的専守防衛への転換 首相の検討表明」の題で「北とミサイル」の特集項目にて、次のように指摘しています。

『安倍晋三首相が18日の記者会見で、敵のミサイル発射基地を攻撃し、発射を抑止する「敵基地攻撃能力」の保有を検討する意思を示したのは、北朝鮮など周辺国のミサイル技術が高度化する中、迎撃能力に頼るだけでは対処しきれない恐れが強いからだ。保有すれば抑止力のあり方が根本的に見直され、「専守防衛」の方針は守勢的から攻勢的なものへと大転換する。

 自民党の検討チームは平成29年3月、能力保有の検討を求める政府への提言をまとめた。首相は18日の記者会見で、党の提言を「受け止めていかなければならない」と強調。国家安全保障会議(NSC)で議論の対象とするとみられる。

 既存の弾道ミサイル防衛網は、海上自衛隊イージス艦の迎撃ミサイルSM3と、航空自衛隊の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)で迎撃する2段構え。
 防衛省はイージス艦を地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」に置き換える計画だったが、事実上撤回した。ただ、配備が実現しても敵ミサイルをすべて確実に撃ち落とすのは技術的に難しい。

 北朝鮮は昨年以降、17回の弾道ミサイル発射を繰り返しながら、10分以上だった連続発射間隔を約20秒に短縮した。相手の迎撃能力を超える数を同時に撃ち込む「飽和攻撃」を狙っている可能性がある。また、従来型より低く複雑な軌道を描くため迎撃が難しい新型の発射にも成功した。

 政府は敵基地攻撃能力について「他に手段がなければ自衛の範囲で、憲法上認められるが、政策上保有しない」と解釈している。首相もこれを引き継いできたが、記者会見では「日本に撃ち込むのはやめた方がいいと(敵に)考えさせるのが抑止力」と語った。政府幹部は「撃てば自分がたたかれると思わせる能力の保有を念頭にした発言だろう」とみる。イージス・アショア計画停止を受け、自民党内でも保有論が再燃している。

 防衛省は戦闘機に搭載し、艦艇などを攻撃する射程500〜900キロの長距離巡航ミサイルの導入を決めている。国産も開発中で、「敵基地攻撃に転用することは十分可能」(防衛相経験者)という。
(以下、略)』

正に、正当なご指摘です。

そして、安倍首相の政策転換も現実に即したものかと存じます。


イージス・アショアの計画凍結で日本の防衛計画は外交安全保障政策まで根底から変化する!!



イージス・アショアの施設画像
出典:自民党衆議院議員の長島昭久氏自身のツイッター


下のブログランキングに参加しています。
ご支援のクリックをお願い申し上げます。



イージス・アショアの計画凍結で日本の防衛計画は外交安全保障政策まで根底から変化する!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング


このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/446083
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
09/18 00:00 安倍晋三前首相が自民党総裁選挙にて高市早苗候補を支持表明、これで流れが大きく動く!!
09/17 00:00 北朝鮮が長距離巡航ミサイルに続き弾道ミサイル発射、韓国SLBM発射実験、彼らには鉄壁の防衛体制を!!
09/16 00:00 自民党総裁選挙に絡み中露朝や極左反日反米勢力が暗躍、日本の政治家は安全保障を理解出来る人を!!
09/15 00:00 北朝鮮が長距離巡航ミサイル発射実験、日本は高市早苗前総務相の言われる敵基地攻撃能力が不可欠!!
09/14 00:00 9.11テロ後でも毎年欠かせない山形の風物詩「芋煮会」も新型コロナ禍で影響!!悔しい!!
09/13 00:00 20年前の9.11米国同時多発テロで米国バイデン大統領が機密公開、今更、何故だ!?
09/13 00:00 モデルナワクチンの異物混入も自民党総裁選挙のお話も、問題の本質を見抜けば見えてくる!!
09/12 00:00 9.11テロから20年、日本は全く新たなる役割を世界に対して担わなければならない!!
09/11 00:00 新型コロナウイルスワクチンや治療薬等で改めて議論の大麻草を原料にした医薬品の検討等を急げ!!
09/10 00:00 高市早苗前総務相が自民党総裁選挙出馬表明でその素晴らしい政策と会見でヤジを飛ばしたバカ記者!!
最近のコメント
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved