このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4543)
国際情勢 (154)
政治 (1523)
防衛 (2219)
外交 (10)
芸能 (142)
スポーツ (40)
技術 (49)
社会問題 (188)
産業 (30)
その他 (31)
アクセス数
総アクセス数: 712237
今日のアクセス: 150
昨日のアクセス: 454
RSS
カレンダー
<<2020年07月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
イージス・アショア計画中止は日米同盟体制を含めて真剣な防衛体制議論を後押ししている!!
[防衛]
2020年7月2日 0時0分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


かの有名な戦争論にて「政治は軍事の延長」と喝破されています。

先月の6月15日に計画凍結が河野防衛大臣から発表され、その後計画そのものの中止が決定された、地上配備型イージス・アショア。

この件をよくよく観れば、日本特有の「安易な対処法」「馴れ合い・もたれ合い」が出来なくなったので真剣な防衛体制議論を後押ししている、と言って良いのです!!

6月30日にzakzak by 夕刊フジが「「イージス・アショア」配備断念で「敵基地攻撃能力」保有議論開始 「10月衆院解散・総選挙」の焦点か」の題で次のように伝えました。

『自民党は、政府が地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画を断念したことを受け、国民の生命と財産を守るため、ミサイル防衛政策を抜本的に見直す作業に入った。「弾道ミサイル防衛検討チーム」が30日午後、党本部で初会合を開く。「敵基地攻撃能力」の保有などをテーマに議論し、7月までに政府への提言をまとめる予定だ。永田町で「10月衆院解散・総選挙」説が浮上するなか、焦点の1つとなる可能性がある。

 「北朝鮮をはじめとする各国の技術の進歩にどう対応するのか。そうした観点から議論を深めることが重要だ」
 岸田文雄政調会長は29日の記者会見で、党内論議の活性化にこう期待感を示した。

 自民党は、北朝鮮の弾道ミサイル発射が相次いだ2017年、敵のミサイル発射拠点を攻撃して発射を抑止する敵基地攻撃能力の保有を検討すべきだと、政府に提言した。その後も「防衛計画の大綱」に盛り込むよう要請した経緯がある。

 今回の検討チームの座長は、保有に前向きな小野寺五典元防衛相が務める。

 河野太郎防衛相がイージス・アショアの配備計画を停止したのは、迎撃ミサイルのブースター(推進エンジン)が演習場外に落下する危険性が排除できなかったことに加え、北朝鮮や中国、ロシアのミサイル技術が向上していることがある。

 北朝鮮は昨年、新型弾道ミサイルの発射実験を繰り返したが、低高度で変則的な軌道で飛行するロシア製の弾道ミサイル「イスカンデル」に酷似するミサイルが複数回確認された。こうした新型ミサイルは、イージス・アショアを含む、従来型ミサイル防衛では対処できないとされる。

 政府は党の提言を踏まえ、9月にも現実性のある新たな抑止策の方向性を打ち出す構えだ。』

これら一連の議論について、自民党参議院議員で元一等陸佐の佐藤正久氏は、自身のツイッターで次のように述べています。

6月29日:
『【敵基地攻撃能力の保有を議論 自民、検討チームが初会合】
佐藤もメンバーとして議論に参加中。アショアの代替え、KN-23や超高速滑空弾等対処、飽和攻撃対応の為の新たな抑止力(自衛反撃能力等)、米軍との総合ミサイル防衛(IAMD)等についても議論し、提言をまとめる』

『【総合ミサイル防衛、敵ミサイル攻撃を抑止する為の自衛反撃能力が必要】
飽和攻撃に対して、全ての迎撃は困難。本当に反撃能力を全て米軍に任していいのか?日米同盟があるから米軍は何でもやってくれるとの考えは幻想。リスクを共有しなければ、米国民も議会も日本防衛に軍の運用を認めない可能性も』

6月30日:
『【敵基地攻撃能力より自衛反撃能力のワードの方が実際的】
敵ミサイル攻撃、特に飽和攻撃を抑止するには、発射機のTELを数機破壊しても抑止力とはなりにくい。自衛権の範囲内で、敵の指揮所等も視野に入れた議論が必要。故に目標の敵基地等ではなく、目的の自衛を前面に出す自衛反撃能力とするのも一案』


正に、佐藤正久氏のご指摘の通り、イージス艦とPAC−3が中心となる現在のミサイル防衛体制だけではとても飽和攻撃等へ備えは心許ないものがあります。

また、日米同盟関係の深化に伴い、役割分担等にも踏み込む議論や政策も不可欠です。
それを裏付けるものとして、7月1日06時00分にJBpressがmsnにて「ボルトン回顧録、日本に向けられた唯一の批判的記述」の題で次のように指摘しています。

『(古森 義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授)
 トランプ政権の国家安全保障担当補佐官だったジョン・ボルトン氏の回顧録が波紋を広げている。

(中略)

回顧録のタイトルになっている「それが起きた部屋」とはホワイトハウスの大統領執務室を指すようだが、5年ほど前に全米で大ヒットしたミュージカル「ハミルトン」の主題歌「The Room Where It Happens」(それが起きる部屋)になぞらえたタイトルだという説が広まっている(ただしボルトン氏はその説を否定している)。

 同書には日本の安倍晋三首相、中国の習近平国家主席、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長、韓国の文在寅大統領らアジア各国の首脳に加えて、イギリスのボリス・ジョンソン首相、フランスのエマニュエル・マクロン大統領、ドイツのアンゲラ・メルケル首相らヨーロッパの同盟諸国首脳も頻繁に登場する。トランプ大統領が彼らになにを伝え、どう評価したのかが中心に記述され、そこにボルトン氏が自分なりの評価をいろいろと書き加えている。そのなかには褒め言葉もあれば、批判や抗議もある。

 しかし日本、とくに安倍首相を批判する記述はみられない。索引で調べると安倍首相の名前は通算150回ほども登場するが、否定的な言葉がまったく出てこない。他の首脳への言及と比べると顕著な点だといえる。

 ボルトン氏の記述によると、トランプ大統領は安倍首相との会談をいつも歓迎し、前向きに交流していたようである。とくに安倍首相の中国や北朝鮮に関する意見を傾聴し、重視したという。ボルトン氏自身も安倍首相の意見を有意義だとして重く受け取ったということが繰り返し書かれていた。

 トランプ政権が、北朝鮮による日本人拉致事件の解決に協力する経緯も詳しく書かれていたが、トランプ政権の日本に対する前向きで好意的な姿勢が、その背景に見てとれる。

日米安保条約は「不公正」

 しかしそんななかで、ほぼ唯一、トランプ大統領が安倍首相に日本への不満をもらす場面が伝えられていた。2018年6月7日のホワイトハウスでの日米首脳会談である。安倍首相がカナダで開かれるG7に出席する前にワシントンに立ち寄っての会談だった。

 トランプ大統領は、その後、シンガポールで開かれる初の米朝首脳会談に臨むことが決まっていた。日本政府の当時の発表では、安倍首相は日米首脳会談でトランプ大統領に日本人拉致事件の解決への助力を求めたという。

 しかしボルトン回顧録は、こうした公式発表では伝えられなかったこととして、両首脳間で以下のようなやりとりがあったことを伝えていた。
「トランプ、安倍両首脳の間では北朝鮮や日米貿易問題について良好な会話があった。だが防衛問題となると、そう穏やかではなかった。トランプ大統領は『なにしろアメリカは日本を守っている。条約によってアメリカは日本を防衛することに同意している。私たちはあなたがたを守るのだ。だが、その逆はない。(日米安保条約を締結する)アメリカ側の交渉担当者はあまり(手腕が)よくなかったのだろう、そうは思わないか、ジョン』と語ったのだ」

 こうしてトランプ大統領は、日米安保条約が米国にとって不利な内容であるという不満を安倍首相にぶつけ、そもそも米国側の交渉担当者が有能でなかったからこんな不平等な条約ができたのだ、と冗談まじりに述べて、最後は「そうだろう?」とジョン・ボルトン氏に振ったのだ。

 ボルトン氏の記述は以下のように続いていた。
「大統領は私の方を見ながら、そう問いかけてきた。そして、『いや、条約があってもなくても、私たちは日本を守るが』と述べた。そのうえで大統領は強調した。『ただし、これは不公正だ』と」

安全保障面で日本に大きな不満
 トランプ大統領は、大統領選の選挙期間中も、就任後も、日本との同盟は片務性が不公正だとする主張を繰り返してきた。

「日本が(第三国から)武力攻撃を受ければ、米国が全力をあげて日本を防衛する。しかし米国が攻撃されても日本は米国を守らない。日本国民はなにもせずに(米国への攻撃を)自宅のソニーテレビで見ていればいいだけだ」と発言したこともある。
 ボルトン回顧録によると、トランプ大統領は2018年6月の日米首脳会談でも、軽い語り口ながら、その不公正さを改めて安倍首相に表明した。その発言の根底にあるのは日本への批判である。

 ボルトン回顧録を読むと、多数ある日本への言及のなかで、この日米同盟不公正論がほぼ唯一ネガティブと呼べる部分だった。トランプ政権の日本への姿勢には、安全保障面でまだ大きな不満が潜在的に存在することの表れだともいえるだろう。』

かつての「ロン・ヤス」関係を遙かに凌ぐ日米同盟関係、則ち「ドナルド・シンゾウ」関係を築き上げた安倍首相。
それでも、トランプ大統領をはじめ米国側には日米安保の「片務関係」への不満があるのです!!

翻ってミサイル防衛一つですらも、日本版イージスシステムFCS3を築き上げるには、米国からのイージスシステム導入を決定後、十数年の開発が必要でした。
日米共同開発した迎撃ミサイルSM−3ブロック僑舛癸隠嫁の歳月が費やされたのです。

逆に申し上げるならば、中国や朝鮮半島等の脅威が高まる一方の現在、日本は次期主力戦闘機同様、独自にミサイル防衛システムや敵基地攻撃能力を築き上げ、日米相互防衛体制を造る時期に来ているのです!!


イージス・アショア計画中止は日米同盟体制を含めて真剣な防衛体制議論を後押ししている!!

自主防衛体制の確立や敵基地攻撃能力、自衛反撃能力の保有を急げ!!



6月30日の夕刊フジ紙面
出典:こちら夕刊フジ編集局 ツイッター


下のブログランキングに参加しています。
ご支援のクリックをお願い申し上げます。



イージス・アショア計画中止は日米同盟体制を含めて真剣な防衛体制議論を後押ししている!!

自主防衛体制の確立や敵基地攻撃能力、自衛反撃能力の保有を急げ!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/446523
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
01/28 00:00 米国バイデン政権は日本を覆った悪夢の民主党政権そのもの!!韓国の文在寅大統領の悪政と同一!!
01/27 00:00 この歴史的転換点に菅義偉首相であっても忙しすぎて体調不良になれば大変な事態になり得ます!!
01/26 00:00 選挙には不正があってはならないし無関心であってもいけない!!政治に関心と期待を寄せて投票を!!
01/25 05:27 あなたの仕事や情報収集から国家レベル、国際関係の成果も結局は人間関係の善し悪しで決まります!!
01/24 00:00 関東甲信越を中心に降雪・積雪に警戒!!最近は極端な天気や気候変化が多くなりました!!
01/23 00:00 米国のバイデン大統領には期待出来ずトランプ前大統領が新党結成等に動く、日本は自主外交・自主防衛だ!!
01/22 00:00 社交辞令として米国のバイデン大統領ご就任おめでとう、そして何時お辞めになりますか!?
01/21 01:00 米国大統領選挙の不正で「バイデン次期大統領」が真面に政権運営できるとはとても思えない!!
01/20 00:00 新聞の総発行部数が270万部余りも減少したのは真実を報道しない嘘捏造隠蔽偏向マスコミだから!!
01/19 00:00 捏造の南京事件や取材時の迷惑極まりない取材など偏向報道マスコミの嘘捏造隠蔽や傍若無人を許すな!!
最近のコメント
世界中がコロナ禍の今こそ、日本は福沢諭吉大先生の「脱亜論」の基本に立ち返り政治経済外交や防衛を!!()
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved