このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4481)
国際情勢 (154)
政治 (1503)
防衛 (2179)
外交 (10)
芸能 (142)
スポーツ (40)
技術 (49)
社会問題 (188)
産業 (28)
その他 (31)
アクセス数
総アクセス数: 686798
今日のアクセス: 346
昨日のアクセス: 401
RSS
カレンダー
<<2020年10月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!
[防衛]
2020年10月6日 0時0分の記事

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


世間には、「恥の上塗り」という言葉があります。

既に多くの方々がお感じになられているとは存じますが、いわゆる特定アジア3国、「特亜3国」「特亜」「特A」と呼ばれる、中国と南北朝鮮の政治や社会の言動、そして、それらに迎合する極左反日反米の従北媚中従中の偏向マスコミが垂れ流す偏向報道やそれに従う政治社会勢力の言動は、正に、「恥の上塗り」そのものです!!

何の価値も無いどころか、害悪そのものと断じざるを得ません!!

10月4日15時45分に産経新聞 THE SANKEI NEWSが「東京新聞、厚労省に謝罪文 取材中、記者が机たたき怒鳴る」の題で次のように伝えました。

『東京新聞は4日、社会部の40代の男性記者が厚生労働省の職員を取材中、机をたたいて怒鳴るなど暴力的な行為をし、職員に心理的な負荷をかけたとして、厚労省に謝罪する文書を出したと明らかにした。同日付の朝刊で報じた。

 東京新聞によると、記者は新型コロナウイルス対策として、政府が全世帯に配布したマスクの単価や規格決定の経緯を調べるため、厚労省に情報公開請求した。不開示とされたことを受け、担当部署の職員に8〜9月に2度取材した。

 このうち9月4日の取材は3時間45分に及び、「ばかにしているのか」と大声を出して机をたたいたり、職員の資料を一時的に奪ったりした。厚労省から、業務に支障が生じたとして抗議を受けていた。

 加古陽治編集局次長は「職員の方々を傷つけたことを深くおわびします。記者は取材から外しました。厳しく対処し、再発防止を徹底します」としている。』

こんな記者、記者どころか社会人、人間としても失格ではないの!?
朝日新聞以上の極左反日反米であれば、政治家や芸能人報道のように実名を挙げて吊し上げないの!?

正に、正に、ここが極左反日反米の「ダブルスタンダード」なのです!!
人の事を批判糾弾しながら身内の不祥事や問題などを嘘捏造隠蔽する、西朝鮮たる中国の習近平国家主席や下朝鮮・ヘル朝鮮たる韓国の文在寅大統領らと同じなのです!!
菅義偉首相が官房長官時代に散々「自分の意見」「事実と異なる事」を「質問」し続け、取材は不熱心極まりない、あの東京新聞の望月衣塑子記者と何が違うのでしょうか??


東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!

正に、恥の上塗りの連中だ!!



極左反日反米の偏向マスコミ等を日本国民の敵と批判糾弾する画像
出典:保守系ツイッターRT画像



東京新聞の望月衣塑子記者が、自分の言動が原因の一つであるメディアの信頼性低下を他人事のように言う画像
出典:保守系ツイッターRT画像

お前が言うなよ!!


下のブログランキングに参加しています。
ご支援のクリックをお願い申し上げます。



東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!

正に、恥の上塗りの連中だ!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

ご意見、ご要望等はコメント欄やツイッター等でお願いします。
1日1回クリックして頂けると励みになります!!↓
人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント(投稿順)
1. alpha 2020年10月6日 0時48分 [返信する]
新聞記者と会う時には衛視を2・3名同席させておけよ。

多大な抑止効果が有ると思うぞ。


 

2. 田中_jack 2020年10月6日 5時24分 [返信する]
alpha様、コメントを頂き、誠に恐縮です。
私も同感です!!
新聞記者と会う時には衛視を2・3名同席させておく事は良い事かと。
ついでに、SP等も付けて。

 


◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/450506
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
12/05 00:00 ナイキの反日CMや日中外相会談の反感反応は当然の事!!日本外交の大成果なのだから!!
12/04 00:00 周庭(アグネス・チョウ)氏らの実刑判決や芸能界等の堕落の根本原因は極左反日反米マスコミにあり!!
12/03 00:00 いわゆる中国や南北朝鮮の傲慢な特亜3国には強硬かつ冷酷な態度と行動しかない!!覚悟刮目せよ!!
12/02 00:00 極左反日反米の偏向報道機関や「文化人」らが流行語大賞を出すなら中国などの人権侵害を出せ!!
12/01 00:00 中国発の新型コロナ対策と同様に外交・安全保障の脅威には対抗手段の駆使と自主防衛力強化だ!!
11/30 00:00 F−4EJファントムの退役とF−35戦闘機の配備強化は次世代戦闘機開発配備への重要なステップだ!!
11/30 00:00 カオスな現代社会の状況、生命の危機すら顧みないひたむきな宇宙飛行士らの挑戦と心意気を見倣おう!!
11/29 00:00 中国発の新型コロナウイルスのせいで今年は忘年会すらも無し!?まずは感染対策と経済支援に注力を!!
11/28 00:00 ソフトバンクが日本シリーズ2年連続でストレート勝利の影に自由度の高い球団運営とセ・リーグの凋落!!
11/27 00:00 朝日新聞が170億円の赤字見通しで渡辺雅隆社長が来春退任、朝日の大罪はその程度で済まないぞ!!
最近のコメント
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved