このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (5833)
国際情勢 (154)
政治 (1812)
防衛 (3083)
外交 (10)
芸能 (229)
スポーツ (85)
技術 (50)
社会問題 (189)
産業 (32)
その他 (32)
アクセス数
総アクセス数: 1493163
今日のアクセス: 802
昨日のアクセス: 938
RSS
カレンダー
<<2022年11月>>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
貴方も貴女も怒り心頭!!文化の日の朝にJアラートが鳴り響いた!!
[防衛]
2022年11月4日 0時0分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せください


10月下旬から11月はじめの仕事のドタバタで疲労が溜まりに溜まっていた矢先、11月3日文化の日の休みだ、今日は寝ていよう、とした矢先、午前7時50分前にJアラートが鳴り響きました。

「新潟県、山形県、宮城県」にJアラート!!

筆者の住む山形がその範囲にありました。
突然の事で、とにかく屋内の安全な場所に移動して、TVでの緊急速報等を視聴しました。


その後の情報では、当初、北朝鮮からの弾道ミサイルが東北南部などの上空を通過した、などと一時、情報錯綜しましたが、防衛省・自衛隊はこれらについて当日、次のように公開しました。

『北朝鮮は本日7時台から8時台にかけ、ICBM級の可能性があるものも含め、少なくとも3発の弾道ミサイルを、東方向に向けて発射しました。詳細については現在分析中ですが、落下したのはいずれも我が国の排他的経済水域(EEZ)外であり、飛翔距離等については以下の通りと推定しています。

7時39分頃、北朝鮮西岸付近から発射し、最高高度約2,000km程度で、約750km程度飛翔し、朝鮮半島東側の日本海に落下。当該ミサイルはICBM級の可能性があります。
8時39分頃、北朝鮮内陸部から発射し、最高高度約50km程度で、約350km程度飛翔し、朝鮮半島東岸付近に落下。
8時48分頃、北朝鮮内陸部から発射し、最高高度約50km程度で、約350km程度飛翔し、朝鮮半島東岸付近に落下。

 なお、日本列島を超えて飛翔する可能性があると探知したものについては、その後、当該情報を確認したところ、探知したものは日本列島を超えず、日本海上空にてレーダーから消失したことが確認されました。

 防衛省は、政府内及び関係機関に対して、速やかに情報共有を行いました。現在までのところ、航空機や船舶からの被害報告等の情報は確認されていません。

 これまでの弾道ミサイル等の度重なる発射も含め、一連の北朝鮮の行動は、我が国、地域及び国際社会の平和と安全を脅かすものです。また、このような弾道ミサイル発射は、関連する安保理決議に違反するものであり、強く非難します。

 防衛省・自衛隊としては、引き続き、米国等とも緊密に連携し、情報の収集・分析及び警戒監視に全力をあげるとともに、今後追加して公表すべき情報を入手した場合には、速やかに発表することとします。』


また、同日09時34分に産経新聞 THE SANKEI NEWSが「北朝鮮が弾道ミサイル3発連続発射 長距離1発、短距離2発」の題で「北とミサイル・核」の特集・連載項目にて、次のように伝えました。

『【ソウル=桜井紀雄】韓国軍合同参謀本部は3日、北朝鮮が3発の弾道ミサイルを連続的に発射したと発表した。1発目は同日午前7時40分ごろ(日本時間同)、平壌郊外の順安(スナン)付近から発射され、韓国軍は、長距離弾道ミサイルだったと分析している。

これに続いて、短距離弾道ミサイルと推定される2発が同8時39分ごろから、中部の价川(ケチョン)付近から連続発射された。

北朝鮮は2日、複数の場所から日本海や西側の黄海へ向けて20発を超えるミサイルを発射していた。ミサイルを連日、飽和的に発射することで、韓国周辺で大規模な空軍訓練を実施中の米韓を含め、日米韓への軍事的圧力を一気に高める狙いとみられる。

2日発射のミサイルのうち、弾道ミサイル1発が初めて、韓国が海の軍事境界線とする北方限界線(NLL)を越え、韓国領海に近い日本海の公海上に落下した。韓国軍も対抗措置としてNLL北側へ戦闘機からミサイルを発射した。


北朝鮮が米韓の演習への対抗を口実に、軍事的緊張を高めた上で、7回目の核実験に踏み切る事態もあり得るとみて、日米韓が警戒を強めている。』


貴方も貴女も怒り心頭!!
文化の日の朝にJアラートが鳴り響いた!!
ロシアの子分である北朝鮮の暴挙を許すな!!




出典:国民保護ポータブルサイトより、Jアラート時、弾道ミサイル落下時の行動についてのマニュアル


下のブログランキングに参加しています。
ご支援のクリックをお願い申し上げます。



貴方も貴女も怒り心頭!!
文化の日の朝にJアラートが鳴り響いた!!
ロシアの子分である北朝鮮の暴挙を許すな!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

ご意見、ご要望等はコメント欄やツイッター等でお願いします。
いいね、等の高評価や読者登録等も頂けると幸いです!!

1日1回クリックして頂けると励みになります!!↓
人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/478928
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
05/22 00:00 【時局直言】日米同盟の現実を日米の未来変革の力にせよ!!
05/21 00:00 日米共同にてGPIミサイルを開発が始動!!
05/20 00:00 つばさの党代表の黒川敦彦容疑者=れいわ山本=極左反日!!
05/19 00:00 5月17日はロサンゼルスにて大谷翔平の日と制定!!
05/18 00:00 中森明菜さん本格復帰の動き、『NHK紅白歌合戦』もか!?
05/17 00:00 【時局直言】つばさの党の選挙妨害=極左反日反米の言動!!
05/16 00:00 重要経済安保情報保護活用法が成立、大きな意義!!
05/15 00:00 病と生きる事とは自分と社会を見つめ直すことです!!
05/14 00:00 水原一平被告の違法賭博問題が米国でドラマ化、良い教訓!!
05/13 00:00 許せない、水原一平容疑者の度重なる詐欺行為!!
最近のコメント
AIを悪用したらSNS等であっという間に、悪事千里を走る(田中_jack)
斉藤由貴さんの奔放さと格の違いに学ぶ点はある!!(京都鍼灸院)
毎日睡眠や寝起きがしっかり出来る事は極めて重要です!!(山椒)
AIを悪用したらSNS等であっという間に、悪事千里を走る(ペット火葬京都)
硫黄島などの火山活動活発化は激変の兆候か!?(和歌山グランピング)
100年に一度の災害や出来事は毎年起きると自覚を!!(田中_jack)
100年に一度の災害や出来事は毎年起きると自覚を!!(初めてお金借りる)
ウクライナとベラルーシのやり方は日本も教訓にすべき!!()
あなたも就寝中に起きる「こむら返り」対策は必須!!(借金返済できない)
現行の日本国憲法は「おめでたい」どころか制定時の時点で既に国際法違反で死文化、自主憲法制定を急げ!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved