このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (5117)
国際情勢 (154)
政治 (1685)
防衛 (2587)
外交 (10)
芸能 (167)
スポーツ (56)
技術 (50)
社会問題 (189)
産業 (31)
その他 (31)
アクセス数
総アクセス数: 1069362
今日のアクセス: 232
昨日のアクセス: 584
RSS
カレンダー
<<2021年08月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
近年増加する一方の大雨豪雨や土砂災害・洪水等に対応するには更なる治山・治水対策が必要不可欠!!
[防衛]
2021年8月16日 0時0分の記事

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


西日本を中心に各地で、前線の活発化による記録破りの大雨による洪水や浸水、土砂災害等の被害が相次いで伝えられています。

筆者より、亡くなられた方に対して心から哀悼の意を表しますと共に、ご遺族らに対して心からお悔やみを申し上げます。
また、全ての被災者の皆様や関係者らに対して、心からお見舞いを申し上げると共に、一日も早い復旧やご回復をお祈り申し上げます。

さて、今回の豪雨被害の根本原因について、8月13日19時43分に読売新聞オンラインがYAHOO!JAPANニュースにて、「長さ2000キロ超、豪雨もたらす「大気の川」出現…西日本から東北へ北上に警戒」の題で次のように伝えました。

『停滞する前線の影響で西日本で続いている大雨について、上空に大量の水蒸気が帯状に流れ込む「大気の川」と呼ばれる現象が発生していることが、筑波大の釜江陽一助教(気象学)の解析でわかった。

釜江助教は日本を中心とする東アジア上空の水蒸気量を、人工衛星の観測データを基に解析した。その結果、13日午前8時には大量の水蒸気が南シナ海付近から長さ2000キロ・メートルを超える帯状になり、西日本付近に流れ込んでいたことがわかった。水蒸気は上空3キロ・メートルまでに集中し、九州北部や、大雨特別警報が発表された広島市周辺で特に多かったという。

 大気の川は、死者が300人を超えた西日本豪雨(2018年7月)や球磨川(くま)が氾濫した九州豪雨(20年7月)でも出現し、甚大な被害をもたらす原因となった。

 釜江助教は「西日本豪雨の時と状況が似ている。大気の川は、17日頃にかけて東北などに北上するとみられ、全国的に注意が必要だ」と呼びかけている。』


一方、中国では日本以上の被害が既に台風6号等で発生しているにも関わらず、治山・治水の失政から習近平国家主席に批判が集中しているようです。

8月14日にzakzak by 夕刊フジが「習近平政権を揺るがす「治水」問題 洪水以上に渇水が課題に」の題で次のように厳しく指摘しました。

『7月は西ヨーロッパと中国で大規模な水害が生じた。中国では黄河中流域に位置する河南省の被害が大きく、公式発表による8月2日までの死者は302人、行方不明者も50余人に及んだ。都市部までが冠水の被害を受けた同省では、農地面積約96万ヘクタールのうち約37万ヘクタールで今年の収穫が見込めないという。中国の歴史における「治水」の重要性について、歴史作家の島崎晋氏が解説する。

中国河南省を襲った「1000年に一度」と言われる大洪水の報道から、中国における治水の重要性を改めて思い知らされた。五帝と総称される神話伝説上の聖帝はみな、治水の功績によりその座についた。実在の為政者にとっても治水は重要で、より具体的に言えば、黄河と長江の二大河川、あるいはこれに淮河を加えた三大河川とそれぞれの支流を制御し、未然に氾濫を防ぐことが統治の要だった。

 氾濫が起きた場合、皇帝は被災者の救援に全力を尽くす必要があった。住む場所も食べるものもない大群衆が野に満ちれば、社会不安どころか、いつ反乱が起きてもおかしくなかったからである。

 中国史上屈指の名君とされる清の康煕帝(在位1661-1722)は、黄河の「治水」と「漕運」の整備を政策の柱として掲げ、あわせて130回も巡察に出かけている。そのうち6回は江南地方(中国南部・長江流域)へも足を延ばしていた。

 康煕帝が気をかけていたのは三大河川と大運河の管理である。前述の「漕運」は黄河と長江を結ぶ大運河を利用した水上による物資輸送のことで、これが経済の大動脈でもあった。

 河川も大運河も、定期的に底に溜まった土砂を浚渫しなければ、船の通行を妨げるだけでなく、氾濫の原因ともなる。堤防の修築も同様で、手抜き工事で浮いた金を懐に入れる地方官吏の不正が後を絶たなかったため、康煕帝はみずから睨みを利かせる必要を感じ、遠出を厭わなかったのだという。

 水害が政権の命取りになると考えはもっと古くからあり、司馬遷『史記』の「周本紀」では、三川地方(黄河の中流域)が大地震に見舞われたことを受けての、周の太史(記録官)伯陽甫の予言を記している。

 「国の存立は必ず山川の力によるもので、山が崩れ、川が尽きるのは亡国の兆候である。川が尽きれば必ず山が崩れる。もし国が滅びるなら十年のうちだろう。十は数の終わりで、天の棄てるところ、十年を過ぎることはあるまい」

 これに続いて「周本紀」は、伯陽甫の予言が的中したことを記す。周の都が反乱軍に攻め落とされ、幽王は殺害。生き残った王族により王朝の再建と秩序の回復が図られるまで、長い歳月を要することとなった。

 ◆現代中国の治水の課題は「断流」問題

 水害といえば氾濫・洪水ばかり連想するかもしれないが、氾濫・洪水と渇水は河川に起きる大惨事の表と裏で、自然環境にも人にも害となる点は共通している。現代中国の事件としては街を濁流が呑み込む映像ばかりが流されがちだが、水害でより深刻なのは渇水で、中国では河口まで流れが届かず途絶える現象を「断流」という。

 断流が深刻化しているのは、「母なる大河」とされる黄河である。原因として「源流地域での氷河の後退」や「降雨量の減少」が指摘されているが、より大きなものは「農工業の開発と都市化の急速な進展に伴う水需要の急増」で、これに工業・家庭排水による汚染が加わり、利用可能な水のさらなる減少を招いている。

 具体的な数値を挙げると、黄河下流域にあたる花園口と利津の2か所では、1950年代から1960年代は1年間に約500億トンの水が流れていた。それが1990年代には花園口で257億トン、河口近くの利津では145億トンにまで減少。ついには一滴の水も流れてこない「断流」が珍しくなくなったという(佐藤嘉展・総合地球環境学研究所上席研究員の2007年の講演録「なぜ、黄河断流が起こったか」より)。

 また『ナショナルジオグラフィック』2008年5月号の特集「黄河崩壊 汚染と水不足の現実」によれば、中国の水資源の量はアメリカ合衆国とほぼ同じだが、総人口の違いを考慮すれば、中国は同じ水資源量でアメリカの5倍近い人口を養わなければならないという。

 つまり、中国政府には黄河の氾濫を防ぐのはもちろん、水資源の確保と水質の改善が求められているわけである。堯・舜に代表される五帝に倣わなくては、達成の難しい大事業だが、それをしなければ中国全土で水不足が恒常化して、どれだけの混乱が生じるか見当もつかない。冷静に考えれば、一党独裁の堅持より大事なはずだが、それに気づいて有効な政策がとれないなら、退場を迫られるのもやむなしだろう。

 治水を制するものが中国を制する−−。これは古くて新しい金言である。

 【プロフィール】しまざき・すすむ/1963年、東京生まれ。歴史作家。立教大学文学部史学科卒。旅行代理店勤務、歴史雑誌の編集を経て現在は作家として活動している。『ざんねんな日本史』(小学館新書)、『いっきにわかる! 世界史のミカタ』(辰巳出版)など著書多数。』

実に、厳しく鋭い指摘です!!

日本でも、2009年の民主党政権で「コンクリートから人へ」と称して、ダムやスーパー堤防の建設中止等をした結果が、昨年夏の熊本県球磨川の水害被害を大きくさせました。
世界的には進んでいるとは言え、まだまだ日本の治山・治水対策は万全には程遠いのが実情です!!


近年増加する一方の大雨豪雨や土砂災害・洪水等に対応するには更なる治山・治水対策が必要不可欠!!



赤線で囲まれた地域が「大気の川」
出典:Disaster warning account 災害警鐘アカウント ツイッター


ツイッターで救助を求める方法
出典:Disaster warning account 災害警鐘アカウント ツイッター


土砂災害等の異変や前触れについての解説
出典:Disaster warning account 災害警鐘アカウント ツイッター


下のブログランキングに参加しています。
ご支援のクリックをお願い申し上げます。



近年増加する一方の大雨豪雨や土砂災害・洪水等に対応するには更なる治山・治水対策が必要不可欠!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

ご意見、ご要望等はコメント欄やツイッター等でお願いします。
1日1回クリックして頂けると励みになります!!↓
人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/462706
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
07/05 00:00 あなたも激怒!!極左反日反米の露中朝韓らの手先、親露護憲派は嘘捏造隠蔽のテロリスト同然!!
07/04 00:00 あなたも巻き込まれた!!社会の混乱を招くネット社会の盲点をKDDIの通信障害が証明!!
07/03 00:00 あなたも認識しよう、日本や日本国民の本当の敵は極左反日反米の中露朝韓やそれに媚びる勢力!!
07/02 00:00 あなたも覚醒!!ロシア軍から学ぶ我が日本の自主外交・防衛強化の方向性15 プロパガンダ
07/01 00:00 あなたも驚嘆、我が日本こそトルコのしたたかな外交や安全保障の手法に学べ!!岸田文雄首相にも!!
06/30 00:00 あなたも実感、企業活動や政治外交も安全保障も他人や他国との付き合いから進化するもの!!
06/29 00:00 あなたも納得、優れたリーダーの条件とは安倍晋三元首相のように教訓を汲み取りつつタフな事!!
06/28 00:00 6月24日はUFOの日、あなたはご存じでしたか!?福島市のUFOふれあい館はいいぞ!!
06/27 00:00 あなたも覚醒!!ロシア軍から学ぶ我が日本の自主外交・防衛強化の方向性14 正しい認識と行動
06/26 00:00 あなたも覚醒!!ロシア軍から学ぶ我が日本の自主外交・防衛強化の方向性13 国際的連携
最近のコメント
現行の日本国憲法は「おめでたい」どころか制定時の時点で既に国際法違反で死文化、自主憲法制定を急げ!!(田中_jack)
現行の日本国憲法は「おめでたい」どころか制定時の時点で既に国際法違反で死文化、自主憲法制定を急げ!!(素浪人)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved