このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4707)
国際情勢 (154)
政治 (1578)
防衛 (2316)
外交 (10)
芸能 (151)
スポーツ (42)
技術 (50)
社会問題 (188)
産業 (30)
その他 (31)
アクセス数
総アクセス数: 818526
今日のアクセス: 87
昨日のアクセス: 556
RSS
カレンダー
<<2021年02月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28      
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
尖閣などでの中国の覇権侵略を外交でも国防でも阻止出来る自主外交・自主防衛体制の確立を急げ!!
[防衛]
2021年2月4日 0時0分の記事

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


通常の年は2月4日が「立春」なのですが、地球の太陽との公転と暦との時間調整の関係で、124年ぶりに今年の2月3日が「立春」となりました。

春が立つ、で立春です。
立つと言えば、立身、つまり身を立てる。
今、日本が世界に先駆けて立つ事とは、尖閣諸島などでの中国の覇権侵略を外交でも国防でも阻止出来る事です!!

2月2日にzakzak by 夕刊フジが「中国の“尖閣強奪”に厳重警戒! 海警法施行による「武器使用正当化」で日本愚弄か 米バイデン政権に“裏切りの兆候”も」の題で「加賀孝英 スクープ最前線」の特集項目にて、次のように緊迫化する情勢を暴露しました。

『(前略)

「菅首相は厳しい顔で一つ一つ確認していた。異常なまでの、ヒリヒリするような緊張感だった。首相は命をかける覚悟だ」

 旧知の官邸関係者は、そう語った。

 先月29日夕、NSCの4大臣会合が首相官邸で開かれた。菅首相と麻生太郎副総理兼財務相、茂木敏充外相、岸信夫防衛相、加藤勝信官房長官が出席し、海上保安庁を抱える赤羽一嘉国交相も同席した。テーマは「尖閣諸島を含む東アジア安全保障情勢について」。

 会議直前、菅首相の執務室に、北村滋国家安全保障局長、滝沢裕昭内閣情報官、山田重夫外務省総合外交政策局長、奥島高弘海上保安庁長官、岡真臣防衛省防衛政策局長が集まった。冒頭の首相の様子は、この時のものだ。

 外務省関係者は「NSCが会合の議題に『尖閣』と明示したのは初めてだ。中国が尖閣海域に侵入する海警に武器使用を認めた海警法が2月1日から施行される。いつ武装公船が、日本漁船や海上保安庁の巡視船に発砲し、尖閣強奪を強行するか分からない。明日かもしれない。尖閣危機はMAX状態だ」といった。

 私(加賀)は、前号(1月18日発行)「スクープ最前線」で、日米情報当局関係者から得た、以下の情報を報告した。

 (1)習国家主席は、海警部隊の武装公船が日本漁船や海上保安庁の巡視船に機関砲を発砲し、武力で尖閣諸島強奪を強行する「Xデー」を、すでに設定しているようだ。

 (2)尖閣強奪後、中国は、米国を(仲裁役として)交渉の場に引き出し、強奪した尖閣を取引材料に、「米軍による南シナ海の中国の人工島軍事基地への奇襲攻撃の中止」と「中国による台湾統一の黙認」を、バイデン米大統領に要求する可能性がある。

 中国は日本を愚弄している。断固許すことはできない。

 先月28日未明、菅首相とバイデン氏による、初の日米首脳電話会談が行われた。

 両首脳は、日米同盟のさらなる強化、北朝鮮の完全非核化、北朝鮮による日本人拉致問題の早期解決、気候変動問題、新型コロナウイルス感染症対策などで一致した。

 さらにバイデン氏は、トランプ前政権がアジア外交戦略にすえた「自由で開かれたインド太平洋(FOIP)」戦略の重視と、米国の日本防衛義務を定めた日米安保条約第5条の尖閣諸島への適用を約束した。

 FOIPの継続は、日本にとっては死活的な最重要課題だ。

 その中身は、(1)紛争時には(中国の防衛ライン)第一列島線内で、中国軍の空と海の支配を阻止する(=要は、米国は中国と戦う)(2)第一列島線にある国・地域(=台湾と尖閣諸島を含む)を米国が防衛する−。

 ドナルド・トランプ前政権が残した偉大なる政治遺産だ。

 菅首相は首脳会談後、「大変よい会談だった」と記者団に語った。だが、怒りを込めていう。バイデン氏に「裏切りの兆候」がある。

  ◆トランプの遺産潰しを進めるバイデン

 以下、日米情報当局関係者から入手した驚愕(きょうがく)情報だ。

 「バイデン氏は現在、驚異的な数の大統領令に署名している。パリ協定復帰や、メキシコとの国境の壁の建設中止など。多くが、トランプ氏の遺産潰しといえる。トランプ氏は、バラク・オバマ政権の遺産を潰した。その復讐(ふくしゅう)をやっている」

 「バイデン政権は表向き、『対中強硬策』を表明しているが、水面下では『軍事衝突は望まない』『戦略的忍耐(Strategic patience)で対応する』(=要は、黙認)と腰砕けだ。習氏は『チャンスだ』と大喜びしている。バイデン氏は、トランプ氏が『中国ウイルス』と呼んだことを暗に批判し、アジア系米国人への差別や嫌がらせに予防策を講じる大統領令まで出して、中国を喜ばせている」

 驚かないでいただきたい。続く日米情報当局関係者の情報はこうだ。

 「マイク・ペンス前副大統領は昨年の大統領選で、バイデン氏を『中国共産党のチアリーダー』と罵倒した。これは、中国に融和的姿勢を取り続けたオバマ政権で副大統領を8年も務め、中国による国際法を無視した南シナ海の軍事基地建設を黙認してきたからだ。次男の中国疑惑もある。バイデン政権は、まだ新アジア戦略を正式決定していない。トランプ氏の遺産のFOIPを、バイデン氏は嫌っている」

 菅首相に申し上げたい。米国頼み一辺倒の防衛政策ではダメだ。「自主防衛」の覚悟が必要だ。この国を守る指揮官はあなただ。あなたしかいない。

 ■加賀孝英(かが・こうえい) ジャーナリスト。1957年生まれ。週刊文春、新潮社を経て独立。95年、第1回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム大賞受賞。週刊誌、月刊誌を舞台に幅広く活躍し、数々のスクープで知られている。』

今や、米国大統領選挙「不正」で大統領になったバイデン氏を信用する訳にはいかない程、米国を信頼出来ない情勢の中、尖閣諸島や南シナ海などで緊張が高まっています。
どのように対処すれば良いのでしょうか!?

同日、同メディアが「暴走する中国の「覇権主義」に対抗なるか! 英国のTPP参加・空母アジア展開 中山泰秀防衛副大臣が激白「日本は自由主義の価値観広めよ」」の題で次のように伝えました。

『ボリス・ジョンソン首相率いる英国は1日、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への加盟を正式申請した。欧州連合(EU)離脱を受けた経済戦略の柱と位置付けるとともに、香港の旧宗主国として事実上の「中国包囲網」に参加する可能性もあるようだ。習近平国家主席の中国は同日、海警局(海警)に武器使用を認める海警法を施行したが、自由主義諸国の厳しい対応を受け、軍事的覇権拡大路線に変化があるのか。日本はどう対処すべきか。自民党の論客、中山泰秀防衛副大臣が夕刊フジに激白した。

 「英国が、アジアに深く関与するのは非常に素晴らしい。高く評価したい。日本の後押しもあり、英国はTPPに参加する勇気をかき立てた。日米が主導する『自由で開かれたインド太平洋』戦略を推進する枠組み(FOIP)にも、いずれ参加するだろう」

 中山氏は1日、英国のTPP加盟の正式申請について、こう語った。

 ジョンソン政権は、EUの規制から英国を解き放ち、世界全体への影響力拡大を図る「グローバル・ブリテン」構想を掲げている。TPP加盟は、コロナ禍の中で英国経済の競争力向上とともに、安全保障分野でもアジアや世界に存在感を示すことにもつながる。

 現に、英国は今春以後、アジア地域に最新鋭空母「クイーン・エリザベス」を含む空母打撃群を長期間展開させ、自衛隊や米軍と共同訓練を行う予定だ。

 英紙デーリー・テレグラフは1月末、英国が、日米、オーストラリア、インドの4カ国で構成される事実上の中国包囲網「QUAD(クアッド=日米豪印戦略対話)」に参加する可能性があると伝えた。

 背景には、英国が1997年の香港返還時に、中国に約束させた50年間の「一国二制度」が、習近平国家主席率いる中国共産党指導部によって反故(ほご)にされ、香港の「高度な自治」が失われたことへの強い反発がありそうだ。

 東・南シナ海で軍事的覇権拡大を進めるだけでなく、新疆ウイグル自治区での人権問題が指摘される中国に対しては、フランスやドイツも警戒感を強めており、英国同様、海軍艦船をアジア地域に派遣する予定だ。

 中山氏は「自由主義陣営の一員として『中国の暴走を放置できない』との思いが欧州の主要国にも広がっている。中国に、インド太平洋の重要なシーレーン(海上輸送路)を握られることは避けたい。加えて、香港がハブであるインターネットの海底ケーブルを奪われ、中国に情報が筒抜けになるのを警戒・監視するインテリジェンスの観点もある」と指摘する。

 一方、中国は1日、海警法を施行し、海警と中国軍の協力を強める姿勢を明確にした。中国が領有権を主張する沖縄県・尖閣諸島の周辺海域や、南シナ海で緊張が高まりそうだ。

 中山氏は「英国などがアジア地域に出てきても、中国は容易には引かないだろう。覇権主義的性格は簡単には変わらない。ロシアと連携して爆撃機を飛ばすなど、挑発的な動きも見せている。今後は中国とロシアが軍事同盟を結ぶのではとの見方もある。いずれ、コロナ禍が終われば、中国やロシア中心の『管理統制・全体主義国家』と、日本や米国、英国などの『自由・民主主義国家』の価値観をめぐるせめぎ合いが激しくなるだろう」と分析した。

 菅義偉首相と、ジョー・バイデン米大統領は1月28日の電話首脳会談で、尖閣諸島について、米国の対日防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用を確認した。

 ただ、バイデン氏には「対中融和派」との見方もある。日本は独立国としてどうすべきか。

 中山氏は「日本はいま、『自分の国は自分で守る』という気概をどう示すかが問われている。自衛隊や海上保安庁が『防人』として1日24時間365日、相当な覚悟を持って領土領海を守っている。これに穴があってはいけない。防衛力の強化とともに、平時でも有事でもない『グレーゾーン事態』に対処するための法整備については、現場の海上保安官や自衛官たちが憂えることがないよう、国会の場で充実した議論をしていただくべきではないか。そして、日本の役割は、『自由』『民主主義』『人権』『法の支配』などの価値観を共有する国・地域を増やすことだ」と強調している。』

正に、中山防衛副大臣の言われる通りです!!


尖閣などでの中国の覇権侵略を外交でも国防でも阻止出来る自主外交・自主防衛体制の確立を急げ!!

私達の現在と未来を守る為にも、日本は今こそ、真の意味で自立せよ!!



2月2日発行の夕刊フジ紙面
出典:こちら夕刊フジ編集局 ツイッター

下のブログランキングに参加しています。
ご支援のクリックをお願い申し上げます。



尖閣などでの中国の覇権侵略を外交でも国防でも阻止出来る自主外交・自主防衛体制の確立を急げ!!

私達の現在と未来を守る為にも、日本は今こそ、真の意味で自立せよ!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

ご意見、ご要望等はコメント欄やツイッター等でお願いします。
1日1回クリックして頂けると励みになります!!↓
人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/455210
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
06/23 00:00 私達人類は今、世界初の生物戦争に突入している!!日本は率先して新型コロナウイルス撃退の先頭に立て!!
06/22 00:00 日本を嘘捏造隠蔽で誹謗中傷してきた中国は原発放射線漏れ暴露、韓国は文在寅大統領の支離滅裂外交!!
06/21 00:00 新型コロナウイルスや周辺諸国等の脅威が高まる中、独自の国産治療薬や防衛装備品等は必要不可欠!!
06/20 00:00 何を言っても安倍晋三前首相の愛弟子である菅義偉首相は日米同盟深化と対中強硬策を推進!!
06/19 00:00 日本が対中国非難決議見送りは政治と軍事の両面の更なる攻勢をかけるためのブラフだ!!
06/18 00:00 東京五輪や福島原発処理水問題等で日本を誹謗中傷してきた中朝韓に次々と特大ブーメランが炸裂!!
06/17 00:00 中韓両国自らが嘘捏造隠蔽を中国原発放射能漏れ隠しやG7記念撮影画像捏造で証明!!北朝鮮と同じ!!
06/16 00:00 G7サミットでは対中強硬政策で一致、中朝韓は時代のあだ花で没落!!時代が変わったのよ!!
06/15 00:00 中国共産党は日本共産党や旧ソ連共産党と同じく全ての共産党は狡猾で善意を悪意で返す鬼畜以下!!
06/14 00:00 極左反日の嘘捏造隠蔽の因果!!新型コロナなど中国の脅威拡大を防衛強化やワクチン接種など何時回復!?
最近のコメント
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved