このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4890)
国際情勢 (154)
政治 (1640)
防衛 (2423)
外交 (10)
芸能 (156)
スポーツ (50)
技術 (50)
社会問題 (189)
産業 (30)
その他 (31)
アクセス数
総アクセス数: 937646
今日のアクセス: 89
昨日のアクセス: 888
RSS
カレンダー
<<2021年08月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
日本の防空体制等は極超音速ミサイルや対空対地対艦攻撃能力を含めて独自の強化を推進せよ!!
[防衛]
2021年8月12日 0時0分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


日本周辺を含めて、世界中の国際情勢が焦臭く、そしてより先鋭化が進んでいるのは読者の皆様もお感じになっているかと存じます。

それに我が日本は今まで以上に対抗せねばなりません!!

日本はミサイル防衛システム強化だけではなく、近年、中露等で強化されている極超音速ミサイル等の配備と対抗手段を早急に構築せねばならないのです!!

8月7日21時23分に産経新聞 THE SANKEI NEWSが「<独自>極超音速ミサイル 早期探知へ無人機活用を検討」の題で次のように伝えました。

『防衛省が、マッハ5以上で飛ぶ極超音速ミサイルの早期探知を可能にするため、無人航空機の活用を検討していることが7日、分かった。すでに検証を終えている弾道ミサイル用の探知システムを応用する考えだ。極超音速兵器をめぐっては、中国、ロシアが開発でリードしており、日本政府は対処力の構築を急いでいる。

極超音速兵器は、従来の対空レーダーを猛スピードでかいくぐって飛来するため、探知が遅れ迎撃が困難とされている。将来の軍事バランスを一変する可能性がある「ゲーム・チェンジャー」との位置付けで、各国が開発を競っている。

中でも先行しているのが中国とロシアで、中国は2019年10月の軍事パレードに極超音速滑空兵器を搭載可能な中距離弾道ミサイル「DF17」を登場させた。ロシアも同じ滑空兵器の「アバンガルド」を開発し、すでに配備が始まっているとされる。

既存のミサイル防衛システムでは迎撃が困難で、探知の遅れを克服するために検討されているのが、無人航空機の活用だ。

防衛省は弾道ミサイルの早期探知を可能にするシステムの研究を進めてきた。無人航空機に小型の赤外線センサーを搭載し、より敵に近い空域で運航させるというもので、令和元年に技術の検証を終えている。

無人航空機は、気象状況を考慮しながら飛行経路を選び、継続的な監視ができるようになっている。収集したデータは地上システムに転送する。複数の無人航空機を前方空域に配備し、赤外線センサーで極超音速兵器を捉えられれば、早期探知は可能になるというわけだ。無人機であれば、仮に撃墜されたとしても人命が失われることはなく、費用面でも安価に抑えられる可能性がある。

防衛省はまた、水上艦艇から極超音速兵器を探知・追尾するためのレーダー技術の研究も進めている。


政府はこのほかに極超音速兵器対策として、宇宙の低軌道に多数の小型人工衛星を投入する「衛星コンステレーション」の構築を目指しており、多層的に監視網を敷きたい考えだ。(大橋拓史)』

極超音速兵器は弾道ミサイルよりもより低空を飛行し、かつ軌道も変則的に変更が可能であり、従来の巡航ミサイルよりも高速であることから捕捉や撃墜が難しいとされ、新たなる探知システムや迎撃システムが必要です。

8月8日、自民党参議院議員の佐藤正久氏はこれについて、自身のツイッターで次のように述べています。

『→ <独自>と言うほどのことではないが、MDAと共にHGVセンサーとしてもドローンは有用。先の部会等でも佐藤から指摘、整備加速化を強く要望。
 HGV用衛星コンステレーションは整備に長期、ドローンが実際的』

また、佐藤正久氏は8月6日、自身のアメブロにて、「国防部会?F-15能力向上事業. FMSの闇、米国の言いなりは認められない」の題で次のように厳しく指摘しています。

『FMSの闇及び対米交渉のずさんさもあり、見積もり価格が大幅に向上していたF-15 能力向上事業、離島防衛などのため当初予定していた長射程の米国製対艦・対地ミサイル「LRASM」の導入を見送ると共にまとめ買い効果による価格低減等を条件に継続方針で自民党国防部会も事業継続を了承。



F-35や次期戦闘機もステルス機のため、搭載ミサイルを機体内に入れるため、搭載数に制限を受けている関係上、F-15のミサイルキャリアとしての価値は今まで以上に重要性を増している。一方、一部部品の枯渇などを理由に米側が金額の大幅アップを要求し、一時は1.7倍の約5520億円に膨張。自民党の反対もあり、2020年度予算の執行と21年度予算への計上を見送った。



そのため、相手の射程外から発射できる「スタンド・オフ・ミサイル」として期待していたJASSMは搭載するものの、もう一つのLRASM(射程約900キロ)搭載を諦め、その代替え措置として、長射程化した国産「12式地対艦誘導弾」をF2戦闘機に搭載する方向で調整する。



JASSM搭載のF-15能力向上型の一番機は当初よりやや遅れて令和9年度を予定するが、それに併せるため12SSMのF-2搭載も令和10年度ではなく、令和9年度に前倒しすることが望ましい。防衛省も努力する事を約束。



ただ、FMSの特性上、今後の交渉で価格が値上がり、或いは国内でなく米国で試験するための費用も数百億円と高額な為、まだ提言できる可能性もある。これまでの教訓を踏まえ、防衛省内にチームを作り、価格の更なる上昇阻止、価格の低減を目指して、日米交渉を行う必要がある。そのため、概算要求は、金額を示さず事項要求として、年末までに来年度予算案編成に務めることとした。これまでの日米交渉で、現時点で、当初見積もりの1.23倍に収まったとはいえ、かなりの高額であることは間違いない。国民への理解、説明の為に、わかりやすい説明資料を作ることも防衛省は約束。



また、F-15能力向上の改修費は、初年度費約1600億円、まとめ買いして価格低減しても1機あたり約35億円とかなり高額。約70機改修すると約2380億円にも上る。また、まとめ買いをすると、その分ある年度は多くの予算がF-15能力向上型に割かれ、F-35A/B等他の航空機調達整備にも影響しかねない。その対応も今後の検討課題だ。



防衛省には今後の対米交渉において、「価格高騰は認められない、努めて低減努力を進めないと、自民党の理解を得られない」との覚悟を持ってあたってもらうこと等を条件に、F-15 能力向上事業継続を認めることとなった。




更に、今年に入り、陸自・空自の協同実弾射撃訓練を米国内で行う事になりました。

陸上自衛隊HPが8月6日に公開した情報では、期間は8月9日(月)〜11月19日(金)、陸上自衛隊中SAM部隊と航空自衛隊ペトリオット部隊との初の協同実弾射撃訓練と 陸上自衛隊ホーク部隊と陸上自衛隊中SAM部隊による初の連携射撃訓練を実施との事です。

そうなれば、やはり公然の秘密である、ペトリオットと日本の国産中SAMは控えめに観ても同等レベルの高性能である事を追認しているわけです。


日本の防空体制等は極超音速ミサイルや対空対地対艦攻撃能力を含めて独自の強化を推進せよ!!


下のブログランキングに参加しています。
ご支援のクリックをお願い申し上げます。



日本の防空体制等は極超音速ミサイルや対空対地対艦攻撃能力を含めて独自の強化を推進せよ!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

ご意見、ご要望等はコメント欄やツイッター等でお願いします。
1日1回クリックして頂けると励みになります!!↓
人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング


このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/462544
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
12/04 00:00 静岡県の川勝平太知事のような差別発言や間違った考えの政治家を選挙で見抜き政界から追放せよ!!
12/03 00:00 安倍晋三元首相が台湾で開かれたフォーラムにリモート講演で台湾支持、日本の外交と安全保障にGJ!!
12/02 00:00 新型コロナウイルス感染拡大やオミクロン株等の変異種は21世紀の新たなる戦いの典型!!
12/01 00:00 岸田文雄首相がオミクロン株対策に先手、新型コロナウイルスのみならず防衛等でも先手の対応を!!
11/30 00:00 新型コロナウイルスの新規変異株、オミクロン株に要警戒!!年末年始の感染対策徹底を!!
11/29 00:00 気象変動の激化で作物すら変化、政治は木下富美子元都議のように激変と激動の変化を見逃すな!!
11/28 00:00 令和3年度補正予算案で防衛省・自衛隊関係が過去最大の7738億円!!「戦略3文書」改定も必須!!
11/27 00:00 今、日本に求められている政策は防衛力の大幅強化と酒井法子さんのように世界で愛されるキャラだ!!
11/26 00:00 自称・外交の天才の文在寅大統領は嘘捏造隠蔽悪政で無責任!!政治家は自分の言動や影響に責任を持て!!
11/25 00:00 ブラックユーモアそのものの芸能界や芸能報道など要らないよ!!もっと大切な事は社会に沢山ある!!
最近のコメント
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved