このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4743)
国際情勢 (154)
政治 (1587)
防衛 (2341)
外交 (10)
芸能 (151)
スポーツ (44)
技術 (50)
社会問題 (188)
産業 (30)
その他 (31)
アクセス数
総アクセス数: 845193
今日のアクセス: 593
昨日のアクセス: 770
RSS
カレンダー
<<2021年06月>>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
G7を含めて今の共通の価値観は「新型コロナウイルス感染対策」です!!揚げ足取り悪辣デマを許すな!!
[防衛]
2021年6月13日 0時0分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


多くの意見や相違がある時に、よく使われることわざの一つに「小異を捨てて大同に就く」というものがあります。

「小異を捨てて大同を取る」とも言いますが、意見の多少の違いは無視して、大勢の支持する意見に従うこと。また、小さな違いがあったとしても、基本的なことがだいたい一致していればよしとすること、です。

どのように観ても、今の世界は、G7を含めて今の共通の価値観は「新型コロナウイルス感染対策」です!!
公式的な数字ですら、世界には既に1億を超える感染者が存在しており、現在でも感染者や重症者、そして亡くなられた方々が絶えない、抑えられない感染症なのです!!

「小異を捨てて大同に就く」事を今、やらなければなりません!!

6月12日07時35分に産経新聞 THE SANKEI NEWSが「G7首脳 「ワクチン開発100日以内に短縮」で合意」の題で「G7首脳会議」の特集項目にて、次のように伝えました。

『【コーンウォール(英南西部)=板東和正】先進7カ国(G7)の首脳は12日、将来の感染症に備え、ワクチン開発や治療法の確立にかかる期間を100日以内に短縮することを盛り込んだ宣言で合意する。英南西部のコーンウォールで開催している先進7カ国首脳会議(G7サミット)で、各国が宣言に署名する方針で一致。新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、同様の被害を繰り返さないために各国が連携して対策を強化する考えだ。

英政府によると、宣言の名称は「カービスベイ宣言」。サミットのメイン会場でコーンウォールの海辺の保養地として知られるカービスベイからとった。

新型コロナをめぐっては中国湖北省武漢市で原因不明の肺炎の集団発生が2019年12月に覚知されてから、開発で先行していた米製薬大手ファイザーのワクチン有効性が90%以上に上ったとする臨床試験(治験)結果が公表されるまで300日以上かかった。

カービスベイ宣言は、感染症への診断法や治療法の確立、ワクチン開発にかかる時間を100日以内に短縮することで、新型コロナによって引き起こされた人的・経済的被害の再発を防止すると期待される。

宣言では、早期に感染症の兆候を捕捉する国際監視網の整備や、世界保健機関(WHO)の機能強化を支援することなどが盛り込まれる見通し。

議長のジョンソン英首相は11日に発表した声明で「真の意味で新型コロナに打ち勝ち、回復するためにはパンデミック(世界的流行)を2度と起こらないようにしなければならない」と指摘。「新型コロナで得た教訓から、これまでとは異なる方法で対応する必要がある」とし、宣言の意義を強調した。

サミットは11日午後(日本時間同日夜)、英南西部のコーンウォールで開幕した。対面形式でのサミット開催は2年ぶり。3日間開かれ、最終日の13日にジョンソン英首相が記者会見し、成果を発表する。

初日の11日は、新型コロナウイルス禍からの経済復興などについて協議した。

12日は、地政学上の課題として地域情勢を討議し、中国主導の巨大経済圏構想「一帯一路」への対抗策に関して話し合う。ロシアや民間旅客機を強制着陸させたベラルーシ、北朝鮮を巡る問題についても協議する。また、ゲスト国として招かれた韓国やオーストラリアなどの首脳も加わり、コロナ対策などを議論する予定。』

これだけでも、菅義偉首相は大きな成果を挙げられた、と筆者は感じます。

一方、同日05時00分に同メディアは「主張」で、「経済安全保障 対中リスクの備え強めよ」の題で次のように強く主張しました。

『専制主義の下で経済と軍事両面の覇権を追求する中国の台頭などを背景に、先端技術の開発や経済活動を、安全保障と一体で捉える経済安保の重要性が高まっている。

政府が今年の経済財政運営指針として示した骨太方針原案や成長戦略素案は、いずれも経済安保を柱の一つに掲げ、これに関わる施策に重点的に取り組む方針を打ち出した。

妥当な戦略である。米中対立の激化はもちろん、新型コロナウイルス禍は医薬品を含む重要物資の供給を特定国に依存する危うさを改めて想起させた。

自由や民主主義などの価値観を共有する欧米などと足並みをそろえて経済安保を強化することは、日本にとって喫緊の課題だ。迅速に具体化を図り、効果的に政策を展開しなくてはならない。

人工知能(AI)や量子技術から先端半導体まで、各国が研究開発や生産にしのぎを削る分野は多い。これらは経済成長の基盤となるだけでなく、軍事転用が可能なものも多い。その保全と育成は経済安保の核心である。

骨太方針などで示された施策は多岐にわたる。例えば技術流出の防止策として外為法上の管理を強化するのも一つだ。現状では、日本入国から半年以上の外国人は居住者扱いとなり、外国人への提供が規制されている技術であっても政府の許可なく入手できる。

技術流出の抜け穴と指摘されてきた問題だ。このため、居住者扱いの外国人や日本人でも、外国政府の影響下にあるなどと判断されれば、規制対象に加える管理強化策を来年度中に実施する。

このほか先端技術の実用化を支援するための新プロジェクト創出や、レアアース(希土類)など重要物資の調達先の多元化、先端半導体の国内生産強化などの諸施策を包括的に進めるという。


経済安保上の対応は国際社会の一員としての責務である。中国は経済力を背景に他国への圧力を強めつつある。コロナ禍で関係が悪化したオーストラリアが豪州産品に高関税を課された事実上の報復措置は典型だ。中国の技術窃取を疑う声も国際社会に根強い。


これに対処するためにも、先進7カ国(G7)や日米豪印の4カ国の枠組み「クアッド」などの連携を強め、サプライチェーン(供給網)の再構築や先端技術の流出防止などに万全を期したい。』

正に、その主張の通りです!!

一方で、気になる、新型コロナワクチンに対する不当なデマや流言、誹謗中傷の言動をする組織や輩も少なからず指摘されています。
中には、悪辣な「冷蔵庫のコンセントを抜く」「悪辣な妨害行為」などで警察沙汰になるケースもあるようです。

ツイッターでも活動する、小児科専門医・国際渡航医学専門医・臨床遺伝専門医の「宮原篤 / 書籍「小児科医ママとパパのやさしい予防接種BOOK」」氏は、自身のツイッターで次のように語りました。

6月12日:
『そのうちワクチンパスポートが差別というのであれば、コロナワクチンへの対策すら、「差別」と言われてしまいそう。ただね、普通のワクチンでも接種者・未接種者の取り扱いを全く同じにするわけにはいかない。本当に医学上接種できない人への配慮をするために、できるだけ多くの接種が必要。』

『あとね、飲食業界・旅行業界は、ワクチン接種者を対象にした(ウェーイ除く)GoToキャンペーンを切実に待っていると思いますよ。

反対するところはどこだろう?』

『新型コロナワクチンの効果がわかる、高齢者施設でのケースレポート
>ワクチンの2回接種を終えた者に陽性者はいませんでした。1回のみ接種していた入居者1名が陽性でしたが無症状です。そして、残りの10名全員がワクチンを接種していなかった者でした。』

『14年前も>マスコミは事実さえ報道しない、事実を自分たちの都合のいいように変えてから報道するのだというのがよく分かる。

タミフル狂騒パート3』

正に、正に宮原篤氏の鋭いご指摘の通りです!!


G7を含めて今の共通の価値観は「新型コロナウイルス感染対策」です!!
揚げ足取り悪辣デマを許すな!!
小異を捨てて大同に就け!!



6月10日、官邸にてG7コーンウォール・サミット出席等についての会見を行う菅義偉首相
出典:首相官邸HP

『今回のG7サミットでは、新型コロナ対策、さらに気候変動、経済、地域情勢、こうした重要な課題について、普遍的価値を共有するG7のリーダーと率直な議論をして、その中で日本の立場を説明して、サミットの議論に貢献したいと思います。
 また、東京大会については、感染対策を徹底し安全・安心の大会を実現する、こうしたことを説明して、理解を得たいと思います。』


下のブログランキングに参加しています。
ご支援のクリックをお願い申し上げます。



G7を含めて今の共通の価値観は「新型コロナウイルス感染対策」です!!
揚げ足取り悪辣デマを許すな!!
小異を捨てて大同に就け!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

ご意見、ご要望等はコメント欄やツイッター等でお願いします。
1日1回クリックして頂けると励みになります!!↓
人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング


このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/460079
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
07/24 00:00 東京五輪・パラ五輪で一番良い事は、極左反日反米特亜3国中朝韓や迎合勢力・偏向マスコミらの嘘捏造暴露だ!!
07/23 00:00 東京五輪・パラ五輪の成功と栄光を祈念します!!
07/22 00:00 約束を守らない文在寅大統領率いる韓国は自爆、約束を守る日英両国は中国を睨み連携強化、全て因果応報!!
07/21 00:00 制度や政治も激動の今、東京五輪で訪日出来ない文在寅や習近平に田中角栄元首相や毛沢東主席の器も無い!!
07/20 00:00 京都アニメーション放火事件から2年、中国発の武漢ウイルス・中国ウイルス・新型コロナウイルスも!!
07/19 00:00 東京五輪無観客決定の裏側には小池東京都知事の日和見、安倍晋三前首相や岸信夫防衛大臣が次に向け動く!!
07/19 00:00 自国や自分の立場を弁えない輩達の典型的な事例は極左反日反米の韓国・文在寅大統領一派や鳩山元首相らだ!!
07/18 00:00 災害や猛暑・酷暑が相次ぐ中での東京五輪・パラ五輪!!歴史的な大会を成功させる為にも対策徹底を!!
07/17 00:00 東京五輪入国本格化で水際対策のみならず、徹底した新型コロナ対策や外交防衛対策を!!
07/16 00:00 日米両国ともに対中国批判戦略と防衛強化で一致している証拠が今年の防衛白書!!大きな政策転換開始!!
最近のコメント
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved